800本の桜と国宝の饗宴!お花見デートに京都・醍醐寺へ

d11a62aee476d0158b88175879631c94_m

この春、彼と一緒に京都へお花見デートに行ってみませんか。

京都で訪れるべき場所は数々ありますが、世界文化遺産にも登録されている醍醐寺(だいごじ)が特におすすめ。かつて豊臣秀吉が莫大な費用をかけて花見会を開いたことでも有名ですね。

現在も広い境内に約800本の桜が咲き誇ります。醍醐寺のお花見についてご紹介したいと思います。

桜と国宝の醍醐寺

3a9ab4a7b965cef193fd154ca016b3e0_s

醍醐寺の境内には数々の品種の桜があり、1か月近くにわたってあらゆる桜の観賞することができるのです。

3月上旬にはカワツザクラが開花となります。

3月下旬からはソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラと続きます。

4月にはオオベニシダレ、ヤマザクラが咲き最後を飾ってくれます。

醍醐寺境内は総面積約200万坪と大変広いのですが、桜の名所は入口となります、「総門」からの参道のソメイヨシノの並木、その左にある「憲深林苑」のカワツザクラ、その奥にある「三宝院」のオオベニシダレ、そして右にあります「霊宝館」のソメイヨシノやシダレザクラとなっています。

さらに広い境内を進んでいきますと、由緒ある伽藍を彩るかのように桜が咲いていますよ。桜とともにその歴史ある建物も観賞してください。「三宝院唐門および表書院」「金堂」「五重塔」は国宝です。「清滝宮本殿」「三宝院殿堂」などは重要文化財です。

もし時間に余裕があり、また入山許可が出ていましたら、「上醍醐」と呼ばれる修行場まで行きますと、そこにもまた数々の由緒ある伽藍が存在しています。「清滝宮拝殿」「薬師堂」は国宝です。「如意輪堂」「開山堂」は重要文化財です。

年一イベント『豊太閤花見行列』

5722c544b03a9ac28832f92c0dcca447_s

毎年4月第2日曜日(2019年は4月14日)に、豊太閤花見行列(ほうたいこうはなみぎょうれつ)」が行なわれます。

豊太閤花見行列は、1598年春に太閤秀吉が開催した「醍醐の花見」の故事にならったもので、豊臣秀吉、北政所、淀殿などに扮した約200人の行列です。午後1時に三宝院唐門を出発し金堂までの行列となります。金堂前の特設舞台では雅楽や舞が奉納されます。

「醍醐の花見」は自身の死を予感した秀吉が、正室の北政所、側室の淀殿をはじめ、諸侯の奥方衆など女性ばかりを1300人ほど招いて開いた花見でした。

この盛大な花見行列が再現されたのが豊太閤花見行列です。1年に1回だけ開催される貴重なイベントなので、日程が合うならぜひ観覧してみてはいかがでしょうか。

国宝『大日経開題』も必見

d48547b17b6e410ea28664b977a93a5f_s

醍醐寺は、桜以外にも見るべきものが多く、時間がいくらあっても足りないくらいです。

それでも訪れておいていただきたいのが「霊宝館」です。

霊宝館は数々の国宝が所蔵、展示されている建物。中でも特筆すべきは、真言密教の日本での創始者である天才・空海が、遣唐使として派遣されていた若き日にその智欲を満たそうと筆写しさらに書き込みを加えたノート、国宝『大日経開題』です。

いかに大天才弘法大師空海であっても、真面目な受験生のように一生懸命自らの手で書き込みを行い教えを頭に刻み込もうとしたのですね。努力に勝る才能はないということを教えていただけます。

桜の鑑賞と合わせて、感性・知性を磨くことのできる時間になるはずです。


春の醍醐寺へ訪れたら、美しい桜そして数々の文化遺産を目にすることができ、歴史に身を浸すデートとなることでしょう。大人になったらこのように教養の身につくデートもいいものですよね。

醍醐寺は京都でも人気のお花見スポットですから、満開時にはかなりの混雑となっていますのでご注意ください。遠方から訪れる場合は、新幹線やホテルの確保はお早めに。

 

【醍醐寺】
874年に理源大師聖宝(りげんだいししょうぼう)により開山された、真言宗醍醐派総本山で、1996年に世界文化遺産に登録されています。
広大な境内には、国宝や重要文化財となっている建築、絵画、彫刻、工芸品が多数あります。
遣唐使として中国にて密教を体得し、日本にてそれを体系化した真言宗として弟子たちに教えた空海の弟真雅の弟子であったのが醍醐寺の開祖、聖宝で、宇多天皇の信頼厚く、真言宗の僧の最高位である東寺長者となりまた宮中における僧正の位も得ていました。

所在地:
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
京都市の南東、醍醐山(笠取山)が寺域です。

アクセス:
京都市営地下鉄東西線醍醐駅 2番出口より徒歩約10分
京都駅、山科駅、四条河原町などからバスがあり、「醍醐寺」あるいは「醍醐寺前」バス停下車すぐです。
「総門」から境内に入り、しばらく行きますと、左手に「三宝院受付」がありますので、拝観料を納めてください。

拝観料(下醍醐有料エリア 三宝院・霊宝館・西大門内):
大人
通常期800円/春・秋期1500円
(春・秋期 3月20日~5月15日、10月15日~12月10日)

上醍醐入山料※現在は入山許可が出ていません:
大人
600円(下醍醐有料エリア拝観券がありますと500円)

拝観時間:
3月1日~12月第1日曜日  9:00~17:00
12月第1日曜日の翌日~2月末日  9:00~16:30

https://www.daigoji.or.jp/

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る