【横浜】デートで行きたい!情緒たっぷり歴史を感じるお花見スポット5選

e1387d8cd99da518b44bb275b70e78c4_s

歴史に彩られた街、横浜。お花見に行くべき名所も数々あります。

少し歴史を紐解きながら、その名所を調べてみましょう。なぜ、ここが桜の名所なのかを知っているとその美しさもひとしお感慨深いものになりますね。

この春カップルでのお花見デートは、横浜で歴史と情緒を感じる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

横浜のお花見スポット①山下公園

f985f8946b282719d7f6a21802f228ce_s

1923年9月1日の関東大震災では、横浜市も大変な被害を受けました。当時の新聞記事には「横浜市は全滅」とまで書かれるほどだったのです。

そこから奇跡の復興を成し遂げる中で、震災の瓦礫で埋め立てた土地を公園とし、1930年に開園したのがこの山下公園です。

そんな被害があったなどとは思いもつかないほど発展した街並みを背景に、石のステージ側にはソメイヨシノ、氷川丸側にはシダレザクラが美しく咲いています。

潮風を受けながらのお花見を楽しみましょう。お弁当などを持参して、ピクニック気分でデートするのもおすすめです。

【山下公園】
中区山下町279

アクセス
みなとみらい線 元町・中華街駅より徒歩約3分

横浜のお花見スポット②三渓園

da6df5fd95136c0dc6dd78a51e9854a9_s

明治時代、生糸貿易で財をなした実業家、原富太郎により造られた大庭園である三渓園。大きな池、そして数々の歴史的な建造物が並び、季節の移り変わりに応じていろんな植物を観賞できます。

春の桜はソメイヨシノの他にも、オオシマザクラ、シダレザクラ、さらに淡墨桜2世、荘川桜2世、高桑星桜などの合わせて約300本が咲き誇ります。夜になるとライトアップされますので、夜桜デートにもおすすめです。

そしてこの公園は結婚の前撮り撮影の名所。陽光の中、桜の下で、何組ものカップルの撮影が行なわれているでしょう。豪華な和服に、華麗なドレスに花嫁さんが身を包み、レフ板を使ってのプロのカメラマンによる撮影です。

「おめでとうございます!」と声をかければ、幸せをおすそ分けした気分になれるはず。「私たちもここで前撮りしたいね」なんていう会話も楽しいですね。

【三渓園】
中区本牧三之谷58-1

アクセス
JR根岸駅より市営バス58、99、101系統、本牧バス停下車、徒歩約10分
JR横浜駅東口JR桜木町駅より、市営バス8、148系統、三渓園入口バス停下車、徒歩約5分

横浜のお花見スポット③金沢山称名寺

金沢山称名寺(きんたくさんしょうみょうじ)は、鎌倉時代に北条実時により開基された、真言律宗の寺院です。

浄土式庭園と呼ばれる歴史的な庭の造りになっています。阿字ケ池に周囲の木々が映り込み美しさを増幅させ、池の周りに咲く桜も二倍の美しさとなりますね。池にかかる平橋、反橋の二橋も素晴らしいのですが、残念ながら維持のために修復工事中です。

御本尊、弥勒菩薩様の立像は国の重要文化財となっています。そんな歴史を感じる場所でのお花見は、 神奈川県民には知られている場所ですが、実はた県民にはまだ馴染みのない場所。知る人ぞ知る穴場のお花見スポットです。

【金沢山称名寺】
金沢区金沢町212-1

アクセス
京浜急行金沢文庫駅より徒歩約10分

横浜のお花見スポット④エリスマン邸

115ae89f5e7d622ff22acaaa985a0671_s

明治時代、横浜には多くの国々から外交官や商人が訪れ、居留するようになりました。特に、現在の中区山手町周辺は江戸幕府のころから、諸外国の領事館用地として貸し出されていましたから、ヨーロッパ風の邸宅がいくつも建てられ、異国情緒あふれる地域に。

1926年に建てられた、スイス人の生糸貿易商フリッツ・エリスマンの邸宅であったエスリマン邸もその一つ、設計は世界的建築家F.L.ライトに師事していたアントニン・レーモンドによるもので、1990年に現在の地に移設されています。邸内は無料で開放されており、当時の外国人の生活様式を垣間見ることもできます。

歴史を感じさせる邸宅とともに、大きく枝を広げた桜の木々が訪れる人を優しく迎えてくれますよ。

【エスリマン邸】
中区元町1-77-4

アクセス
みなとみらい線元町中華街駅より徒歩約10分

横浜のお花見スポット⑤掃部山公園

img20130322165000

掃部山(かもんやま)公園の歴史は幕末へと戻ります。この公園には、「桜田門外の変」で尊皇攘夷の志士に暗殺されてしまった、当時の徳川幕府大老、井伊直弼の銅像が横浜港を見下ろすように建てられています。

憎まれる立場でもあったのかもしれませんが、英断を持って横浜を広く海外への玄関口として開港することを決め、現在の横浜の発展の礎を築いたのでした。その功績を称えて銅像が置かれているのですね。

公園内では、ソメイヨシノを中心に約160本の桜の木が植栽されています。掃部山という名前は井伊直弼の官位、掃部頭(かもんのかみ)に由来します。

【掃部山公園】
西区紅葉ヶ丘57

アクセス
JR桜木町駅より徒歩約10分
市営バス「紅葉坂」バス停より徒歩6分


どのお花見スポットに行かれましても、帰りには横浜中華街やみなとみらいでのショッピングやお食事を楽しめるのも横浜のいいところ。デートには最適ですね。

筆者のおすすめは横浜中華街にある「萬珍楼點心舗」のふかひれ海老餃子、「謝甜記貮号店」の中華粥です。

暖かい春の一日が素敵なものになりますように。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る