理想の結婚相手って?基準になる5つの考え方

benjaminrobyn-jespersen-438346-unsplash

大好きな彼と結婚できたら最高だけど、結婚の前に一度考えておきたいのが結婚相手にどんなことを求めるべきか、ということ。そもそも理想の結婚相手ってどんなものなのでしょうか?

考える時には、5つの基準を軸にして考えると、頭の中が整理されて考えやすくなります。

容姿が好き

顔やスタイル、ファッションなど相手の見た目が好きかどうかは、ふたりの関係がいい時よりも、むしろ悪い時に力を発揮します。意見がぶつかって、喧嘩しそうになった時に、自分の好みの容姿をしていると、「腹は立つけれど、可愛いから許しちゃおうかな」というきっかけになるからです。

性格は好きだけど、外見が好みでない場合には、喧嘩の内容以上に外見のことまで文句が出そうになるかもしれません。

体の相性がいい

結婚生活は恋人同士の関係よりも、独身時代よりも、長く続くもの

些細な考えの行き違いや誤解があっても、体の関係がうまくいっていると、なんとなく許し合えるものです。反対に、セックスレスの悩みは、喧嘩をしたり、離婚の原因にもなったりします。

価値観が合う

考え方が全く同じでないとしても、ふたりが同じ方向を向いているかどうかが大事です。例えば、「今が楽しければいいし、先のことはあまり考えたくない」と「今は苦しくも、将来は豊かになりたい」いうふたりが一緒にいると、ふたりの向いている方向は違います。

別の環境で育ってきたふたりの考え方が違うのは当たり前ですが、その違いに歩み寄ることができるならOKです。歩み寄ることができないほどの決定的な相違がないかどうかを確認することが大事です。

一緒にいて落ち着く

結婚式やハネムーンなど、結婚に関するイベントは華やかですが、結婚生活は金銭を伴う現実的で地味なもの。何か特別なことが頻繁に起きるわけでもなく、平穏な日々が続きます。何か刺激的なイベントがなくても、彼とただ隣にいて一緒にいるだけで落ち着けるかどうかが重要になります。

恋人関係以上に、結婚すると一緒にいる時間が増えるもの。一緒にいると、なんとなくストレスを感じる関係は、どこか不満を抱えていたり、合っていない部分や譲れないところがあるのかもしれません。

お互いが刺激し合える

長い人生の中で、どういった人生を歩んでいきたいかという考えや人生設計をお互いに持っていたり、その考えや生き様を尊敬できるかどうかも重要です。尊敬できる人と一緒にいると、人生の良い刺激になり、生活が楽しくなるはずです。

もしなんとなく旦那さんに依存して生きていこうとすると、考えの違いがどんどん広がっていって、溝ができてしまう可能性もあります。

5つ当てはまると、幸せな結婚生活に!

5つが当てはまるほど、結婚してからの相性がいいと言われています。お互いに全て当てはまるということは少ないかもしれません。その場合には、自分の中で優先順位を決めて、考えることが重要です。

今、交際している彼にはどの項目は当てはまっているけれど、これは当てはまっていない、など自分の中ではなんとなく答えは出るでしょう。まだ付き合って日も浅いし、結婚については話題に出ていない段階にあるなら、冷静に相手のことを見てみましょう

結婚生活はとても長く続きます。理想を追い求めすぎる必要もありませんが、「ここだけは譲れないライン」というのを自分の中に持っておくと、結婚するかどうかを長い時間をかけて見極めることもできます。


彼氏のことを深く愛している状態だと「絶対にこの人と結婚するんだ!」という気持ちが先走りそうになります。結婚は恋愛の延長線上にあるものとはいえ、恋愛とは異なるもの。あまりにも理想とかけ離れ過ぎた人と結婚してしまうと、退屈な結婚生活が続くことになります。

冷静に自分や相手のことをジャッジすることも時には必要なのかもしれません。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る