ベッドの外が大切!将来セックスレスにならないためのヒント3つ

couple-love-bedroom-kissingm

結婚してからの夜の生活について、実は夫婦の約半数がセックスレスというデータがあります。セックスレスの定義としては「1カ月以上、性的接触がなく、長期化が予測される状態」と一般社団法人日本家族計画協会では定めています。

長年連れ添った夫婦だけでなく、新婚さんでもセックスレスだと感じている人が実は多いんです。これは女性にとって大きな問題ですよね。別に仲が悪いわけではなくお互い好き同士なのにセックスだけがない、そんな関係の新婚夫婦もいるようですが、やっぱり寂しいですね。

女性としては、大好きな人にいつまでも”オンナ”として見てほしいものです。そこで今回、幸せなセックスライフを送るための生活のヒントをお届けします!

新婚の5人に2人がセックスレス

結婚情報サイトのゼクシィが発表しているデータによると、結婚して5年以内かつ彼との同居期間が2年以上ある女性に「セックスレスだと思いますか?」と尋ねたところ、「YES」と答えた人は38.8%となりました。

約5人に2人がセックスレスという数字は、新婚であることを考えると多い割合なのではないでしょうか。

理由のは「仕事で疲れているから」

男性が拒否する側の理由第一位が「仕事で疲れているから」です。働き盛りだからこそ、毎日体力的にも精神的にも疲れていてセックスする気にはなれないとのこと。仕事を持ち出されてしまったら女性は何も言えなくなってしまいますよね。

一方で、女性が拒否する側の理由第一位は「面倒くさいから」だそうです。面倒くさい、というのは元々セックスが好きじゃない、疲れている、彼のことが受け入れられない…など面倒くさいと思ってしまう理由をきちんと考える必要があるでしょう。

ベッド以外でできる予防策

ここからは、具体的にセックスレスにならないための方法をご紹介します。

実はハッピーなセックスライフを送るためには、ベッドの中だけ頑張ってもダメなのです。先に書いたように、セックスレスになってしまう原因は、「疲れている」「面倒くさい」など日常生活の延長線上に起こっていることなのです。普段の接し方からレスになるかどうかの道が始まっているのです。

①彼を「男」として見る

付き合いはじめたばかりのカップルには「??」というかんじでしょうか。長く一緒にいると、彼を「男」というよりは「親友」「家族」のような位置づけにしてしまう人が結構います。

しかし、あなたが彼を「家族」として見てしまったら、きっと彼は同様にあなたを「女」としてではなく「家族」として見てしまいますよね。付き合った当初は彼に対して、お母さんのように文句を言ったり叱ったりすることもなかったはず。下着姿でうろうろしたりすることもあり得なかったですよね?家族のような人とセックスする気になれないのは理解できると思います。

彼に「女」として見てもらうには、あなたがまずは彼を「男」として意識することが大切です。ぜひ彼に頼ったり甘えたり褒めたりして、彼自身にも「自分は彼女にとって素晴らしい男なんだ」と思わせてあげてくださいね。男性の性欲や性機能は「自分に対しての自信」が大きく関わってくるため、「男としてのプライド」を彼に感じさせてあげることがポイントです。

②普段のスキンシップを怠らない

普段一緒にいるときにたくさんお喋りしたり、手をつないだり、キスをしたりしていますか?一緒にいても無言でテレビを観ているだけだったりキスもご無沙汰など、セックスの前段階にあるスキンシップを怠っているふたりがいきなりセックスに至るわけがないですよね。

女性からベッドに誘うのは恥ずかしくても、手をにぎったりキスをしたりすることは自分でもできますし、お喋りは得意分野のはずです。また、「最近仕事忙しいみたいだね。大丈夫?」と声をかけてあげることも表情や雰囲気を察知するのが得意な女性ならではの気遣いです。

「セックス最近していないんだ」よりも「全然会話がないんだよね」の方が、カップルとして大問題ですよ!

③セックスだけで愛情を量らない

レスにならないために、最低月に1回はセックスしなきゃ!と意気込まなくても大丈夫です。例えば、「頻度は少ないけど毎回満足できる」ことと「頻度は多めだけどロマンティックさに欠ける」だったら、どちらがいいでしょうか?

セックスはカップルにとって大切なことですが、それだけで愛情を量れるわけではありません。「好きだからこそ手を抜きたくなくて、中途半端に彼女とセックスできない」ということを実際に男性から聞きました。

頻度はお互いのスケジュールなどの関係でどうしようもないこともありますし、頻度は少なくても愛情が感じられるから満足、と自分が思えればそれでOKなのです。そのことを踏まえて、自分は彼とのセックスで何を求めているのかを考えておくことをオススメします。さらにいえば、彼と共通認識を持つことができれば悩むことはなくなるでしょう。

最後に、気を付けておきたいこと

女子会で「最近してない」「将来どうなるんだろう」とセックスについてのお悩み相談会になること、実際によくあるのではないでしょうか?それほど誰にでも起こりうる身近な問題なのです。そんなときは小手先のテクニックではなく、日常のパートナーシップを見直してみてくださいね。

最後に一つ言えることとしては、彼女がセックスについて悩んでいるならきっと彼も悩んでいるはずです。彼が拒否している場合は、「なんで誘ってくれないの」「きっと私に魅力がないんでしょ」と彼を責めるのはやめましょう。プレッシャーがかかると、男性はさらにできなくなります。

彼女が拒否している場合は、その理由を勇気をもって彼に伝えてみて。「あなたのことが嫌いになったわけじゃないんだけど、」という言葉を絶対に忘れないでくださいね!

今回ご紹介した3つのヒントを参考に、これからも彼と幸せなセックスライフを送ってくださいね❤

 

▼あわせて読みたい記事はこちら♡

そろそろ本格移行♥女っぷりを上げるTバック。セクシーなだけじゃない効果がすごい

知ってた?幸せなパートナーシップのカギは2年目にある説!

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る