おでかけデートはグランピングへ♡2018新オープングランピング施設情報

blake-wisz-634300-unsplash

もうすぐ夏がやってきますね♡夏は海やバーベキュー、花火大会など、アウトドアデートの楽しみがたくさん!

そして、近年人気のグランピングですが、今年もその人気は継続中。新しいグランピング施設も続々とオープン予定です。

そこで、2018年に新オープンするグランピング施設をまとめてみました

REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL

sub3

千葉県夷隅郡大多喜町に、4月28日オープンしたのが「REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILL(リワイルド リバーサイドグランピングヒル)」

”女性のためのアウトドア空間”をコンセプトに、キャンプ道具無しでも楽しめるのはもちろんのこと、家族の滞在客を気にせず夜遅くまでお酒を飲みながらお喋りしたり、音楽を楽しむことが可能なグランピング施設です。

温泉に入り放題

sub6

REWILD RIVER SIDE GLAMPING HILLは、1日約1000人が訪れる温泉「ごりやくの湯」に併設され、滞在中は1日何度でも最高のお風呂に入浴可能

女性がキャンプで気になるお風呂問題、ここなら安心です。豊かな自然と温泉に触れ、心も体もリラックスできますね。

フォトジェニックな宿泊空間

sub1

グランピングテントタイプの宿泊施設は、切り株デザインのソファやカラフルなチェストなど、写真映えバッチリの空間が広がります。

また、河原沿いには大型の野外シアターが設置され、傾斜のある芝生でゴロゴロしながらクラフトビールを片手に映画鑑賞をすることも可能なんです♡

場所:
千葉県夷隅郡大多喜町粟又字ヤシウ176

H P:
http://rewild-camping.com/glamping/riversidehill/stay/

Instagram:
https://www.instagram.com/rewild_camping/

GRAND CHARIOT-北斗七星135°-

sub1

兵庫県淡路市に、5月16日オープンしたグランピング施設「GRAND CHARIOT-北斗七星135°-」。

134haの広大な県立淡路島公園の中の最も高台に位置し、明石海峡と世界最長のつり橋「明石海峡大橋」を一望することができる贅沢な環境のグランピング施設です。

そして、夜がとってもロマンチックなのがポイント。対岸に広がる光輝く神戸の街並と、淡路島の満天の星空のコラボレーションを望むことができます♡

天窓付きのお部屋

sub4

天井高が5mを超えるグランピング室内には、天窓が付いているんです!室内にいながら、天然のプラネタリウムのような星空が楽しめます。

また、ヒノキの爽やかな香りに癒される「ヒノキ風呂」も全棟に設置されていて、島の自然に包み込まれる宿泊体験ができちゃいます。

アクティビティも充実

sub8

満天の星空とともにお酒を楽しめる「星空BAR135°」や、夜に煌くホタルなどを鑑賞する「昆虫鑑賞ツアー」など、四季折々の自然を五感で感じることのできるアクティビティも開催されます。

その他にも健康や美をテーマに、島の名産である枇杷や淡路島産アロマオイルを使用し、屋外でトリートメントケアを提供する「サロン」、豊かな自然の中で体を動かす「朝ヨガ」や「トレッキング」など、充実の内容が揃います。

場所:
兵庫県淡路市楠本2425番
兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」内
※宿泊者は駐車場よりカートにて送迎あり

H P:
http://awaji-grandchariot.com

THE CHIKURA UMI BASE CAMP

sub3

千葉県南房総市に、6月25日オープンとなる「THE CHIKURA UMI BASE CAMP(ザ・チクラウミベースキャンプ)」

キャンプやグランピングなど、従来の従来のアウトドアとは一味違う、”作って食べる”にスポットをあてた新しいスタイル”キュイジーヌ・リゾート”がコンセプトになっています。

というのも、一番の特徴が、全長8m以上の大型オープンキッチン、そしてキッチンにつながるアウトドアダイニング。グループデートで、みんなで料理を作りながら朝から夜までワイワイ楽しめる、そんなスポットです。

贅沢なキッチン設備

sub2

”キッチンを囲んだスタイル”で設計されているTHE CHIKURA UMI BASE CAMP。もちろん、キッチン設備がとても充実しています。

IHコンロ/ビルトインコンロ/鉄板鍋焼きプレート/グリルプレート/キッチン水栓/シンク/ガスグリラー/冷蔵庫/冷凍庫/その他貸出設備、そしてグリラーやプレートに加え、うどんやパン作りに必要な備品、食材まで完備されています。調味料や食器、カトラリー類も備わるので、持ち込む必要はありません。

キッチンからそのまま出ることのできるアウトドアダイニングは開放的で、何時間でもその場で語っていたくなるような心地の良い空間です。

水回りも清潔感抜群

sub9

キャンプやグランピングに興味はあるけれど、アウトドアは苦手..….という人に多いのが、バスルームやトイレなど水回りの清潔感や、虫の問題。THE CHIKURA UMI BASE CAMPは、バスルーム・トイレ・パウダールームからベッドルームまで、清潔感とデザイン性を兼ね備えたプレミアムな空間になっています。

また、虫よけ対策としてユーカリなど虫が好まないアロマオイルをブレンドした、さわやかな香りのルームスプレーも各棟に完備されています。

場所:
千葉県南房総市千倉町白子2521-6ウェブサイト:
http://chikuraumi.basecamp.style/
facebook:
https://www.facebook.com/umiko.chikura.9
instagram:
https://www.instagram.com/thechikuraumibasecamp/
twitter:
https://twitter.com/chikuraumi_bc

PICA Fujiyama

main

山梨県にある「富士桜荘」の敷地を活用して、7月20日オープンするのが「PICA Fujiyama(ピカ フジヤマ)」

50,000㎡もの広大な敷地にオープンし、豊かな自然を楽しめるアクティビティが特徴です。

宿泊者でなくとも参加できるのが、富士の森で暮らすムササビウォッチング、山中湖カヌー&SUP体験、富士山を撮る一眼レフカメラ講座の3つのアクティビティ。宿泊者はさらに、ゆったり富士登山パック、溶岩洞窟アドベンチャー、セルフガイドトレッキングコースが楽しめます。

5種類の宿泊施設

sub3

sub5

PICA Fujiyamaには、タイプの違う5種類の宿泊施設が備わります。半円状のスタイリッシュなドームテントや、冷暖房・トイレ・バスルーム完備のトレーラーコテージ人数や好みのスタイルで選ぶことができます。

アウトドア好きカップルにはドームテント(画像上側)がおすすめ。ドームテントの屋外には、焚き火台、ハンモック、天体望遠鏡が用意され、自然の中でのグランピングを、より楽しむことができるはずです。

アウトドア初心者カップルには、ラグジュアリーコテージ(画像下側)が◎。コテージは2階建てで、ベッドやソファも備わっているので快適に過ごすことができます。

富士山麓の食材を活かした食事

sub2

宿泊プランは富士山麓の食材を活かした食事がセットになっていて、カウンター席を中心にレイアウトされたレストランでは、火をテーマとしたイタリアン、フレンチ料理にアウトドア要素を取り入れたフルコースが提供されます。

オープンキッチンにはチャコールグリルやピザ釜などを設置し、ライブ感溢れる演出の中食事を楽しむことができます。レストラン以外にも、自然に囲まれた開放感のあるBBQエリアやコテージでのアウトドアクッキングなど、気分にあわせた様々なメニューも用意されています。

H P:
https://www.pica-resort.jp/


近年人気のグランピング。デートで楽しむカップルも増えてきています♡

ぜひ新オープンのグランピング施設をチェックしてみてくださいね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る