恋叶ロード、昭和の町…映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』メインロケ地の魅力スポットまとめ

mainv

Hey! Say! JUMPの山田涼介主演、東野圭吾原作の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。

9月23日(土)から全国公開され、その週の週末興行成績ランキング(興行収入・動員数を合わせたランキング)で見事1位に輝いています。※興行通信社調べ

大注目の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、メインロケ地がとっても魅力的なんです♪

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』あらすじ

main

まずは、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のあらすじをおさらい。

時は2012年。少年時代を養護施設で過ごした主人公は、幼馴染2人と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込むことに。そこは、今はもう廃業している「ナミヤ雑貨店」でした。ナミヤ雑貨店はかつて、手紙のやりとりで人々の悩み相談をしていることで世間に知られていました。

ナミヤ雑貨店に逃げ込んだ3人は、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれる音を聞きます。それは、32年前の人が書いたナミヤ雑貨店宛ての悩み相談の手紙だったのです。信じられないことに、この郵便受けは32年前の1980年とつながっていて…。

東野圭吾のベストセラー小説を実写映画化。主人公・敦也役には、Hey! Say! JUMPのメンバーで、映画・テレビドラマなど幅広いフィールドで活躍中の山田涼介。また、ナミヤ雑貨店の店主で、人々からの悩みにこたえる浪矢雄治役を、日本映画界を代表する演技派俳優・西田敏行が演じる。監督は『余命1ヶ月の花嫁』『PとJK』の廣木隆一。(引用元

人と人がつながる場面が巧妙に描かれているのは、さすが東野圭吾作品といったところ。「感動できる!」と話題のハートフルなストーリーは、見終わった後には心が温まること間違いなし。カップルの映画デートにもおすすめです♪

▼映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の詳細はこちらへ
http://namiya-movie.jp/

ロケ地に選ばれたのは大分県!

どこか懐かしい昭和の雰囲気を感じさせる『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の舞台。メインロケ地に選ばれたのは、大分県豊後高田市です。

豊後高田市には、実は魅力的なスポットがたくさんあるんです!詳しくご紹介します。

昭和の町

Daisukeさん(@toradai4310)がシェアした投稿

豊後高田市の通りには、昭和の店と言われる店が点々と並んでおり、昭和の面影がそのまま残った街並みが残されています。

その中でも「野村財閥」が建てた倉庫は、現在は「昭和ロマン蔵」と称してエンターテイメント施設に生まれ変わっています。

山田君が疾走した商店街

映画を観た人なら一目瞭然!映画の多くのシーンで登場している商店街「新町通り商店街」は、まさにこの昭和の町にあります。

敦也(山田涼介)、翔太(村上虹郎)、幸平(寛 一 郎)が、夜の商店街を走るシーンや、晴美(尾野真千子)が手紙を読みながら歩くシーンなど、登場人物がいろいろな形で関わっていく商店街です。(引用元

▼「昭和の町」の詳細はこちらへ
https://www.showanomachi.com/

恋叶ロード

い ずさん(@izuuu_0109)がシェアした投稿

昭和の町から海沿いに沿った道には、縁結びで有名な「粟嶋社」、花とアートの岬と言われている「長崎鼻」、日本の夕陽百選にも選ばれている「真玉海岸」など、恋愛成就のスポットが点在しています。

特に「真玉海岸」は10月がもっとも夕日がきれいに見える季節になっています。

カップルは「恋叶トンネル」へ

”恋愛成就”だけでなく、“恋人の聖地”としても話題の恋叶ロード。中でも、恋叶ロードにある「恋叶トンネル」は、カップルに絶対訪れて欲しい!ふたりで撮影できるフォトジェニックスポットが満載なんです♪(上記画像の下が恋叶トンネル)

「恋叶トンネル」(正式名称は真玉人道トンネル)は人間専用のトンネルで、訪れた人が楽しく写真が撮れる様に、15点の壁画が描かれています。(引用元

▼「恋叶ロード」の詳細はこちらへ
http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_02776.html

長崎鼻リゾートキャンプ場

奈津子さん(@natz.sue)がシェアした投稿

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』メイン舞台となった昭和の町から20キロ(車で約30分)。恋叶ロードの終着地「花とアートの岬 長崎鼻」。

キャンプ場もビーチもあり、アウトドアに最適な秋のシーズンに訪れるには外せないスポットになっています。

海辺で宿泊もできちゃう!

宿泊施設が備わる「長崎鼻リゾートキャンプ場」はビーチのすぐそば。バンガロー・ログハウス・テントに加え、この夏にはヨーロッパ製のトレーラーハウスも備わり、カップルで、友人同士で、家族で、と多彩なキャンプのカタチに対応できます♪

敷地内では、世界的に著名なアーティスト、オノ・ヨーコ氏やチェ・ジョンファ氏の作品が点在。散策しながら花と芸術作品を楽しむことができます。(引用元

▼「長崎鼻リゾートキャンプ場」の詳細はこちらへ
https://www.showanomachi.com/spots/detail/192

富貴寺

typemotoさん(@typemoto)がシェアした投稿

富貴寺(ふきじ)は、なんと現存する九州最古の木造建築物。

平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院で、国宝にも指定されています。阿弥陀堂建築の富貴寺大堂と、その内部の壁画は、平安美術の傑作と言われています。

温泉や郷土料理も楽しめる

由緒あるお寺ということだけで訪れる価値はもちろんあるのですが、富貴寺に隣接した旅館・お食事処「蕗薹(ふきのとう)」も訪れたいスポットです。食事を楽しむだけでなく宿泊も可能で、国宝とともに一夜を過ごすという贅沢も叶います。

富貴寺には『蕗薹』と言う名の宿があり、宿泊や温泉、地元食材にこだわって作られる郷土料理などが召し上がれます。また、こちらでは豊後高田産の手打ちそばがいただける「手打ちそば認定店」でもありますので、安心して美味しいおそばが頂けます。(引用元

▼「富貴寺」の詳細はこちらへ
https://www.showanomachi.com/spots/detail/139

熊野磨崖仏

akiさん(@hikari.aki)がシェアした投稿

熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)は、国の重要文化財に指定されている摩崖仏(摩崖仏とは、自然の岩壁や露岩、転石に造立された仏像のこと)。

平安時代末期の作と言われている「大日如来(約6.7m)」と「不動明王(約8m)」は、国内最古にして最大級の磨崖仏です。

100段の石段にチャレンジ

熊野摩崖仏までは、100段の石段を上っていきます。石段というだけあり、なかなかのデコボコっぷりです。そして、このデコボコの石段は「鬼が一夜で築いた」と伝えられています。(上記画像の下が石段)

また、熊野磨崖仏入口近くには“金色の寺”と呼ばれ、宝くじが当たるとされる「胎蔵寺(たいぞうじ)」があり、一緒に立ち寄りたい。(引用元

▼「熊野摩崖仏」の詳細はこちらへ
https://www.showanomachi.com/spots/detail/136

映画にちなんだイベントを開催

多くの魅力的なスポットがある豊後高田市では、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』にちなんだイベントが現在開催されています♪

ロケ地めぐりスタンプラリー

指定のロケ地を5か所めぐりスタンプを集めた先着1000名に、オリジナルの手ぬぐいをプレゼント!

期間は9月23日~12月3日までで、昭和ロマン蔵案内所にて、ラリーの用紙を配布しています。それ以外にロケ地マップも配布しているので、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のロケ地を気軽にめぐることができます。

また、10月14日には、ボンネットバスでのロケ地めぐりツアーも開催。ボンネットバスは週末・祝日に無料運行しています。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』展

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の撮影で使用されたセット・小道具、撮影風景のパネルなどが展示される展覧会が9月23日~10月23日の1か月間、昭和の町展時間にて開催!

また、無料スマホアプリ「COCOAR2」で撮影当時のセットが再現できるキャンペーンも実施中。アプリをダウンロードし、宮町や尾崎海岸にある案内状をスキャンすると、当時の様子が再現でき、そのまま記念撮影もできます。ちなみに、劇中のキーワードになっている牛乳箱は大分では定番の「みどり牛乳」の箱になっています♪


映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の大ヒット同様、メインロケ地となった大分県豊後高田市も盛り上がっている様子!

映画を観ていなくても楽しめるスポットが満載ですが、観ている方が何倍も楽しめるはず!ぜひ秋の行楽に、デートに、訪れてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る