ただのゾンビ映画じゃない。『新感染 ファイナル・エクスプレス』は愛の物語

%e6%96%b0%e6%84%9f%e6%9f%93_005

デートにおすすめの映画を紹介する、&Ladyの【シネマ】企画。

今回は、現在映画業界の話題をさらっている『新感染 ファイナル・エクスプレス』をピックアップします。

韓国初のゾンビ映画として製作された『新感染 ファイナル・エクスプレス(以下、新感染)』。”ゾンビ映画”と簡単に一括りにすることができない、”愛の物語”でもあるのです。

2017年9月1日(金)より全国公開の『新感染』は、カップルの映画デートにもおすすめ!「え?ゾンビ映画なのにデート?」という疑念を覆す、魅力をたっぷりご紹介します。

『新感染』あらすじ

a

映画はどこかよそよそしい父子の日常から始まります。別居中の母親の元(プサン)へ行きたいと言う子供のために、翌朝「プサン」行きの列車に乗ることになり…そして恐怖の幕が開けるのです。

ゾンビ(感染者)が人を襲う…それだけで十分怖いのに、さらに高速鉄道の車内という逃げ場のない空間にハラハラ度は倍増!

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXで突如起こった謎の感染爆発。疾走する密室と化した列車内で凶暴化する感染者たち――そんな列車に乗り合わせたのは、妻の元へと向かう父と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士…果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか――?目的地まではあと2時間、時速300㎞、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる!(引用元

父親役は、日本でも大人気となった韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』に出演しているコン・ユが演じています。愛する娘を感染者から守るため血まみれになって戦う姿に、胸が熱くなります。

怖いけど、愛を感じて、切なくて。感動の涙を流す人が続出している映画なんです。

世界中で大喝采!圧倒的話題作

%e6%96%b0%e6%84%9f%e6%9f%93_004

『新感染』は、第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に世界156カ国から買い付けオファーが殺到し、韓国国内にとどまらず世界中で大ヒットしているんです!

世界NO.1の映画批評サイト「ロッテントマト」において、脅威の好評(Fresh)96%を記録。世界の名だたる目の肥えた映画関係者も唸りまくった超大作として、すでにアメリカでのリメイクも決定しています。

豪華著名人からコメント続々

%e6%96%b0%e6%84%9f%e6%9f%93main

また、映画監督や俳優、アーティストなど各方面の著名人から、『新感染』を観ての絶賛コメントが続々と寄せられています。

⾯⽩くするために作り⼿が徹底して考え抜く、それだけのことがとんでもないレベルで結実しています。ひたすら驚き続けて、最後はなぜか感謝の気持ちでいっぱいでした。 吉⽥⼤⼋(映画監督『紙の⽉』)

まさにエンターテイメント!死に直面した時に出る人間本来の強さ弱さ、虚しさ、愛を描いたサバイバルアクションムービー! 北村一輝(俳優)

スリル、アクション、感染系映画の好きな要素が詰まっている。僕は3回も号泣しました!!大好きな映画!! 品川祐(お笑い芸人)

こんなに感動する映画だったなんて!スリルだけでなく人間の醜さや、家族愛を感じられる映画でした。 最上もが(タレント)

最初から最後まで緊張感がありハラハラドキドキな映画です。⾯⽩い部分もありながら最後には感動の⼀⾯もある楽しい作品でした。⾒終わってすぐもう⼀度観たくなるほ どおもしろく家族の愛が素敵な映画です!家族、友達、カップルでみても楽しめる作品です。ぜひぜひお楽しみください! TWICE(アーティスト)

カップルにおすすめの理由

b

『新感染』は、カップルの映画デートで是非観てほしいんです!その理由は、究極の愛を体感できるから。

親子、夫婦、カップル、生と死、正義と不義など「ペア」を中心に構成されている『新感染』。否が応でも、私ならこの場面でどうするか、彼ならどうするだろうか、と自分自身に置き換えてしまうはず。

感情移入することでとても怖くて苦しい場面もあるのですが、愛の美しさを必ず感じられるんです。

そして、女性には女性の目線、男性には男性の目線で、守るべきものを確認できるはず。命をかけた場面で、あなたは何を守るのでしょうか?彼は何を守ろうとするでしょうか?きっと、映画を観終わった後に明らかになります。


韓国にとどまらず世界中を虜にしている『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、ただのゾンビ映画じゃない、愛の物語。その事実を、彼と一緒に確かめてみてはいかがでしょうか❤

『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、2017年9月1日(金)全国ロードショーです!

 

公式ホームページ
http://shin-kansen.com/

 

▼過去の【シネマ】記事もチェックしてね♡

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る