ホワイトデーに何ほしい?上手に欲しいものをおねだりする方法

heather-schwartz-528936-unsplash

バレンタインに気合いを入れた女性にとって、ホワイトデーはお楽しみのひとつですよね♡お返しは何だろうと期待に胸を膨らませているはず。

バレンタインに彼に贈るのはチョコレートが一般的、ですがホワイトデーは……これといって決まっているものがないために、実は男性的に結構困るイベントのひとつだったりするようです。どうせならほしいものを贈ってもらった方が女性も嬉しいですよね♡

そこで今回は、ホワイトデーに上手に欲しいものをおねだりする方法をご紹介しちゃいます!

おねだり!の前に……

おねだりする前に、まず心得ておきたいのがバレンタインデー・ホワイトデーはセットであり、誕生日やクリスマスのようにプレゼントメインのイベントではないということ。プレゼントに関してはあくまでもセカンドイベントです。カップルにとってバレンタインデーとホワイトデーというのは、恋人同士のイベントでお互いの気持ちを確認し合う日……という認識でいる方が、お互いに気負いせずに過ごせますよね。

バレンタインデーに、彼のためにスイーツを手作りした人、彼の好みのブランドのチョコレートを贈った人、またはプラスαでちょっとしたプレゼントもつけた人、メッセージカードを書いた人……様々かと思います。その時の気持ちって、「喜んでくれるかな♡」ってドキドキワクワクしながら彼のことで頭がいっぱいだったのではないでしょうか。

そう、カップルにとってセカンドイベントだからこそ、誕生日やクリスマスよりも相手を驚かせることができちゃう素晴らしいイベントなんですよね♡だからホワイトデーには彼もあなたがバレンタインデーを迎える前のように同じ気持ちなのです。

上手なおねだりは「さりげなく」

相手のことを想う気持ちや考えている時間が何よりの愛の証なのですが、でもやっぱりホワイトデーに何もないのはちょっと……乙女心が傷付いてしまいますよね。でも、冒頭でも述べた通り、決まった贈り物がないホワイトデーだからこそ、彼が頭を悩ませている確率は高め。

悩みすぎて「面倒くさい!」となられてしまわないためにもさりげなく欲しいものを伝えてあげましょう♡そこで使える、さりげなさを保ちつつ上手におねだりするの方法をふたつご紹介します。

①必需品の買い替え期を匂わせる

girl-with-a-brown-sweater-picjumbo-com

まずひとつ目は、毎日使っているアイテムの買い替え期をさりげなくアピールすること。例えばバッグなら、コーデに合わせて変えるとはいえ、スタメンバッグってありますよね。そのバッグがそろそろ買い替えどきだったなら……「このバッグ、お気に入りだったんだけど、角が擦れてきちゃってそろそろ買い替え時かなぁ」とつぶやいてみてください♡

男性って、自分が贈ったアイテムを使ってくれているのを見ることで、「俺がプレゼントした物を使ってくれている」というその事実が嬉しく、さらに幸せを感じるみたいです♡必需品なら、ホワイトデーで渡した後も彼は「やっぱりこれを贈って正解だった!」って自信がつくのです♡プレゼントをあげたときも、あげた後も幸せを感じられるのは、必需品だからこそですね。

お誕生日やクリスマスではないので、ブランドなどを指定するのは欲張りすぎですが、「私は肩にかけられるバッグが好きなんだよね」などと使い勝手の良い形や素材、色を伝えておくのは、彼にとっても参考になるはずです♡

②彼の横で欲しい物をスマホでチェック

nicely-dressed-woman-using-her-phone-in-a-car-picjumbo-com

ふたつめの方法は、なくても困らないけれど欲しい物をおねだりする時に有効です。

例えばジュエリーなどですね。すでに持っているけれど他の物も欲しい場合。ダイレクトにおねだりするのも、彼に「これ、可愛くない?」と見せるのも絶対にNG!

ただでさえホワイトデー前ということで、いくら鈍感な男性であっても“おねだりされている感”は伝わってしまうもの。女性のそういう部分って男性からすると、「彼女の喜ぶ顔は見たいし、何でも好きな物は買ってあげたいと思うけれど……俺って本当に愛されてるのかな」とショックな気持ちになってしまうことも。

やっぱり自発的に相手のためにしてあげようという気持ちにさせなければいけません。そんな時はさりげなく彼の横で欲しい物をスマホでチェック!彼に「それ、欲しいの?」と聞かれたらこっちのものです♡

でも間違ってもここで「欲しい!」と言っちゃダメですよ。「可愛いなと思っているんだけど、ちょっと高いから……眺めて幸せな気持ちになってるの♡」くらい乙女チックな回答が正解!「なんて健気なんだ!俺が買ってあげたい!」と男性の保護本能をくすぐればこっちのものです。

欲しくないものはジャブを打っておく

man-with-a-bouquet-of-roses-picjumbo-com

今回は欲しい物をおねだりする方法、有効な方法を2つご紹介しましたが、欲しくないもののアピールをしておくことも忘れずに!!

例えばありがちなのが、花束ですね。お花好きな女子や恋愛初期のラブラブな状態であればまだしも、生花って結構なお値段がする割に枯れてしまい、しかもお手入れも大変。

でも男性って女性が思っているよりもロマンチックな生き物で、“花束を贈る俺”に酔いしれたり、「花束を贈れば女性は喜ぶ!」と思っている人も多いのが現実なんです。確かに、大好きな彼からの花束は嬉しいですが大人女子にとってはプレゼントプラスαの花束……というイメージの方が多いのではないでしょうか。

もし彼がお返しに迷いに迷って「欲しいものがわからなかったから、花束にしたよ♡」と言われたら……。心から喜べないホワイトデーほど残念なものはありません。今後の関係をギクシャクさせないためにも「お花って綺麗で可愛いけれどいつか枯れちゃうから悲しくなっちゃう」のようにさらっとジャブを入れておくといいかもしれません!


女友達の中に、いつも彼氏から欲しいものを贈られている人っていませんか?そういう人って、やっぱりおねだり上手なんですよね。そして真のおねだり上手は、「贈られた自分はもちろん、贈った相手も嬉しい気持ちにさせる」人。

上記の方法を実践すれば、あなたもおねだり上手になれちゃいますよ♡ホワイトデーでぜひ実践してみてくださいね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る