同棲体験談!一緒に暮らしてわかった……彼への気になるポイント5つ

kaboompics_Designer living room interior with a wooden box table and a light blue carpet (1)

この春から同棲を始めたというカップルは、一緒に住み始めて1か月ほど経ちますね。生活のペースも出来上がってきて、一息つける頃ではないでしょうか。

いざ実際に同棲してみると、彼の気になる点にストレスを感じている女性もいるかもしれませんね。今回は、一緒に暮らしてわかった彼の気になるポイントについて、体験談もまじえながらご紹介します。

①洗濯物をきれいに出してくれない

andy-fitzsimon-107470-unsplash

「靴下は裏返しのまま、ズボンのポケットには小銭が入ったままで出すのがストレス!何度言っても気をつけてくれないし、洗うのやめようかな」(30歳/受付)

同棲を始めたカップルで、まず不満が出やすいのがお洗濯。毎日のことなので、どうしても目に付きやすいですね。

「クリーニングに出すものまで一緒に洗濯機に放り込む」「柔軟剤の匂いにうるさい」など、手伝わないくせに文句だけは多かったら、それは確かにストレス……

ルールは明確にし(貼り紙も有効です)、守れないときは洗濯はしないなどきっぱりとした態度を見せましょう。

②掃除をしてくれない

kaboompics_Books and purple flowers on a wooden stool by the bed

「別々に暮らしている頃はちゃんとやってたのに、同棲を始めたら途端に掃除しなくなった。『仕事で疲れてる』って、こっちも一緒!」(31歳/事務)

お洗濯に並んで見逃せないのが掃除のこと。同棲を始める前は彼女を迎えるために欠かさなかった掃除も、一緒に暮らし始めると「やってもらえる」という甘えが顔を出す男性は多いようです。

「読んだ雑誌を片付けない」「勝手に掃除したら怒るくせに自分はやらない」など、これもルールを徹底する必要があります。週に2日は片付ける日を作る、物の置き場所を決めるなど、抵抗の少ないやり方を考えましょう

③食事のときまでスマホ

brooke-lark-229136-unsplash

「食べながらスマホを見る姿にイライラ。せっかく作ったのに、集中してもらえないって悲しい。ゲームなんか後でもいいでしょ!」(28歳/サービス)

味付けの好みが違っていたり、好き嫌いが多かったりと、食事の面で苦労する女性もいるでしょう

ですが、それ以上にストレスなのが「ながらスマホ」。黙々と箸を動かしながら目線は手にあるスマホなんて、食卓がちっとも楽しくありませんよね。

緊急の連絡もあるのでスマホの電源を切れとまでは言いませんが、「せっかくあなたのためにご飯を作ったのに、スマホに夢中になっているなんて……私は寂しい」と、自分の寂しい気持ちを”Iメッセージ”にして素直に伝えてみましょう

また、ご飯作りを当番制にして彼氏に作る大変さをわかってもらうのも効きますよ。

④イビキがうるさい

kaboompics_Enjoying evening with a Macbook in a nice bed (1)

「同棲するんだし、と買ったセミダブルのベッド。いざふたりで寝ると、彼氏のイビキがうるさい! これなら違う部屋で寝られるお布団にするんだった……」(34歳/営業)

イビキは、本人は寝ているので気が付かないけど、一緒に寝るほうからすれば大問題。寝不足が続くとイライラも募ります。

イビキは本人も知らないままのことが多く、「面と向かって言うと傷つけるのが怖い」ときは、ネットの記事などを見せて「あなたもチェックしてみない?」と音を録音するなど、まずは自覚してもらうことが肝心です

イビキは、無呼吸症候群など健康の面でも無視できない問題です。早めに知ってもらい、ふたりで対策を考えましょう

⑤時間にルーズになった

jacob-rank-111917-unsplash

「映画の約束をしても時間ギリギリまでソファに座っていたり、予約したお店も遅刻寸前までゆっくりしていたり、時間にルーズになったのがしんどい」(26歳/販売)

同棲を始めると、常に一緒にいる気の緩みから時間にいい加減になる男性もいます。決して動くのが嫌なわけではないけれど、彼女がすでに側にいるので「急がなくてもいいや」と思ってしまうようです。

一緒に暮らし始める前は、彼女を待たせると申し訳ない気持ちから時間を守ろうとする意識があったけど、同棲するとその焦りが消えるためついルーズな過ごし方になるのですね。

「早めに行ってゆっくりしたいな」など、自分の気持ちを伝えて彼氏に行動を促しましょう。ふたり一緒ならお出かけもこれまで以上に楽しいことを、彼にわかってもらえるようなデートにしたいですね。


一緒に暮らしてみないとわからないことは、たくさんありますよね。我慢するのはお互いさまかもしれないけれど、改善できるものはどんどん意見を出し合って解決の道を探すのが、居心地よく暮らしていく秘訣です。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る