結婚するまでに貯金しよう!“まずはここから”おすすめの貯金方法

rawpixel-570908-unsplash

いつか幸せな結婚をしたいと夢見る女性は少なくありません。現実的に結婚を考えた時に、これから何にいくらかかるのかを計算したことはありますか?

なかなか貯金が出来ないのは、具体的にこれからいくら必要になるのかをイメージできていないから。まずは、何にいくらかかるのかを確認して、自分に合った貯金方法を決めることが、貯金への第一歩です。

結婚に必要な費用を把握しておく

rawpixel-626044-unsplash

お付き合いしている彼と夢のような結婚式をあげたいと思っているのなら、婚約から結婚式、披露宴、新婚旅行までの総額は約420万円かかると言われています。

格安で結婚式を挙げられるところもあります。参列者の会費やご祝儀でまかなえるところもあるものの、その場合には日取りが良くなかったり、こだわりを全て叶えるのは難しくなります。絶対にこうしたい!という夢を叶えるためには、貯金が必要になります。

新婚生活は約100万円

ふたりで新しい家に引っ越す費用や、家具家電を新調した場合、だいたい100万円くらいはかかってきます。もしダンボールに詰めるなどの引っ越し作業を業者に完全にお任せにすると、費用はどんどん上がっていきます。

同棲から結婚の場合には、特に費用がかからないと感じるかもしれませんが、子供を妊娠した時には、広めの家に引っ越さなければならなくなるかもしれません。

出産費用は約50万円

もし結婚してすぐに子宝に恵まれた場合には、出産費用のことも考えておきましょう。妊娠中には、妊娠検査薬、婦人科の定期検診、分娩のための入院費用や分娩費用、個室代金などのお金がかかります。

妊娠に関する費用は公的補助が出るものの、全額が賄われるわけではありません。今、お住いの自治体に問い合わせて見ましょう。

妊娠して仕事を辞める場合は、無給状態になります。出産手当金などの公的補助は、出産後57日目以降に申請することになっているので、しばらくは無給状態が続きます。

ベビー用品の購入、生活費などの他にも、保険料、住民税の支払いなども必要になります。仕事ができない期間に生活できるように貯金を今から始めておくと、お金のことを心配せずに、マタニティライフを楽しめそうですよね。

支出を減らすか、収入を増やすか決める

rawpixel-602154-unsplash

貯金をするためには、支出を減らす方法と、収入を増やす方法があります。

副業などの収入を増やす方法は、外貨積立などをする方法もあれば、仕事を増やしてそれを貯金に当てる方法があります。

支出を減らす場合には、いかに毎月の固定費を下げるかという方法があります。例えば家賃や水光熱費、ケータイ代などの固定費を安いものと切り替えたり、外食などの交際費、趣味のお金を節約したりするなどの方法があります。

どの方法を取るとしても、今と同じ生活を続けたまま、異なる結果を求めるのは難しいです。何かを成し遂げたり、目標まで達成したり、成功するためには、変化が必要になります。行動を起こさないで目標を達成した成功者はいませんよね?

将来の夢を叶えるための準備を何らかの形で取りましょう。

給料日直後に別の口座に移動させる

100-bank-notes-bills-2099

給料の振込口座とは別に、貯金用の口座を開設して、身近に余計なお金を置かない方法もあります。給料が振り込まれたら、すぐに貯金用の口座に移動させること。貯金用の口座のキャッシュカードやクレジットカードは普段持ち歩かずに、家の引き出しに閉まっておきましょう。すぐに使えない状態にしておくことが大切です。

手数料を節約するために、手数料がかからない時間帯に引き出しをして、貯金用の口座に直接預け入れると、より節約ができます。

金融商品を活用して貯金を始める

william-iven-8514-unsplash

将来のために確実に貯金を始めるために、外貨を扱う銀行や、外資系生命保険などの外貨積立や投資などを始める人もいます。

もし始める場合には、専門知識が必要になりますので、金融知識の詳しい営業マンや代理店などを通じて、金融に関する勉強を始めるところからスタートしてみましょう。


未来のためにお金を貯め始めていくのなら、毎月先取り貯金をすることです。「余ったら貯金に回そう」ではうまくいきません。幸せな結婚の準備のために、確実にお金を貯めていきたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る