夫婦のほとんどがセックスレスに?予防するために出来ること

rhema-kallianpur-275251-unsplash

どんなラブラブなカップルも結婚後、多くががセックスレスになると言われています。なぜラブラブだったはずのカップルがセックスレスになってしまうのでしょうか?

できれば避けたいその状況を予防するためにできることをまとめてみました。

セックスレスは6割越え!?

sharon-mccutcheon-1096250-unsplash

セックスレス、というのは、「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」が定義だとされています。

そして、セックスレスの夫婦の割合は…

「夫婦愛に関する調査」(2016年・アンファー調べ)によると、じつに30代で47.0%、40代で59.0%、50代では71.3%がセックスレス夫婦。年代が上がるにつれその割合が高くなっていることがわかります。(引用元

年代ごとでことなりますが、30代で約半数、40代50代では6割以上がセックスレス。そして、驚きのことに、最近では新婚でもセックスレスが4割以上というデータもあるのです!データ元

予防①スキンシップを習慣化する

セックスレスになる原因で、「スキンシップをとらなくてタイミングがない、今更恥ずかしい」ということが上位にあげられます。そんな事態にならないために、スキンシップは習慣化することをオススメします!

【出勤時と帰宅時】
例えば出勤と帰宅時に「いってらっしゃい」「お帰りなさい」のハグとキスを習慣化するようにしましょう。

最初は照れくさいかもしれませんが、それが習慣化していくとしないことの方が不自然になります。夫が出勤する時や帰宅するときに、必ず玄関まで行くようにして見送るようにしたり、お出迎えをするようにすれば、彼も気持ちよく仕事に出勤し、帰宅できますよ。

【眠る時】
眠る時に布団を並べて眠るか、ベッドで一緒に眠るのか、様々なパターンがあると思いますが、眠るときに彼の肌に何らかの形で触れるようにしましょう。

例えば、後ろからぎゅっとハグしたり、キスしたり、髪の毛をなでたり、また彼が疲れている時をマッサージしてあげるのも良いでしょう。彼のどこかに触れておくとあなたも安心して眠れますし、くっついていることが習慣化され、その流れでセックスに持ち込むことができますよね。

セックスレスを予防するためには、何となくそのままの流れでセックスに持ち込めそうな雰囲気作りをすることです。

予防②歩く時は手を繋ぐか腕を組む

結婚して夫婦になるとカップルのような男女の仲という感覚よりも、家族という感覚が強くなってしまうようです。カップルだった2人が家族のように感じられるのはとても素晴らしいことですが、男と女であることを忘れるのは寂しいですよね。

それを防ぐために「デートっぽい」ことをしてしまうのも1つの方法です。例えば歩くときには手を繋いだり、腕を組んだりしてみましょう。

結婚して夫婦になってからはなんとなく手を繋ぐのが恥ずかしく感じるかもしれませんが、あくまで男と女の中であるということを意識できるように行動していきましょう

予防③カレンダーにセックスした日を記録

いつからセックスレスになってしまったのかを把握するために、カレンダーにセックスした日を記録しておきましょう

例えば数日経っていたら「最近していないなぁ」と気づけます。早めに気づき、定期的に体の関係を持つようにしましょう。

もしあなたが疲れていたり、精神的に追い込まれたりして、なんとなくセックスをしたくない日もあるかもしれません。最後までセックスをしなくても、オーラルやベッティングをするだけでもセックスレスになりにくくなります

予防④子供が生まれても「パパママ」と呼ばない

いつか子供が生まれて家族が増えた時にも、お互いのことを「パパ」「ママ」と呼び合わないようにしましょう。子供に対しては「パパ」「ママ」と呼ぶのは良いのですが、お互いの呼び方を「パパ」「ママ」にしてしまうと、男と女というよりも家族という意識が強くなってしまいます

「家族なのにセックスするのはなんだか変な気がする」といった気持ちから、体の関係が疎遠になってしまう可能性もあるからです。あくまでも男と女であるということを意識しましょう。


セックスレスになってしまってから、解消しようとするのはとても難しいです。そうならないために日々少しの意識の変化少し意識を持つだけで、予防できます。

お互いのことをいつでも大切に思う気持ちと、尊敬と尊重と信頼関係を深める気持ちを大切にしていきたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る