驚くべきキスの効果5つ!知ったらすぐに彼氏とキスしたくなるかも♡

sharon-mccutcheon-526886-unsplash

好きな人とのキスって、とっても幸せな気持ちになりますよね。できればずっとしていたい……と思いますが、キスにはいろいろな効果があるって知っていますか?

これを読めば、愛する彼とのキスがもっと楽しくなる?!キスの効果を5つご紹介します。

①「幸せホルモン」で愛情を感じる

parker-whitson-592841-unsplash

大好きな彼と唇を合わせるとき、とても優しい気持ちになりますよね。心の中ににじみ出るこの愛情こそ、エンドルフィン。別名「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内物質です。

エンドルフィンなんて聞きなれない名前ですが、これがあるから私たちは幸せを感じるし、興奮もします。エンドルフィンは、お風呂に入ったり美味しい物を食べたり、掃除をしたりすることでも分泌されると言われますが、ひとりでは得ることができないキスでなら何より彼との愛情を確認する大きな意味をもちます。

「好きな人とキスするんだから、いい気持ちになって当たり前でしょ」と思うかもしれませんが、ちゃんと理由があるのですね。

②ストレスの緩和

このエンドルフィンですが、人の気持ちを穏やかにするオキシントンを体内で生成する役割があります。

オキシントンが増えれば精神は安定し、減ると逆にストレスを感じ、苦しくなります。「もっとキスしたい」と彼に対して思うのは、このオキシントンが生まれるので心が安らかになり、「相性が良い」と体が感じるからなのですね。

仕事が忙しかったり人間関係で疲れたり、ストレスを感じたときはぜひ彼にキスをしてくれるようお願いしてみては。愛する人とのキスで生まれるオキシントンが、あなたの心を穏やかにしてくれるはずです。

③免疫力がアップする

joanna-nix-446806-unsplash

「キスで免疫力が上がる」なんて、ちょっと信じられませんよね。

キスは粘膜の接触です。口の粘膜には唾液が含まれており、キスで唾液の交換をすることになります。唾液には、その人が持つわずかな口内細菌やウイルスなどが含まれています。それをお互いの体に取り込むことによって、免疫力が高まるというわけです。

「Microbiome Open Access Journal」に2014年11月17日に掲載された研究結果によると、10秒間のキスによって2人の口内では8000万もの細菌が交換されるというのだ。(引用元

好きな人とのキスなら汚いと思わないのはエンドルフィンのせいでもありますが、免疫力がアップするなら、やらなきゃ損!?かもしれませんね。

④痛みを和らげる

キスで得られるエンドルフィンは「脳内麻薬」とも呼ばれ、モルヒネのような役割があります。モルヒネは鎮痛作用があることで有名ですね。つまり、キスをすれば体の痛みを和らげてくれる効果がある、と言われているのです。

もちろん、痛みそのものに効くわけではなく治してくれることはありませんが、それでもキスをすることでつらい症状が落ち着く可能性があります。

エンドルフィンは血管を広げてくれるため、関節炎、線維筋痛症、慢性疲労、偏頭痛などにまで効果があるのです。(引用元

ちょっとした頭痛などは、彼氏とのキスを試してみてはいかがでしょうか。

⑤収入がアップする

mari-lezhava-418317-unsplash

「キスで収入が上がるなんて信じられない!」と思いますよね。ドイツの心理学研究者・アーサー・サズボ博士が行った研究によると、朝「いってらっしゃい」のキスをしたカップルは、しなかったカップルよりも約25%も年収が上がったということです。

これは、キスにより精神が安定し、ストレスが解消されることから、仕事へのやる気が増したり集中力が出たりと、ポジティブな影響があったのではないかとされています。

男性にとっても女性にとっても仕事は大切なもの。毎朝のキスでより前向きに取り組めるとしたら、見逃せない効果ですよね。


キスで幸せを感じるのは女性だけではありません。好きな人としかしないものだからこそ、キスは男性にとっても愛情を確かめられる嬉しい機会といえます。

彼のほうからはなかなかキスに誘ってくれないと拗ねるより、したくなったらこちらから甘えていくのが吉。愛する女性にキスをねだられて嫌な気持ちになる男性はいません

「いつもしているし」なんて、手を抜くのはもったいない!こんなに良い効果のあるキスなら、「愛してる」の気持ちや言葉も添えてもっと愛情が高まる時間を彼にプレゼントしましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る