羽や月、リボン、馬蹄…アクセサリーのモチーフに意味があるって知ってた?

jess-watters-478956-unsplash

アクセサリーのモチーフにはそれぞれ意味があります。意味を知って自分にふさわしいものそして彼とのふたりの関係にふさわしいものを身に付けたいですね!

どういう意味があるのか調べてみました。

ハート

彼からのLINEやメールにハートの絵文字♡が付いていると嬉しくなりますよね。女の子同士ではごく普通のことであっても、異性からのメールでハートを付けてくれるのは彼だけです。特別なものに感じますよね。

ハートは心臓、命の源であり、その人の心そのもの。愛を伝え、幸福を願い、そしてふたりの結び付きを表すものです。

そしてハートをモチーフにしたアクセサリーには、愛に満たされた幸福な女性という意味があります。

羽のモチーフは、能力を発揮させるという意味を持ちます。

潜在している能力を今こそ発揮しましょうということです。鳥が空へはばたくように、飛躍することができるかもしれません!

何かにチャレンジするときは、秘めた思いを羽のモチーフに託してみましょう。

太陽とは違って、優しくソフトに輝き暗闇を照らしてくれる月。月の明かりは心を落ち着かせてくれます

女性らしいしなやかな心遣いを表している月のモチーフ。月は母性、母を表すともいわれています。

満ち欠けの周期が人としての成長を、あるいはその色合いから金運の上昇を意味しています。

リボン

美しく結ばれたリボンは、その美しさを誇示するのみならず、人と人との強い結びつき、絆を表しています

もちろん愛する彼との強固な関係も意味しますし、家族や友人との結び付きを大事にしているということでもあります。

さらに日本風では、決して解けない水引という縁起のよいリボンもあるのですね。

馬蹄

馬蹄モチーフは、U字型の中に幸福を受け止め逃がさないというラッキーアイテムです。ヨーロッパでは家のお守りとして蹄鉄を飾りとしていたそうです。

また、馬のように力強く前に駆け出していくというエネルギーの象徴でもあるのです。

病気や災いから身を守ってくれる魔除けでもありますよ。

花のモチーフは、女性らしさを象徴しています。

その所以は遡るとギリシャ神話の時代へ。愛の女神アフロディーテが誕生したときにバラの花が舞ったのです。以来数千年に渡って、花は女性の美しさと愛情を意味してきたのです。

また、つぼみから開花への変化が女性としての成長を表しています。

鍵のモチーフは、希望の扉、可能性の扉そして幸運の扉を開けるための魔法のアイテムです。

逆に、悪を閉じ込めておく魔除けの意味もあります。

ヨーロッパでは古くから、鍵のモチーフをアクセサリーとして身に付けていたようです。

四つ葉のクローバー

幼い頃、四葉のクローバー探しをしたという人もいるのではないでしょうか?

四葉のクローバーは幸運のシンボルです。

四つ葉には、健康、愛情、富そして名誉という意味があります。そして4つを合わせると真実の愛を表しているのです。


もちろん、「見た目が可愛いから」という理由でアクセサリーのモチーフを選ぶこともいいですが、モチーフの意味を知ると着けていてよりワクワク感が増すはず。

自分の目標や成し遂げたいことがあるとき、また彼との関係を大事にしたいとき、ふさわしいモチーフを選んでみてはいかがでしょうか?

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る