「彼氏の気持ちが冷めたかも」ともやもや悩む前に確認したいこと3つ

artur-nasyrov-743620-unsplash

「最近、彼からの愛情を感じない……」。こんな不安は、一度感じるとなかなか消えずに彼氏への態度にも影響してきます。

でも、冷められたと勝手に決めつけるのは彼氏にとっても悲しいこと。悩む前に、まずは今の状態について冷静に考えてみる余裕を持ちましょう

あなたからの愛情表現は続けているか

george-pagan-iii-624401-unsplash

昔は彼氏に言われなくても「好き」や「ありがとう」の気持ちを伝えていた。でも、そういえば最近口にしていなかったかも。

関係に慣れてしまうとつい忘れがちになる愛情表現ですが、言われないことで不安や寂しさを覚える男性もいます。「俺の存在が当たり前になったんだな」と思うのは幸せでもある反面、「大事にされていない」ような物足りなさも感じるものです。

どれだけ時間が流れても、大切にしたいのは好きの気持ち。最近言葉にしてないなと思ったら、まずは自分から「愛してる」と伝えましょう

彼氏の仕事やプライベートに変化はないか

nik-macmillan-280300-unsplash

気がつけば、ここのところ彼氏の仕事やプライベートについて何も聞かれさていない。それは、もしかしたらあなたが彼氏に関心を向けていなかった証拠かもしれません。

彼氏のほうはあなたに話したがっていたけれど、サインを見逃していればいずれ「もういいか」となってしまいます。

彼氏の大事な業務などで変化があり、それが原因であなたに集中していないことも。「お仕事お疲れさま! 最近どう?」とねぎらう言葉で彼の関心をこちらに向けてみましょう。

ふたりで過ごす時間を作れているか

annette-sousa-442361-unsplash

自分も彼氏も忙しくて、気がつけばもう1か月もデートしていない。そんなお互いの不在が、不安の原因になっているかもしれません

今すぐに会えないとしても、まずは「次のデートはあなたの好きな○○でゆっくり食事がしたいな」など、彼氏の心が和むような提案をしてみましょう。

「早く会いたいね」の気持ちは、言わないだけで彼氏もずっと抱えているもの。こちらから提案してみることで、彼氏も自分の愛情を確認できます。会いたいと迫るより、「次に会えるときを楽しみにしている彼女」であることが、男性にとって大きな自信を与えてくれる存在になると心得ましょう。


連絡がないから、などですぐに「もう冷めたんだ」と決めつけるのは危険です。

自分のことだけでなく、彼氏の状態を把握する姿勢も大切。最近愛情を伝え合う機会を持っていたかどうか、もう一度振り返ってみましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る