指輪をつける位置、そこで大丈夫?位置で変わる意味合いまとめ

michael-negrete-273410

女性のおしゃれアイテムとして最近ブームになっている、指輪。細い指輪を重ね付けしたり、何本も着けるのが流行っていますね。

彼氏がいるときは右手薬指、結婚したら左手薬指。どういう意味があるかわからないけど、何となくそうしている…という方も多いのではないでしょうか?でも、実は、指輪は着ける位置によって意味が変わってくるのです。知っているようであまり知らない、指輪の意味をご紹介します♪

親指はリーダーシップの表れ

親指につける指輪は「サムリング」と呼ばれています。親指に指輪をつけることって、なかなかないですよね。ただ、実はとっても強い思いが表れている指。ジンクス的な意味でつけると良いことあるかもしれません♡

【右】
親指は、主導権やリーダーシップなどの意味があると言われています!何か壁にぶつかってしまっても、それを乗り越えて目標を達成したい!といった時など、強い意思を表す指です。

【左】
左手の親指も、右手と同じ効果があると言われています。ただ、右利きの方は右手、左利きの方は左手につけた方が、より効果が得られると言われています。大好きな彼との結婚を認めてもらいたいときなど、必ず達成したいゴールがある人にぴったりです♪

人差し指は集中力がアップ

人差し指にはめる指輪は、「インデックスリング」と呼ばれています。「インデックス」とは、本の索引や指標指針などという意味があり、頭を活性化させたい時におすすめ♪

【右】
集中力や執着力を高めてくれる右手人差し指。勉強や仕事、もちろん恋愛においても、何かに集中したい!ときに効果的です。何かに物事を達成したいときにも効果があると言われており、行動力を高めてくれます♪

【左】
左手の人差し指は、心の中の願望を行動に移すことができると言われています。なかなか自分の言いたいことを声に出して言えないという方におすすめ!好きな人になかなか告白できなくて……という方は、素直な自分の気持ちを表現できるようになるかも!?

中指はゴールへ導いてくれる

中指にはめる指輪は「ミドルフィンガーリング」と呼ばれています。中指は手のちょうど真ん中で、一番長い指です。中立で平行な状態へ、まっすぐに導いてくれる指でもあります!

【右】
何か迷っていることがあって、自分自身を見つめ返したいとき、直感力を高めてくれる効果もあると言われています。インスピレーションを高めてくれるので、仕事運を高めたい人にぴったりですね!また、厄除けや金運アップなどの効果があるとも言われています。

【左】
どの指においても、右手が攻めとするならば左手は守り。相手の気持ちを素直に受け入れ、人間関係を良好にしてくれる意味合いがあります。家族や友人、彼との関係で悩んでいる時などにおすすめ♪

薬指は愛と絆を深める

薬指にはめる指輪は「アニバーサリーリング」と呼ばれています。薬指は一般的なイメージのとおり、愛を象徴する指です♡

【右】
右手は彼氏がいるときに指輪をはめるイメージがありますよね!あなたの魅力を最大限に発揮して、心を落ち着かせてくれる効果があるそう。緊張や不安が押し寄せているときは、右手薬指に指輪をはめてみて。彼との絆を深め、愛情をたっぷり与えてもらえるかも♡

【左】
左手の薬指は、婚約指輪や結婚指輪をつけることで有名ですね!それは、古代ギリシャの時代から、心臓にまで繋がる太い血管があるといういわれに由来しています。そういった神聖な意味合いから、「永遠の愛と絆を誓い合う」という意味がこめられるようになったんですね!

小指は左右で意味が違う!

小指にはめる指輪は、女性ならだれもが知っている「ピンキーリング」ですね♡小指に関しては、右手と左手では全く意味が違うのです!

【右】
右手の小指は、「表現力を豊かにする」指。自分のことをアピールする時に効果的です。また、ピンキーリングは仲の良い友人とおそろいの指輪をはめることでも人気♡それは、右手小指にこめられた「変わらぬ思いを貫く」をいう意味合いから言われていることなのだそう。社交性を高め、相手に自分の思いを伝える、まさに「友情」にはうってつけの指です♡

【左】
左手の小指は、「願いを叶える」指です。特に恋愛においての効果が高いと言われており、恋人がほしい方、相手との愛を深めたい方にはぴったりの指輪の位置です。新たな出会いや恋人、愛を呼び込むパワーも込められています。


指輪の意味を知ったことで、何かに向かって突き進むきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

ファッションリングとしてだけではなく、指輪を選ぶ際にこの意味合いを思い出してからつけてみると、なんだか不思議と前向きな気持ちで過ごせそうですね♪

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る