木村拓哉と二宮和也が奇跡のタッグ『検察側の罪人』!あらすじと試写会口コミ

architecture-auditorium-chairs-109669

この夏の注目映画のひとつ、木村拓哉と嵐・二宮和也が豪華タッグを組んだ『検察側の罪人』。事前に行われた完成披露試写会では、ステージに集結した豪華共演者を前に4000人の招待客が熱狂しました。

8月24日(金)から全国ロードショーとなる映画『検察側の罪人』のあらすじと、SNSにあがっている口コミをご紹介します!

検察側の罪人あらすじ

やっぴーさん(@yappyjuntan)がシェアした投稿

都内で発生した強盗殺人。被疑者の一人は、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった——。

ある殺人事件を巡り、2人の検事の対立を描く。都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる容疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の最重要容疑者であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める…。(引用元

沖野は、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと思い始め……正しいのはどちらの正義か、正義とは何なのかということを突き付けられるストーリー。

原作は、雫井脩介の小説で、雫井ミステリーの最高傑作とも評されている作品です。

共演者陣も豪華

主演が木村拓哉、タッグを組むのが嵐・二宮和也というだけでもスペシャルなのに、『検察側の罪人』の共演者陣もとっても豪華なんです!

吉高由里子、松重豊、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、山﨑努と実力派俳優たちが集結しました。

監督を務めるのは、『日本のいちばん長い日』『関ケ原』の原田眞人監督。名監督と豪華俳優陣たちが作り出す世界観に注目です。

試写会後の口コミは?

事前に行われた完成披露試写会での口コミを、SNSからピックアップ!

「もう一度観たい!」「圧倒された」のような口コミが多数ありました。

木村拓哉と嵐・二宮和也が共演ということで、イケメンに夢中になるかと思いきや、それ以上にストーリーと役者人に引き込まれてしまうようです。


木村拓哉と嵐・二宮和也がタッグを組むことで話題の『検察側の罪人』のあらすじと口コミをご紹介しました。

公開日は2018年8月24日(金)。この夏注目の映画、ぜひチェックしてくださいね!

http://kensatsugawa-movie.jp/

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る