カップルで秋の京都へ♡紅葉デートにおすすめのスポット5選

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_m

いつ訪れても新しい発見がある、日本の古都・京都

紅葉の季節も素晴らしい京都カップルがデートに訪れるのもロマンティックでステキ! その素晴らしい光景を求めて世界中から観光客が紅葉の名所に訪れますが、どんな混雑の中であったとしても、必ず「見に来てよかった!」と思えるはずです。

今回の記事では、デートにふさわしい京都の紅葉の名所をご紹介します。

【高台寺】10/1912/9


View this post on Instagram

Jeongyoon Leeさん(@lee.jeongyoon)がシェアした投稿

正式名称は鷲峰山高台寿聖禅寺、徳川家康が豊臣秀吉の死後に北政所(ねね)のために造ったお寺とされます。

東山の紅葉の名所のひとつで、11月中旬を過ぎたあたりが見頃です。夜間ライトアップにより、神秘的に池に映し出される木々がとっても美しいです。

また、庭園全体が江戸時代初期の天才芸術家・小堀遠州の手によるものとされています。きっと、歴史の中の息吹を感じられるはず。

すぐ隣に、秀吉とねねに縁のある圓徳院があります。この庭園も同時期に夜間ライトアップされるので、あわせて楽しむことができますよ。両寺院の共通拝観料金は900円となっています。

【高台寺 展望台特別拝観】

日程:2018年10月19日(金)~12月9日(日)
時間:9:00~22:00(11月10日からは日没後ライトアップ、20:00終了)
拝観料:大人 600円、中高生 250円、小学生以下無料
所在地:京都府京都市東山区下河原通町526
公式ホームページ

【北野天満宮】10/2512/2

33388edd3cd13a0047bcce8e2f772700_s

菅原道真公を祀る、全国に数ある天満宮の総本社です。10月25日から12月2日に御土居のもみじ苑が公開されます。

紅葉の見頃時期は11月下旬から12月上旬。苑内の川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」から眺める、紅葉が水面に映る様子はうっとりする美しさです。そして苑内全体を見渡す限り真っ赤に染める、樹齢400年から600年といわれる約300本もの紅葉を鑑賞してください。

道真公といえば、九州太宰府にて詠んだとされる梅の和歌が有名ですが、紅葉を詠んだ名歌もあるのです。

このたびは幣もとりあえず手向山紅葉の錦神のまにまに(急な出立であったため神に奉げる御幣の用意ができませんでしたが、そのかわりにこの手向山の美しい紅葉の錦を神に奉げます):古今和歌集

宇多上皇のお供をして奈良に行かれた際に、手向山にて出会った美しい紅葉を見て、詠われたのでした。百人一首のひとつでもありますからご存知の方も多いかもしれませんね!

【北野天満宮 もみじ苑】

公開日程:2018年10月25日(木)~12月2日(日)
時間:9:00~20:00(日没後ライトアップ。受付終了は21:30)
入苑料:大人 700円、こども 350円  (茶菓子つき)
所在地:京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町
公式ホームページ

【永観堂】11/312/3

3742c8c9b7612478c886e7c0940d86f3_s

浄土宗西山禅林寺派総本山永観堂禅林寺が正式名称です。

9世紀に清和天皇より寺号「禅林寺」を賜った寺院で、広い境内に3000本を超える紅葉の木々があり、その様子は圧巻のひとことです。

ライトアップされた紅葉もとても美しく、デートには本当におすすめ。ただ、ライトアップ時は大変な混雑で、拝観には相当な時間待つことになるかも知れません。混雑を避けるのであれば、ライトアップはあきらめて午前の早い時間に鑑賞する、あるいは閉門直前の午後9時少し前に入るといいでしょう。

広い境内の中でも、できれば見ていただきたいのが、御影堂裏手の岩壁地にあるタカオカエデ(岩垣もみじ)です。急斜面の陰地に美しく色づくカエデを、ここに居住していた平安時代の歌人藤原関雄も歌に詠んだほどです。

【永観堂】

夜間特別拝観日程:2018年11月3日(土・祝)~12月2日(日)
時間:17:30~20:30(入れ替え制です。21:00閉門)
拝観料:600円(中学生以上)
所在地:京都府京都市左京区永観堂町48
公式ホームページ

【青蓮院門跡】10/2712/3


View this post on Instagram

Satoshi Yoshidaさん(@syoshida07)がシェアした投稿


「青蓮院門跡(しょうれんいんもんせき)」は天台宗を開いた伝教大師最澄が平安時代に創立した、皇室とのかかわりの深い格式高い門跡寺院のひとつです。

10月27日から12月3日は恒例の秋の紅葉ライトアップがおこなわれ、小堀遠州の作とされる霧島の庭をはじめ、竹林、前庭、さらに池泉回遊式庭園や本堂などが幻想的に青く照らし出され、境内全域に幽玄な世界が広がり、苔庭には光の星が降り注ぎます。

大小1000個の照明によるライトアップで大変な混雑となりますが、それを覚悟の上でも観る価値ありですよ!

【青蓮院門跡】
夜間特別拝観:2018年10月26日(金)~12月2日(日)
拝観料:9:00~17:00  大人500円、中高生400円、小学生200円
夜間特別拝観料:18:00~21:30(22:00閉門)  大人800円、中高生400円 (昼夜入替え制)
所在地:京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1
公式ホームページ

【嵐山 渡月橋】

5b2876339b737bfa787f376534bba707_s

平安時代の貴族の別荘地であった嵐山周辺は、紅葉の名所揃いでとても一日では周りきれないほど

その嵐山のシンボルともいえる「渡月橋(とげつきょう)」をご紹介します。

平安時代より何度か架け代えられている渡月橋、現在は昭和9年に完成したもので、大堰川(桂川)の左岸と中州・嵐山公園中之島地区に架かる長さ約150mの橋です。

その渡月橋のバックに標高382mの嵐山があり、美しく紅葉したパノラマを見せてくれるのです。見頃は11月下旬から12月上旬となるようです。

渡月橋の上流に船が浮かべられ、船上で伝統芸能が披露されます。また、河原でも島原太夫のお練りや狂言などのイベントも行われるので、紅葉鑑賞と合わせて楽しむのがおすすめです!

嵐山もみじ祭 2018年11月11日(日)
所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町
公式ホームページ


京都の紅葉スポットをご紹介しました!京都はどの時期に訪れても素晴らしいですが、紅葉の京都はより落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

秋の京都へしっとり大人なデートへ訪れてみてはいかがでしょうか?

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る