泣ける?泣けない?神木隆之介と有村架純『フォルトゥナの瞳』の口コミを紹介!

sub8

神木隆之介と有村架純が初共演をしたラブストーリー『フォルトゥナの瞳』が現在公開中。

「死を目前にした人間が透けて見える能力」を持ってしまった青年、そしてその青年の彼女がある日透けて見えてしまう……と、予告ではその先が気になる展開になっていますが、実際に映画を観た人の口コミはどうなのでしょうか?

フォルトゥナの瞳のあらすじと口コミをご紹介します!

映画フォルトゥナの瞳 あらすじ

sub10

幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】(神木隆之介)は、友人も恋人も作らず仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分の力に苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで【桐生葵】(有村架純)に出会う。明るく、自分に夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合った2人は幸せな日々を過ごしていくが、それもつかの間、突然街ゆく人々が次々と透け始めてしまう。そして、ついには葵までもが―
「人は朝起きてから夜寝るまで9000回何かを選択している―」(劇中より)
愛する人の“死の運命”が見えた時、慎一郎は何を選択するのか。心震えるラストが待ち受ける―(引用元

sub9

原作は、『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』などのベストセラー作家・百田尚樹。監督は、『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など数々の青春映画を世に送り出してきた三木孝浩です。

主演は神木隆之介と有村架純の実力も人気も兼ね備えたふたり。さらに、時任三郎、斉藤由貴、北村有起哉、志尊淳、DAIGO、松井愛莉ら人気俳優が集結しています。そうそうたる顔ぶれで、それだけで映画への期待が高まるはず!

口コミは泣ける・泣けないの二極化!?

俳優陣の豪華な顔ぶれに、話題性は抜群の映画『フォルトゥナの瞳』ですが、映画を観た人の口コミはどうなのでしょうか?

【ポジティブな口コミ】

 

【ネガティブな口コミ】

ロケ地巡礼も話題に♡

main

sub12

神戸市内20か所の他、すべて関西で撮影が行われた映画『フォルトゥナの瞳』。ロケ地巡礼が、地域をあげて盛り上がっています。下記のようなキャンペーンも実施されています。

実際に映画の中で使われたデートスポットに、カップルで足を運んでみるのもおすすめです♡

①映画半券がお得な割引券に!
映画館の『フォルトゥナの瞳』映画チケット半券提示で、date.KOBE実行委員会メンバーの各施設でサービスや割引を受けることが出来ます!
例:北野工房のまち〔500円分お買物券プレゼント〕、神戸どうぶつ王国〔園内で使えるふれあい券(300円分)プレゼント〕など
(※1施設につき1回まで。)

②SNSフォロー&投稿でプレゼント!
ロケ地巡りをした内容をInstagram、Twitterに「#フォルトゥナ神戸デート」「#datekobe」のハッシュタグをつけて投稿した人に抽選で映画グッズや観光施設入館券などをプレゼント!
【応募条件】
⑴date.KOBE公式アカウント(Instagram、Twitter)をフォロー!
⑵「#フォルトゥナ神戸デート」「#datekobe」のハッシュタグをつけてロケ地巡りの写真を投稿!

※詳細はキャンペーンサイトにてご確認ください。「date.KOBEプロジェクト」実行委員会公式サイト https://datekobe.net/archives/1808


映画『フォルトゥナの瞳』のあらすじと口コミをご紹介しました。

口コミの中には「カップルや夫婦で観てほしい!」という内容のものも。デートで映画を観て、ロケ地に足を運んでみるのも楽しそうです♡

映画『フォルトゥナの瞳』は、2月15日(金)から全国で公開されています!ぜひチェックしてみてくださいね。

 

【作品概要】
タイトル:『フォルトゥナの瞳』
原作:百田尚樹『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)
監督:三木孝浩(『アオハライド』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』、『恋は雨上がりのように』)、三木孝浩
主題歌・挿入歌:「In the Stars(feat, Kiiara)」/ONE OK ROCK(A-Sketch)
音楽:林ゆうき
出演:神木隆之介 有村架純
志尊 淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎
コピーライト:
Ⓒ2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会
公式ホームページURL:
http://www.fortuna-movie.com
予告映像URL:
https://youtu.be/reHNOPa57aY

©2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る