これぞ大人のバカンス♡手の届くハイクラスリゾート『タイ・ホアヒン』へ

(画像元:http://www.ikyu.com/global/_42528/)

日本人に人気のリゾートといばハワイ、グアム、バリ! そして憧れのリゾート地といえばモルディブやタヒチ、ニースなどでしょうか。

青い海にどこまでも続く澄んだ空、ゆったりと流れる空気…日本のせわしなさとかけ離れ、心身ともにリラックスできますね♪

そんな世界のリゾート地から、今回ご紹介するのはタイにあるリゾートです。

image1

 

知名度低いのに、ステキすぎる♡カップルにオススメの『ホアヒン』

 

タイのリゾートといえば有名なのがプーケットやパタヤ!ですが、日本人にほぼ知られていないのに、とっても優雅で気品漂うリゾート地があるのです。

それが「ホアヒン」です。

hua-hin-train-station-sign

ホアヒンはタイのスワンナプーム空港から車で3時間半ほど、観光用バスも定期的に出ているため気軽に訪れることができます。バスの料金が片道1000円くらいとお手頃なのは、さすがタイ!

バンコク在住の日本人が「タイで一番リラックスできて好きなリゾート」として挙げるほど人気の高いビーチリゾートでもあるホアヒン

 

王室の保養地として古くから発展した優雅な気品漂うリゾート地です。現在でも現国王が1年のうち数日ここを訪れます

 

ヨーロッパの人々にも人気のリゾート地のようです。でも、まだ日本人の認知度は低く、穴場リゾートなんです!

ホアヒンは絶対にカップルで行くのがオススメ!その3つの理由をご紹介します♪

hua-hin-2

 

カップルで行くべき『ホアヒン』。その3つの理由♡

 

①「何もしない贅沢」が叶う

ホアヒンは高貴なリゾート地で、ビーチリゾートのにぎやかさは実はありません。ビーチで水上バイクなどのエンジンのあるアクティビティは禁止されています。

その分、ビーチやプールで優雅に過ごし、本を読んだり、お酒を飲んだり、お昼寝したり…♡

image

多くののホテルにプールやプライベートビーチがあり、プールサイドレストランや水上バーがあるところも♡周りも静かなので心からリラックスすることができるのです。

「何もしない贅沢」という言葉がピッタリな大人なリゾートなのです!

4

 

②5つ星ホテルにも手が届く

高貴なリゾートとはいえ、そこはタイ。タイは日本の物価の1/3くらいですのでラグジュアリーホテルに泊まることも全く夢ではありません!

リゾート感たっぷりのホテルからスタイリッシュなホテルまで揃うホアヒン。

186617_144_z

「シェラトン」「マリオット」「ハイアットリージェンシー」「ヒルトン」などの世界的な高級ホテルでも土日の一泊二日(朝食込)で約2万円!!(agoda調べ)

alila-cha-am

しかもこれ、お部屋の料金なので彼とふたりで、の料金になります♪この料金で、とってもラグジュアリーな空間で一流のサービスを受けられる…♡

彼とゆったりホテルステイを楽しむのがオススメです♡

hhqmr_main03_r

 

 

③タイらしい異国感も感じられる

ホテルステイも素敵だけど、せっかくタイにいるから観光もしたい!もちろんそんな願いも叶います。

街の中心部へ行けば、タイらしいマーケットが開催されていますし、夜になれば連日ナイトマーケットも!

hua_hin_night_market_4

さらに、ゾウに乗れるスポットもあります♪

また、エンジン付きのマリンスポーツが禁止されている分、ホアヒンで有名なのがビーチでの乗馬。こんな体験できる場所はなかなかないのでは?

phuket_sports_riding

また、ホアヒンはゴルフ好きの人には必見のタイ有数のゴルフ場でもあります♪世界各国からバカンスを兼ねてゴルフを楽しむ方が訪れます。優雅~♡

ただ、ホアヒンは街中にタクシーが走っていないため遊びに行く際にはホテルで手配してもらってくださいね!

(しかもタクシー代は高い…。バンコクに比べると2倍くらい!)

hua-hin-hotels

 

いかがでしたでしょうか?

日本人にあまり知られていないリゾートに行きたい方、定番どころは行き尽くして他のリゾートをお探しの方、バカンスをゆったり楽しみたい大人のリゾートをお探しの方は、是非ホアヒンをチェックしてみては♡

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る