【お取り寄せスイーツ5選】オシャレで美味しいおうちスイーツ

Marshmallow Cookies

おうち時間が圧倒的に増えた今。美味しいものを食べながら、ゆっくり過ごす時間は至福のひとときです。そこでここではお取り寄せできる“スイーツ”に限定して、編集部スタッフおすすめの5商品をご紹介します。

※2021年4月20日現在の情報です。

①多彩な箱入り綿菓子『wata-hako』


この投稿をInstagramで見る

minakano(@smile_mipopo)がシェアした投稿

今、話題なのが京都・祇園の綿菓子&グミ専門店JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)の箱入り綿菓子『wata-hako』。ドライフルーツがトッピングしてあったり、綿菓子自体にカラフルなデザインが施されていて、SNS映えするかわいさが人気のひみつです。また、11種類というたくさんのフレーバーが揃っていることにも注目!

●いちごチョコ
●桜餅
●黒蜜きな粉
●抹茶
●プレーン
●柚子
●ほうじ茶
●紅茶
●珈琲
●チョコミント
●梅干し
●薔薇

和の素材を生かしたフレーバーが、京都らしさを感じさせてくれますよね。また、チョコミントや薔薇など、ちょっと意外なラインアップも気になります。

JEREMY&JEMIMAHには、『wata-hako』のほかにも、アルコールが入った綿菓子や袋入り綿菓子など、お取り寄せできる商品がいっぱいです。


この投稿をInstagramで見る

maoru(@maorumusiccat)がシェアした投稿

▼公式ホームページ▼
JEREMY&JEMIMAH
www.jeremyjemimah.com

②UPBEET!Tokyoのヴィーガンドーナツ

「罪悪感なく食べられる!」と話題の、ヴィーガンスイーツ。中でも今、もっとも旬なのが『UPBEET!Tokyo』です。

●動物性食品不使用
●小麦粉不使用
●白砂糖不使用
●日本の食文化「発酵食品」を使用

この4つが、同店の約束。卵や乳製品のような動物性の素材を使用せず、100%植物性にこだわった原料の使用を徹底することで、誰もが制限なく安心して楽しめるスイーツを提供してくれています。また日本の食文化である“発酵食品”が、独自の製法でスイーツに取り入れられています。

カラフルでキュートな見た目に思わず視線が奪われてしまうヴィーガンドーナツは、『UPBEET!Tokyo』の人気商品です。食べてみれば、そのやさしい美味しさの虜になってしまうこと間違いなし! 日本ヴィーガン協会認証。

▼公式ホームページ▼
UPBEET!Tokyo
www.upbeet.tokyo/onlineshop

③アートな焼き菓子『Nami-Nami』


この投稿をInstagramで見る

@donmeeeenがシェアした投稿

『“誰も見たことのない菓子”を京都から』というコンセプトを掲げるRAU(ラウ)のスイーツは、どれもうっとりするほど目に鮮やかなアートな仕上がり。

中でも人気なのがナミナミ型のチュイールクリームサンド『Nami-Nami』です。日本らしさと洋菓子の本場フランスらしさの融合がテーマになっており、それぞれの国の“屋根瓦”から着想を得て作られています。ザクッとした食感のサブレに、ビーントゥバーで作られたチョコレートがマッチ! ひとくちで色々な食感を楽しめる、逸品です。

フレーバーは、プラリネ・ショコラ・抹茶の3種類。軽やかなクリームと濃厚な板チョコが、絶妙に絡み合います。特別なおうち時間に味わうだけでなく、ギフトにも喜ばれること請け合いです♡


この投稿をInstagramで見る

RAU(@rau_kyoto)がシェアした投稿

▼公式ホームページ▼
RAU
rau-kyoto.com

④まん丸カラフル最中『笑美玉』

“和”にとらわれない最中として人気なのが、兵庫県姫路市の和菓子店・甘音屋(あまねや)の『笑美玉(えみだま)』。色とりどりの球体が印象的なビジュアルで、ひとくち食べるまでそれが最中だとは気づかないほど! 洋風餡を使ったフレーバーも多彩で、食べる楽しみと満足度も十分です。

●フランボワーズ
●抹茶
●レモン
●ラムネ
●小豆
●メープル
●オレンジ
●ゆず
●青りんご
●ラ・フランス
●ブルーベリー
●チェリー

進物ほど堅苦しくないから、気軽に差し上げられるお菓子として最適な『笑美玉』。自分用としてはもちろん、さまざまなシーンで活躍してくれそうですよね。

▼公式ホームページ▼
甘音屋
www.kamada-amaneya.com

⑤candy appleの可愛いりんご飴

ホームパーティー向けのスイーツとして、りんご飴が人気です。丸くて真っ赤な見た目のインパクトと、ひとりひとりに取り分ける必要がない手軽さ、最近ではフレーバーのバリエーションが増えてきたことで、その多彩な味わいにも注目が集まっています。

東京・代官山にあるりんご飴専門店・candy appleでお取り寄せできるりんご飴には、6つのフレーバーがあります。

●プレーン
●アップルティー
●シナモン
●ココア
●ヨーグルチョコ

店舗でのテイクアウト(一部店舗にはイートインスペースあり)では、このほかにも抹茶やきなこ、ほうじ茶などのフレーバーも販売されているので、チェックしてみるのも楽しそうです。

▼公式ホームページ▼
Candy apple
www.candy-apple.shop

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る