ご利益ありそう…!見た目もかわいい神社ジュエリーって知ってる?

2609f91c98172ad4b37654fc991e7210_m

神社でおみくじやお守りあるいはお札などをいただくというのはよくありますが、近頃はジュエリーやアクセサリーも登場しています!

えっ!?神社でジュエリーって、いったいどんなもの?と思いますよね。

ご利益ありそうな神社ジュエリーについてご紹介します!

【上賀茂神社】ブライダルリング

main

国宝であり世界文化遺産にも登録されている、京都・上賀茂神社(正式名称:賀茂分雷神社)から、ありがたいご神紋、二葉葵の刻まれた婚約指輪、結婚指輪が供されています。生涯を誓いあったおふたりにふさわしいお守りとなりますね。

「Auhi」(あうひ)と「IKAZUCHI」(いかづち)の2種類があります。

「Auhi」とは「繋がり結ぶ」という意味で、ふたりのリングを重ねるとご神紋が完成するデザイン。根をしっかりとはって伸びて行く二葉葵のようにふたりの心が繋がり実りある日々が続くことを願っています。<価格:結婚指輪レディース123,000円、メンズ149,000円など(税別)>

「IKAZUCHI」は、幸せなふたりをありとあらゆるものから守る「賀茂の守護神」です。リングの内側に二葉葵のご神紋が刻まれています。<価格:結婚指輪レディース103,000円、メンズ127,000円など(税別)>

さらに詳しくは実際の製造販売を手掛けている、アニバーサリージュエリーの名門、AFFLUX のHPにて確認を。

 

【上賀茂神社】

京都府京都市北区上賀茂本山339

【清明神社】五芒星・厄除桃ジュエリー

img_151941_1

現在においても様々な角度から取り上げられ人気が衰えていない平安時代の天才陰陽師・安倍晴明。天文学や暦をもとにして皇室の繁栄や地方の動静を感知し宮中にて重用され、また実際に諸国を行脚して各地の発展にも尽力したのです。

この清明の教えでもある「陰陽五行説」と、魔除け厄除けの果物である「桃」をデザインしたジュエリーが販売されています。清明神社内の「桔梗庵」にて購入することができます。

「SEIMEI」の曲にのってオリンピック2連覇を果たした羽生結弦選手のファンにとっても見逃せないものですね。

金と銀の五芒星ジュエリー<価格:各2000円(税込)> 、厄除け桃ジュエリー(五芒星付)<価格:2500円(税込)>

 

【清明神社】

京都府京都市上京区清明町806

【神明宮】神むすび(かんむすび)

東京阿佐ヶ谷の八難除で有名な神明宮には、運気が上がるようにご祈願されたブレスレットがあります。こちらにお勤めの巫女さんの手によって奉製されていて、手首に巻いてもよし、鞄やスマホのアクセサリーにもなりますね。

基本の神むすびは全11色のバリエーションで、紅、珊瑚、深紫(こきむらさき)、山吹、撫子、白木、菖蒲(あやめ)、栗、若草、浅葱(あさぎ)、京紫です。

その他、ご祭神などにちなんだものを取り上げている限定バージョンの、月読尊、虹鳥居、須佐之男尊、月うさぎ(2018年10月21日まで限定)もありますよ。初穂料は一つ1000円です。

郵送での申し込みも受け付けているのでHPをご確認ください。

 

【神明宮】

東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-25-5

【赤城神社】水引あわじ結びブレスレット

赤城神社は東京神楽坂にある、著名な建築家隈研吾氏のデザインしたお洒落な神社です。

元々は13世紀に現在の群馬県赤城山から移ってきた豪族大胡氏が、赤城神社を分祀したのが始まりという由緒ある神社

その大胡氏の息女でありました赤城姫命(あかぎひめのみこと)もご祭神となっています。女性の願いを叶えてくれる女神様で、良縁成就、夫婦円満、安産などのご利益があります。

販売されている「水引あわじ結びブレスレット」は、良縁を祈願するもの。水引とは解けないもので、愛する人と一生涯添い遂げるということを意味する縁起の良いものです。長野県飯田市にて女性たちが一本一本手作りしている伝統工芸品でもあります。一本1000円にて購入することができます。

 

【赤城神社】

東京都新宿区赤城元町1-10


神社で販売されているご利益がたっぷりありそうな素敵なジュエリー、アクセサリーをご紹介しました。

彼と一緒にお参りして、お揃いのジュエリーを身に付けるのもいいですね!ぜひ参拝とともにチェックしてみてくださいね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る