「彼を立てる」って何をすればいいの?すぐできる3つの方法

beach-couple-fashion-300960

男性から評価されるよくできた女性の条件のひとつが、「男性を立てられること」です。

男性を立てることが必要だと聞いたこともあるし、できなきゃいけないのもわかっている。しかし具体的にはどんな風にすれば良いのでしょうか?

男はプライドの高い生き物

casual-fashion-fine-looking-594610

男性はプライドの高い生き物。どんな男性でも、プライドは高いものです。

自分のことを認めてほしいし、褒めてほしいと思っている男性ばかりです。男性のその気持ちを理解して、女性が一歩引いて男性を立ててあげることによって、男性も嫌な気がしません。

それを大前提に、具体的な「彼を立てる方法」をご紹介していきましょう!

会計支払い権限は彼に任せる

食事の際に、支払いをどうするのかは彼に任せるようにしましょう。彼女だから出さない、ということではなく、彼に主導権を握らせるということです。

心の中では「割り勘かな?それともご馳走してくれるのかな?」と迷った時でも、彼がどうしたいのかを見計らってから行動するようにします。以下のような行動を見ると、相手が会計をどちらにするつもりかがわかります。

【割り勘の場合】
相手が割り勘にしたがっている場合の仕草は、以下のようなものがあります。
●「ひとりいくらだろう?」といいながら、おもむろにレシートをあなたにも見せる
●レジに行く時に、横目であなたが財布を出すか、じっと見ている
●レジで「別々で」と言われる
●財布を出さなかったら、「○○円だって」と言われる

【ご馳走してもらえそうな場合】
●あなたにレシートの内容を見せない
●あなたがトイレに行っている間にお会計が済んでいる
●「今日は何を食べてもいいよ」と言ってくれる

男性を立てるためには、実際に支払いがどうなのかということよりも、「男性が支払いをするように店側に見せること」が重要です。

デートでご馳走されるのが少し嫌だと感じる女性は、食事代を彼に持ってもらい、その後のカフェやデザートなどの費用をあなたが持つようにしてもいいかもしれません。

他人の前で彼を否定しない

彼と意見が違っている時に、指摘や反論、否定をしたくなる時もあるでしょう。

しかし、人前で彼女から意見を言われると、男性の顔が潰れてしまうこともあります。もしどうしても言いたくなった時には、ふたりきりになった時に言うようにしましょう。自分の感情を上手にコントロールできるのも、いい女の条件のひとつです。

男性はふたりきりの時と、みんなでいる時の顔が違う場合もあります。彼女の尻に敷かれているようなイメージを、周囲に与えたくないと思っている場合もあるのです。

他人の前で出しゃばらない

彼の言動がもどかしい時、ついつい彼より前に出て発言したりしていませんか?他人の前で、彼女が出しゃばらないことも彼を立てることのひとつ。

例えば、レストランでどのワインにするか迷っているとき。彼よりも自分の方がワインに詳しくても「このお料理にはこのワインのほうが合うから」などと言って、勝手に注文するのはやめましょう。彼の立場がありません。「お肉に合うワインがいいな~」などと言って、彼をリードしてあげるのが、賢い女性のやり方です。

先に述べた通り、男性はプライドが高い生き物。他人の前では、自分が彼女をリードしてかっこよく見せたいんです。


女性が一歩引くことは、男女平等の考えからすれば、「フェアじゃない」と思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし他人から「彼って素晴らしい」と思ってもらうような振る舞いを彼女がすることによって、彼のプライドも守られ、なおかつそんな男心をわかっている女性を連れていることに対しても、彼の株が上がります!

上手に彼を立てることができると、いいことばかりなんですよ♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る