正直、彼がいてもたどり着けない…「結婚できない女性」の特徴

pexels-photo-301341

付き合っている彼はいるのに、いつまでも結婚まで進めない。そんな女性には、男性の決心を鈍らせる何かがあるのかもしれません。自分では大丈夫と思っていることでも、男性の目線はまた違った考え方をするもの。男性の現実から遠ざかっていることが、プロポーズされない原因かも?

今回は、そんな結婚までたどり着けない女性の特徴についてお話します。

彼が結婚を決められない理由

「好きなら結婚も考えられるよね?」と思う女性は多いですが、実際は女性が思うよりずっと現実的に男性は結婚を捉えます。

男性にとって、結婚は自分が大黒柱となって養っていくという覚悟の現れ。つまり、それだけの価値を女性に見いだせなかったら、なかなかプロポーズしようとは思えないのが本音です。

もちろん愛情があるのは大前提ですが、好きだけでは上手くいかないのが結婚。そんなことも、男性の頭にはしっかりあります。

今の彼女は好きだけど、結婚はちょっと……。彼がそう感じてしまうのは、どんな女性なのでしょうか。

理想が高い

pete-bellis-115355

結婚生活について、「専業主婦になりたい」「新築の一軒家に住みたい」など、一方的な理想を持っている女性。

あまりに希望が高すぎると、男性は「満足させてあげられそうにない」と思って尻込みしてしまいます。また、単純に「楽な暮らしがしたいから結婚したい」のような願望が見える女性も、男性の結婚意欲を鈍らせる要因に。

結婚はお互いに努力して良い生活を築くものです。高い理想があっても、彼の気持ちも汲めるような柔軟性を持ちたいですね。

家庭向きでない

pexels-photo-209978

料理が美味しくなかったり、掃除が下手だったりするようなことだけが結婚を避けられる理由ではありません。

不器用でも、努力すれば改善できるようなことなら、男性はそこまでシビアに見ないのが実際です。

それより気になるのは、彼女がそんな自分でも満足していること。「料理? 宅配でもいいんじゃない」のような考え方では、とても健康的な生活ができるとは思えませんよね。

家事をないがしろに考える女性は、男性にとって家庭を任せられるとはいいにくいのですね。

金銭感覚が合わない

Closeup of woman holding shopping bags with copy space

お給料日の前には金欠でキャッシングしていたり、身の丈に合わないブランド品にお金をつぎ込んでいたり。

男性にとって、家計の管理ができるかどうかは結婚相手として重要なことです。どれだけ稼いでも、計画なく使われるようでは貯蓄もできませんよね。

逆に、倹約家すぎるのも男性は窮屈さを覚えて一緒に暮らすことをためらいます。度が過ぎる節約は、ふたりの楽しみまで奪いかねません。

お金の使い方は、地に足の着いた生活ができているかどうかを男性は見ています。無駄遣いは避け、将来に向けて蓄えようとする気持ちのある姿を見せたいですね。

精神的に自立していない

StockSnap_TJITMPYYW8 (1)

いつまでも実家暮らしで親離れができていなかったり、人に頼ることばかり考えていたり。メンタルが弱い女性は、付き合っていても疲れるという男性は多いでしょう。

精神的に自立できていない女性は、例えば子どもができた場合、ちゃんと子育てができるかどうかの不安も男性は覚えます。自分だけがしっかりしているだけでは、上手く回せないのが家庭だと考えるのですね。ある調査では、独身男性の84.0%が共働きを希望しているというデータもあり(こちら)、男性へおんぶにだっこを狙っている女性は、今の時代受け入れにくいでしょう。

自分のことは自分で責任を取れるような強さを、女性はいつでも忘れたくないですね。


男性が考える結婚は、理想ばかり追うよりもっと日々の暮らし方に焦点が向かいます。例えば住む家を決めるときも、「ここならお互いの会社に近いし、終電を逃してもタクシーで帰ってこられる」のように、実際の生活を想像して決めることが多いでしょう。

それなら、彼の「現実」に違和感なく受け入れられる女性になることが、結婚への近道です。

より身近に彼が結婚を考えられる女性を目指したいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る