【特集3.11】震災から6年。復興地へのチャリティー&応援プロジェクト

20170310_000

東日本大震災で被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今日は2011年3月11日に発生した東日本大震災に改めて思いを寄せるきっかけとなる、さまざまな取り組みをご紹介します。

あの3.11と、めぐってくる3.11。時間の矢と時間の輪を見つめながら、私たちに続けられる支援の形を考えたいですね。

 

【Search for 3.11 検索は応援になる。】4回目となるYahoo! JAPANの特集

“検索は応援になる”というスローガンを掲げた、Yahoo! JAPANによるチャリティー『Search for 3.11』。これは、「3.11」と検索すると1人(※)につき10円をYahoo! JAPANが復興支援に関わる団体に寄付するという仕組み。

20170310_001

※画像はスクリーンショットです。

Yahoo! JAPANではほかにも、私たちにも参加しやすい4つのチャリティーアクションが実施されています。

(※)検索者数は検索窓から検索されたユニークブラウザー数で集計されます。

① 検索は応援になる。『Search for 3.11』

https://fukko.yahoo.co.jp

実施期間:2017年3月11日(土)0時~23時59分

 

② オークションは応援になる。『チャリティーオークション』

https://fukko.yahoo.co.jp/auctions

“復興への想いを込めた「モノ」を繋いでいくことで被災地を応援したい”というテーマに賛同した著名人や企業からの提供アイテムによるチャリティーオークション。落札金は全額、 東北および熊本の被災地支援に活用されます。

 

③ 寄付は応援になる。『くじ付き募金、返礼品付き募金』

https://fukko.yahoo.co.jp/donation

寄付をすると活動に賛同した企業や著名人が無償提供する賞品が当たるくじ付き募金、 一定額寄付をすると、 返礼品がもらえる返礼品付き募金です。

 

④ 買うは応援になる。

「東北エールマーケット」

https://yellmarket.yahoo.co.jp/tohoku/speciallist/feature0311/2017

「ショッピング10円募金」

http://topics.shopping.yahoo.co.jp/fair/sale/general/kumamoto

“買い物はモノだけではない、 応援です。”というテーマのもと、 東北の想いのこもった人気商品が特設ページで紹介されています。 また、特設ページをFacebookもしくはTwitterでリツイート・シェアすることで、 1人につき100円をYahoo! JAPANから寄付する企画も実施。

 

【MAGOKORO JAPAN 2017】TASAKIのオンラインチャリティー

ジュエリーブランドTASAKIのチャリティープロジェクト『MAGOKORO JAPAN』は、2011年に発足した復興支援活動。

2017年で7年目を迎えるこのプロジェクトは、毎年特別に強い愛と絆を表現したジュエリーを制作し、その売上の全額を東日本大震災で被災された方々を支援する団体へ寄付するというもの。2016年には対象商品の売上全額にあたる297万円が、公益社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構(3.11塾)へ寄付されています。

本日発売された『MAGOKORO JAPAN 2017 ペンダント』は、ふたつのハートが寄り添いひとつになるデザイン。

20170310_002

MAGOKORO JAPAN 2017 ペンダント18,000円+税 (C)TASAKI

心を癒してくれるような優しい美しさに満ちたあこや真珠と、桜をイメージした淡いピンク色のSAKURAGOLD™が愛らしいジュエリーです。2017年もこのペンダントの売上の全額が3.11塾に寄付されます。

※3.11塾は震災の被害にあった子供たちが自ら選択した進路や希望を実現できるよう、継続的な支援をしていくことを目的として発足した団体です。

TASAKIオンラインショップ

http://tasaki-shop.jp

 

【キールズ チャリティー SAKURA 1000】SNS投稿で東北に桜を咲かせよう

米・ニューヨークのアポセカリー(調剤薬局)をルーツに、165年以上もの間スキンケアアイテムを提供し続けているキールズは『キールズ チャリティー SAKURA 1000』プロジェクトとして、東北で桜の植樹を続けています。

20170310_003このプロジェクトは2011年から継続されている東日本大震災の支援活動の一環として2015年からスタートしたもの。震災と津波によってなくなってしまった桜を復活させながら、東北の未来を担う子供たちを勇気づけられるようにとの願いが込められています。

今年は同ブランドの公式SNS(インスタグラム、フェイスブック、ツイッター)を活用。私たちがキールズの投稿を1投稿するごとに、キールズによって10円が『キールズ チャリティー SAKURA 1000』が課金され、桜の植樹のための寄付となります。

【キールズ チャリティー SAKURA 1000】2017

#SAKURA 1000

投稿予定日:3月11日(土)、 13日(月)、15日(水)

投稿回数を増すごとに、苗木から桜が成長するアニメーションです。

Instagram  @Kiehlsjp

Facebook KiehlsJapan

Twitter     @KiehlsJP

キールズ公式SNSの上記該当投稿が、リポスト/リグラム、シェア、リツイートされるごとに、10円を『キールズ チャリティー SAKURA 1000』に課金。集まった金額分の桜の苗木が『さくら並木ネットワーク』に寄付されます。

.

震災の記憶の風化防止と、継続的な復興支援を目的に実施されているさまざまな取り組み。

身近なところで実施される復興地への支援は、東北へ寄り添う気持ちを改めて強くさせるだけでなく、私たち自身が防災や減災について考えるきっかけにもなりますね。

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る