飛行機に持ち込んでいいもの、いけないもの!【旅行準備はこれを読めば完璧】

afe94a729322aceeed10e68be7e0a3eb_m

海外へ飛行機での旅、わくわくしますね。持ち物は何を用意すればいいでしょうか。念には念を入れてあれもこれも持っていきたいところですが、旅の荷物はできるだけコンパクトに、最小限にするのがおすすめです。

特に、国際線旅客機の旅では機内に持ち込める荷物、空港カウンターで預ける荷物にさまざまな条件があり、またセキュリティーの観点から持ち込みを制限されているものもあります。空港で手間取ったりすることのないように、事前によく調べておきましょう。

また安くて人気のLCCの場合は、日本航空(JAL)や全日空(ANA)などの大手キャリアとは手荷物の扱いになどついて異なることもあるようです。ここでは、大型キャリアでの国際線の旅の手荷物について基本的な情報をご紹介したいと思います。

機内に手荷物として持ち込めるもの

IMG_3338

サイズ
3辺の和が115cm(45インチ)以内かつ、3辺それぞれの長さは55cm・40cm・25cm(22・16・10インチ)以内
※キャスターと持ち手を含みます

総重量
10kg(22ポンド)以内

数量
1人1個まで(ハンドバッグなどの身の回り品は別ですが総重量には含まれます)
機内持ち込みの手荷物は、上部の収納棚または前の座席の下に収納しなければなりません。前に座席が無い場合は床におくことはできません。

液体の持ち込み
セキュリティー上、機内への液体の持ち込みは厳しく制限されています。
水、お茶、ジュース、コーラなどの飲料、あるいは香水などのみならず、化粧用クリーム、ヘアスプレー、シャンプー、シェービングフォーム、練り歯磨きなども該当します。持ち込みの際の容器は100ミリリットル以下であることが必須です。100ミリリットルを超える容器の場合は機内持ち込みはできず、預け入れ手荷物としなければなりません。内容物の量が100ミリリットル以下なのではなく容器の容量が100ミリリットル以下であることに注意してください。
液体の入った容器が複数ある場合は、さらに容量1リットル以下の透明なプラスチックバック(ジップロックのようなビニール袋)に入れ、手荷物検査場にて提示しなければなりません。このビニール袋は1人1袋までです。
機内で使う必要がないのであればこれらのものは確実に密封の上、スーツケースにいれ預け入れとしましょう。しかし、保湿のためのハンドクリームや髪を整えるためのヘヤワックスなどを機内でも使いたいことがあると思います。そのためにはしっかりと規定に則った小さな容器のものを用意して機内に持ち込むことをおすすめします。
飲料水はジュース、コーラなどを含めて、無料の機内サービスを利用できます。免税店で買ったお酒はお店で入れてくれた密閉式のビニール袋(ICAO様式のSecurity Tamper Evident Bag)に入ったままの未開封の状態であれば機内持ち込みができます。

こんなものは?
次のものも機内持ち込みができます。
コンセント式ヘアードライヤー、ヘアアイロン、スマートフォン充電器、海外旅行用変圧器、使い捨てカイロ(旅行中の使用分程度)、電子たばこ(使用はできません)
カイロや電子たばこの持ち込みはOKなのですが、紐を引っ張ると温かくなる加熱式弁当(発熱材付弁当)は機内持ち込みも預け入れもできません(あまりいないとは思いますが…)。

機内に手荷物として持ち込めないもの

ハサミ、ナイフ、工具、アイススケート靴、バット、ゴルフクラブなど。主に凶器になりそうなものは、機内に手荷物として持ち込むことはできません。お裁縫用の小さなハサミやキーホルダーについている小さなナイフは大丈夫とされているようですが、万一のことがありますから持ち込まないほうがいいです。

もし、手荷物検査でこれらを持っていることがわかったら、その場で没収されてしまいます。

空港カウンターにて預ける荷物(無料の範囲)

stil-336189-unsplash (2)

サイズ
3辺(縦、横、高さ)の合計がANAの場合158cm以内、JALの場合203cm以内
※キャスターと持ち手を含みます
航空会社によりサイズが違うのは不思議なことなのですが、世界の他の国々でも航空会社によってサイズ制限の違いがあるようです。全般的には158cmに向かっているようでもありますので、これからスーツケースを新調される際はこのサイズにしておいたほうが無難ではないでしょうか。

重量(エコノミークラスの場合)
1個当たりの重量23kg(50ポンド)のもの2個まで
無料の範囲を超えると超過手荷物料金が必要となります。例えば個数超過のときは1個につき、北米路線では20,000円、アジア路線では10,000円などとなります。

預け入れ制限のある手荷物(スーツケースに入れてはいけないもの)
花火、クラッカーなどの爆発物(機内持ち込みもできません)、マッチやライターなどの発火性・引火性のもの(ライターと安全マッチのいずれか1個のみ機内持ち込み可能です)、キャンプ用ガスボンベなどの高圧物(機内持ち込みもできません)、ボタン電池やPCの予備用リチウム電池(機内持ち込みは可能です)

番外編:LCC ピーチ・アビエーションの場合

735fdb395c8e15f19d9a4c8273d97d99_s

上記は日本航空(JAL)と全日空(ANA)の大手キャリアの情報でした。番外編として、LCCのピーチ・アビエーションについてご紹介します。
機内に持ち込めるものの種類、持ち込めないものの種類については、大手キャリアと同様です。ただ、機内サービスや持ち込み手荷物の重さや個数の制限が異なります。そして、空港カウンターで預けるスーツケースなどの預け入れ手荷物が有料になることが、大きな特徴でしょう。

機内サービス
機内では、水などの飲料も含めて飲食物はすべて有料でのサービスとなります。

機内持ち込み手荷物
機内持ち込み手荷物はハンドバッグなども含めて合計2個までで、重量は合わせて7kgまでとなっています。2個を超える場合は3個目のものからは預け入れ手荷物としなければなりません。

預け入れ手荷物
預け入れ手荷物については、クラスにより細かく分けられていますが、ソウル便の場合、空港カウンターで預け入れ予約をすると、シンプルピーチの場合、受託手荷物料金として1個につき2980円、上海行きの場合は7880円となります。
インターネットでの事前申し込みをすると料金は少し安くなるようです。受託手荷物の大きさは3辺の和が203cmまで、重量は20kgまでとなっています。


旅の始まりの空港で手荷物についてのトラブルがないように事前によく確認しておきましょう。

実際の空港カウンター、手荷物検査場、あるいは機内において厳密なチェックが行なわれるかどうかはケースバイケースともいえますが、何事もなく無事に旅行ができるように、規則に則った行動を心がけましょう。

そしてくれぐれもパスポートを忘れないように。気をつけて、行ってらっしゃい。

※手荷物や預け入れ荷物の基準は航空会社によって異なります。詳しくは、ご自身の利用する航空会社のホームページで確認してくださいね

参考:
日本航空
https://www.jal.co.jp/inter/baggage/

全日空
https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/

ピーチ・アビエーション
https://www.flypeach.com/pc/jp/lm/ai/airports/baggage/checked_in_bag

国土交通省資料
http://www.mlit.go.jp/common/001191459.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001105372.pdf

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る