恋愛に疲れた…。そんなとき、心を癒す偉人たちの名言まとめ

arm-1846468_1280xcv

恋愛中は楽しいことだけではなく、辛いことや悲しいこと、疲れちゃうこともありますよね。

男女の問題は何も現代だけのことではなく、昔から歌や物語に欠かせないテーマとなっています。日本で最古の恋愛長編小説といわれている、『源氏物語』は1008年のもの。恋愛、特に失恋や男女のトラブルは、時代も、国境も、人種もなく共通しているんですよね。

例えば、どんなに素晴らしい功績を残した人も、栄光を手にした人も、絶世の美女と呼ばれた人も、恋愛でツライ思いを経験しているものです。

今、恋愛に疲れている人は、そんな偉人達の言葉に触れてみることをおすすめします。心を癒す偉人たちの名言をまとめてみました。

 自分に自信がなくなったときに

marilyn-monroe-396863_1280c

あの人が私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値のあるものになったことだろう。―ゲーテ

▲ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家、ゲーテの残した言葉。自分自身に絶望するほど落ち込んだとき、「でも私は彼に愛されている!」と今ある幸せを噛みしめてみて

私は、わがままでせっかちで少し不安定。ミスを犯すし、自分をコントロールできないときもある。でも、もしあなたが私の最悪の時にきちんと扱ってくれないなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格はない。―マリリン・モンロー

▲気分が不安定になって、意味もなくイライラしたり落ち込んだりすること、女性なら誰しも経験があるのではないでしょうか?彼に迷惑をかけてしまった…と後悔することもしばしばあるかもしれませんね。アメリカの大女優でセックスシンボルとして名高い、マリリン・モンローでも自分をコントロールできない”最悪な時”があったようです。そんな時に自分を責めるのではなく、「そんな自分も受け入れられて当たり前」と思える心強い言葉です。

恋愛の悩みで頭がいっぱいで苦しいときに

book-419589_640

恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、 恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない。―アルント

▲アルントはドイツの歴史家、愛国詩人。ナポレオン軍が本格的に大陸制覇を推進する中、1806年に著書でドイツ・ナショナリズムについて言及。これがナポレオンの反発を招き、一時はスウェーデンへの亡命を余儀なくされた人物です。恋で悩めるということはもしかしたら幸せなことなのかもしれない、と思わせてくれます。

女はティーバックみたいなもの。熱湯につけられてはじめて、その強さに気づくのです。―エレノア・ルーズベルト

▲エレノア・ルーズベルトは、アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻(ファーストレディ)、アメリカ国連代表、婦人運動家、文筆家。女性はもともと強い存在。苦しい思いをするたびに、女性として人間として”味”がでてくるというステキな言葉です。

期待なしに恋するものだけが恋の味を知る。―シラー

▲ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家のシラーの言葉。恋愛の悩みは相手への期待が大きいから、というのは事実です。「彼が〇〇してくれない(だから私は愛されていない)」「彼に〇〇と言われた(きっと私のことなんて好きじゃないんだ)」というその思い込み、自分で勝手につくりだしていると認識して。

まさか彼が浮気…?と絶望を感じているときに

stocksnap_de81h336xb

涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。―ドロシア・ディックス

▲アメリカのジャーナリストであり、困窮した精神病患者のための本格的な精神病院を多数設立した社会活動家でもあったドロシア・ディックスの言葉。涙が枯れるほど悲しく、今はツライだけかもしれません。でも、その分今まで知らなった感情に出会って、女としての幅が広がるのです。

事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。―シェイクスピア

▲シェイクスピアは、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物として、現在も強い影響力を持つ人物。少々厳しく聞こえる言葉ですが、まず大切なのは「彼が好き」という自分の心の真実だということ。彼からの愛を疑うと同時に、自分の彼への愛も再確認してみて。ゆるがない愛の気持ちがあれば、彼とやり直すことができるはず。

男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛し続けるってことよ。―オスカー・ワイルド

▲オスカー・ワイルド(1854年- 1900年)はアイルランド出身の詩人、作家、劇作家。1800年代、日本からはるか遠い北欧で生まれた言葉ですが、悲しいかな現代でも通ずる言葉ですね。それだけ男性の浮気心は止められないということでしょうか。


いかがでしたでしょうか?

恋愛は楽しいことだけではない、恋愛の苦しみは誰しもが経験することだと、先人たちが教えてくれています。今は苦しくても、きっと乗り越えられますよ。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る