飲み会シーズンに要チェック。彼の「疑った方が良い言動」について

lights-night-alcohol-party

これから年末に向けて忘年会シーズンに入り、彼が会社や友達との飲み会に出かけていく機会も増えると思います。もし遅く帰ってきたり朝帰りになった場合、どんな言い訳なら信用しますか? そもそも飲み会って本当なの…?

彼の言い訳で”疑うべき言い訳”には、「証明ができない」ものが多いのが現実です。具体的に浮気などを”疑ったほうが良い言い訳”について、ご紹介します。

本当に飲み会なら相手を説明できる

例えば、「会社の人たちと飲むことになってさ~」と言われたとき。「誰?」「どこの部署の人?」「何人くらい?」など、知りたいことはいろいろありますよね。

本当に会社関係の人たちと飲むのであれば、「総務の人たちだよ」「今回のプロジェクトで一緒にやってきた仲間だよ」など相手を特定して説明できます。何かの拍子にそのメンバーと話す機会があっても、本当なら隠す必要がないからです。

もし浮気など後ろめたい関係の人であったり彼女に知られたくない人の場合は、身近ではない人、また彼女が確かめることが難しい人を持ち出します。「取引先の人」など、がその定番ですね。取引先の人、と返されたら、「なんていう会社の人?」とズバリ尋ねてみましょう。ここでチェックしたいのは、どこの会社の人という答えではなく、聞かれたときの彼の様子です。

嘘をついているときは、どこの会社名を挙げようかと一瞬迷います。うろたえたり、考え込んだりするようなときは要注意。真実ならすぐに答えられますよね。もし怪しいなと思ったら、彼の帰宅もチェックする必要がありますね。

付き合いでキャバクラ!?

彼のスーツのポケットから、キャバクラの名刺が出てきた。こんなとき、男性がよく口にするのが「付き合いだから仕方ないだろ」です。確かに、上司に引っ張られたら、断るのが難しいときもあるでしょう。彼がキャバクラへ行くのは仕方ないとしても、問題はその後です。

きちんと状況を説明して名刺はその場で捨てるなど、自分から行く気がないことを示してくれるならOKですよね。ですが、働いている女性の個人的な名刺をお財布に入れていたり、スマホの電話帳にそれっぽいお店が登録されていたりする場合は、次も行くという証拠です。最悪の場合、知り合った女の子と個人的に仲良くなってしまうことも…?

あなたがもし、彼のキャバクラ通いが許せないほど嫌なのであれば、彼にはしっかりと「行って欲しくない」と伝えましょう。それでも隠れてお店に足を向けるようであれば、お付き合いを考え直す必要があるかもしれませんね。

朝帰りはどこで寝たかが大事

連絡もなしに朝帰り、なんてときは、どこで休んでいたかを確認しましょう。「同僚と一緒にビジネスホテルで」などと返ってきたら、「どこのホテル?」と名前を聞くのが大事。まさか自分が泊まったホテルの名前を忘れることはありませんよね。また、「朝までカラオケにいた」と返ってきたら、「どこのカラオケ?」と聞いてください。

「疑うのか」と彼が怒ってきた場合、あなたは毅然とした態度で対応する必要があります。「酔って寝たなら忘れ物があるかもしれないでしょ。連絡があったら私が取りに行くから」と答えるのがおすすめ。ここまで言われてまだ答えを渋るようなら、「まさか私に言えないようなところで寝てたの?」と突っ込んでも構いません。

大切なのは、「連絡がないから心配したんだよ」と理解してもらうことです。「もし逆の立場ならどう思う?」と言われたら、彼も黙って外泊したことの申し訳なさを考えます。

疑うことを嫌がられても、あなたのしたことは受け入れられないとしっかり伝えることで、彼の気持ちを修正してもらいましょう。


飲み会に参加することにモヤモヤを感じてしまうのは、どこかで彼を信じきれていないことが原因でもあります。浮気などやましいことがあるのでは…?と疑われて良い気がしないのは誰もが同じですが、もしそう言われたらふたりの関係を改善するチャンス。

気持ちよく送り出すためには信頼関係が必要です。「あなたを信じたい」という本音を伝えて、彼の側にも普段の行いを振り返ってもらう機会を作りましょう。お互いに信用があれば、飲み会の話題も楽しく話せるようになりますね。

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る