好きになった男性はバツイチで子持ち…。幸せなお付き合いのために考えたいこと

derek-thomson-528231-unsplash

婚姻率が下がる一方で離婚率は高い現代は、バツイチの男性も少なくありません。好きになった男性がたまたまバツイチだった、というのは珍しくありませんが、もし子持ちであったなら、お付き合いを考えるとどんな日々になるのか想像がつかなくて悩みますよね。

バツイチで子持ちの男性を好きになったとき、幸せな交際のために何を考えれば良いか、お話します。

子どもを無視したお付き合いはできないと心得る

ryan-franco-235101-unsplash (1)

バツイチで子持ちとなると、父子家庭として親子で生活しているか、元奥さんと暮らす子どもと定期的に会っているかの可能性があります。

前者の場合を考えると高校生やすでに成人しているなど、ある程度手のかからない年齢ならある程度自由がきくかもしれませんが、まだ年齢が低い場合はそうはいきません。

デートも子どもが最優先、出ていけるタイミングでしか約束できなかったり預ける先がなければデートそのものが難しくなったりと、影響を避けられないことを肝に銘じておく必要があります。

ですが、男性にとって子どもは誰よりも大切な家族です。自分より子どもを優先することに腹を立ててしまうと、男性は我が子と彼女の板挟みになって苦しむことになります。

男性が信頼できる彼女とは、子どもがいる事実を前向きに受け止め、一緒に良いお付き合いができる方法を考えてくれる人。子どもの存在を受け止められないと、幸せな交際はできないことを、忘れずにいましょう。

男性の愛情を信じる

kelly-sikkema-422778-unsplash

子どもがいるバツイチ男性とのお付き合いは、ふたりきりで過ごせる時間が少なかったり子どもの用事で会えないことが多かったりと、不自由さを感じることがあります。

男性を見ていると自分より子どもに愛情を向けているように思うかもしれませんが、そんなことはありません。そもそも、子どもがいる状態で女性とお付き合いすること自体、男性にとっては大きな決意でもあります。一番忙しく考えることが多いのは男性であって、子どもを気にかけながらも愛する女性の存在を忘れることは決してありません

何とか彼女を安心させたい、うまく付き合っていきたいと、誰よりも考えているのは男性のはず。そうでなければ、大変なことが多い交際をあえて始めるようなまねはしないといえます。

バツイチで子どもがいる男性とのお付き合いでは、何より男性の愛情を信じる強さが必要です。愛する彼女は、子どもとはまた別の存在。そんな自分を信じてくれる女性にこそ自信をもらい、またより深い愛情を覚えるのが男性です。

愛情を疑うのではなく、ともに育てていける女性の強さが、バツイチで子持ちの男性とのお付き合いには欠かせません。その姿勢が、子どもの存在を男性の大切なひとりとして素直に受け入れ、ストレスのない交際をふたりで考えていく幸せな絆を作ります。


バツイチで子持ちの男性を好きになると、一対一の普通のお付き合いから遠ざかることが不安になるかもしれません。

ですが、それは男性も同じ。男性のほうにもこんな自分を愛してもらえるのかという不安や心配があり、お付き合いするのなら女性と誠実に向き合おうとするはずです。

ふたりの愛情はふたりだけのものです。それを忘れず、ひとりの男性として心を開く勇気を持ちましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る