見つめなおしてみて。彼氏がプロポーズしてくれないのは自分のせいかも!

rawpixel-797134-unsplash (1)

交際中の彼と結婚をしたいのに、なかなか彼からプロポーズをされずに不安な気持ちが募る女性もいると思います。

「順調にお付き合いしていて、ふたりの間に問題はないのに……」、それなのに、なぜ男性たちはなかなかプロポーズに踏み切ってくれないのでしょうか?

実は、まぎれもなく女性自身に理由があるかもしれません。

彼女のプロポーズの理想が高い

jeremy-bishop-186006-unsplash

交際している彼女と将来のことを真剣に考えているのになかなかプロポーズに踏み切れないのは、彼が結婚を申し込みの時のシチュエーションに迷っているからかもしれません。

彼女がロマンティックなお姫様扱いされるようなシチュエーションの中でプロポーズされることを強く望んでいて、それ以外のプロポーズは受け入れないという姿勢だと、彼はどうしたらいいのか悩んでしまいます。

女性の憧れのシチュエーションとは?

女子会で大盛り上がりしそうなプロポーズのシチュエーションとはどういったものなのでしょうか?

・誕生日や記念日、イベントのタイミング
・場所は高級ホテルのレストランなどのロマンティックな場所
・ダイアモンドの指輪を差し出しながら

など、ドラマのワンシーンのようなロマンティックなシチュエーションの中でプロポーズされるのが理想とする人もいるはず。

有名芸能人ではなくとも、身近な友達が夢のような婚約をSNSで報告する人も珍しくないですし……。しかし実際に結婚をしている人が全員そんなロマンティックなプロポーズをしているかというと、そうでもないようです。

でも、現実は理想とは違って……

みんなロマンティックなプロポーズをしているのかというとそうではなく、リアルなプロポーズは違っているようです。

・家にいるときになんとなく
・彼女にブライダルフェアへ連れていかれて
・親の前で言わざるを得なくて

などなど……そもそも正式なプロポーズをせずに結婚まで至った人もいます。華やかなプロポーズが多いように見えますが、そうでないカップルもたくさんいます。

結婚がしたいの?彼と一緒にいたいの?

そもそも、「結婚したい」という女性は、「結婚がしたい」のでしょうか?「彼と一緒にいたい」のでしょうか?

後者なのであれば、プロポーズはどんな形でも嬉しいはずなんです。上記で紹介したリアルなプロポーズでも、彼のことが大好きな彼女であれば、これ以上にない幸せなプロポーズなんです。

前者なのであれば、彼は「彼女は、自分と結婚したいんじゃなくて、理想のプロポーズと結婚という事実がほしいだけ」と思っている可能性もあります。

あなたの本音はどうでしょうか?


結婚を申し込むというステップの「プロポーズ」にこだわりを持ちすぎると、大好きな彼と一緒にいることすら難しくなるかもしれません。全てを完璧に演出するのは、彼にとってハードルが高いのです。

何を大切にすべきか、一度考え直してみましょう。彼がプロポーズに踏み切れないのは、自分自身のせいかもしれませんよ。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る