クアラルンプールってどんなところ?基本情報やKL初心者向け見どころ紹介!

buildings-business-city-22804

2019年のゴールデンウィークは10連休!ということで、海外旅行を計画している人も多いのではないでしょうか?

ハワイやヨーロッパは変わらずの人気を誇りますが、大型連休だからツアー料金や航空券の値段が跳ね上がります。それでも海外に行って非日常を味わいたい!という人は、アジア・東南アジアへの旅行がおすすめ。

そんな中、今注目を集めている都市がマレーシアのクアラルンプール(KL)。アーティストのGACKTが移住したことでも知られていますね。そこで、クアラルンプールの基本情報と、KL初心者向けの見どころスポットをご紹介していきます!

マレーシアの首都 クアラルンプール

マレーシアの首都であるクアラルンプール。イギリスに統治されていた過去を持ち、当時の歴史的建造物が今も残っている風光明媚さに加え、近代では都市開発が進められ新旧が混じり合う独特な雰囲気が魅力的な街です。

マレーシアの公用語はマレー語ですが、英語もOK。マレーシアの英語力は、シンガポールに次ぐアジア2位と評価されています。

日本との時差はマイナス1時間です。時差が少ないので、長期で訪れても時差ボケなどで辛い思いをすることも少ないでしょう。

クアラルンプールまでの飛行時間・料金は?


日本からクアラルンプールまでの飛行時間は約7時間。成田、羽田、関西、札幌から直行便が出ています。

航空券の料金はシーズンによって大きく変わりますが、大型連休やホリデーシーズンではない場合は往復60,000円前後です。

2019年ゴールデンウィークの航空券料金(4月27日~5月5日の期間を指定)を調べてみましたが、直行便往復は最安値でも340,000円と信じられないくらい高値になっています……。乗り継ぎ1回の場合の最安値で105,000円、乗り継ぎ2回の場合の最安値で96,000円となっています。※2019年2月14日時点、トラベルコより

乗り継ぎをすると余分な時間がかかってしまいますが、長い休みの中での数時間と思って今回のゴールデンウィークは乗継便を利用する方が賢明かもしれませんね。

クアラルンプール観光の見どころは?

旅行先として人気なだけでなく、実は移住先としても大人気となっているクアラルンプール。遊んでよし、住んでよしの魅力がクアラルンプールにはあるんです!

たくさんある魅力の中から、初めてクアラルンプールに行くならまずはおさえたいスポットを5つご紹介します。

見どころ①ペトロナスツインタワー


クアラルンプールのシンボルといえば、2棟の超高層ビル「ペトロナスツインタワー」です。452mもの高さで、ツインタワーとしてその高さは世界一!タワーの低層階は、巨大なショッピングモールとなっています。シャネルやディオールなどといったラグジュアリーブランドショップからフードコートまで揃っているので、ゆっくりと時間をとって訪れるのがおすすめです。

2つのタワーを繋ぐ地上170メートルにあるスカイブリッジは一般にも開放されていて、眺めが抜群!昼間の見晴らしを楽しむのもいいですが、夜の夜景は息をのむほどの美しさです。


夜になるとペトロナスツインタワー自体もライトアップされるので、夜に訪れて、外から眺めるのも◎。さらに、ペトロナスツインタワーに隣接するKLCC公園の池では、毎晩カラフルな光の噴水ショーが行われるので、こちらも必見です!噴水ショーは、19:00〜22:00の30分おきに開催され、無料で観覧できます。

見どころ②セントラルマーケット


東南アジア随一のショッピングタウンといわれているクアラルンプール。超大型ショッピングモールや地元らしいお土産店などがいたるところにあります。そんな中、ショッピング目的で一度は訪れたいのが「セントラルマーケット」です。

セントラルマーケットは、巨大お土産店といったイメージで、マレーシアの特産品や工芸品、雑貨、衣料品など300を超える店舗がそろい、食事もできますし、歩き疲れた時のためにマッサージ店だってあります。異国情緒をたっぷり感じられる空間になっています。

10:00~21:30までオープンしていて、屋内やアーケード付きが多いので暑い日も雨の日も心配もありません。

見どころ③プトラモスク

プトラモスクは、クアラルンプール中心部とクアラルンプール国際空港の中間に位置しているモスク(モスクとは、イスラム教の礼拝堂のこと)。街の中心部にも空港にも近いので、観光に便利な立地です。

通称ピンクモスクと呼ばれるプトラモスクは、その名の通りピンク色のとっても可愛らしいモスクなんです。モスクの周りにはお花が整備されていて、写真スポットにも最適!さらに美しいのがモスクの中。モスクの中もピンク色で統一され、天井の模様やステンドグラスはまるで芸術作品です。

開館時間は9:00~12:30、14:00~16:00、17:30~18:00。金曜は15:00~16:00、17:30~18:00です。年中無休で、無料で入ることができます。

見どころ④KLタワー

旅行での写真撮影をこだわりたい人なら、絶対に訪れるべきなのが「KLタワー」です。世界各地にタワーはありますが、KLタワーはまさにフォトジェニックスポット!

高さは421mのタワーで、276m地点にある展望台までエレベーターで急上昇。展望台には「SKY BOX」というタワーからせり出している床も壁もガラス張りのスポットがあり、そこに座って撮影するととっても映えます!かなり怖いといわれていますが……。


展望台のオープン時間は9:00~22:00。夜景も素敵ですが、写真映えを狙うなら日中が◎。特に朝一は空いているのでおすすめです。

見どころ⑤バトゥ洞窟


クアラルンプールではないですが、ちょっと足を運んででも訪れたい場所が「バトゥ洞窟」です。クアラルンプールからは電車で30分程度と半日あれば観光することができます。バトゥ洞窟は美しく神秘的な鍾乳洞で、鍾乳洞は約4億年前からゆっくりと形成されたもの。19世紀後半にヒンドゥー寺院として開いたのがはじまりで教徒たちにとっての聖地となっています。


バトゥ洞窟はただその鍾乳洞を眺めるだけではありません。鍾乳洞にたどり着くまでに、272段の階段をのぼっていかなければならないのです!階段はカラフルで、ここで写真撮影も楽しめます。そして、頑張ってのぼった先には素晴らしい眺めが待っていますよ。

開館時間は8:00~19:00で、日が落ちる頃には洞窟のライトアップもあります。入場は無料です。


マレーシアの首都クアラルンプールの基本情報と、初めて訪れた人向けの見どころをご紹介しました!

見どころスポットのほかにも、食べ物がおいしくて安い・治安が比較的いい・街並みがキレイ・物価が安い……などの魅力もたくさん。ゴールデンウィークに海外旅行をしたい人は、クアラルンプールをぜひ候補にしてみてはいかがでしょうか♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る