「今は話しかけないでほしい」…彼氏のどんな態度から察してあげればいい?

stefan-stefancik-257627-unsplash

多くの男性が「何も言わなくても俺のことをわかっていてほしい」と彼女に対して思っています。特に、「今、話しかけないでほしい」という男性の態度はとてもよくわかります。

では、具体的に彼のどういった態度から「話しかけないで」ということを察すればいいのでしょうか?男性が「話しかけないで」という態度をまとめてみました。

男は言葉よりも態度で示している

そもそも男性は言葉ではなく、態度や行動によって自分の気持ちを表現しています。

彼の行動や普段の発言、態度などから想像力をかきたてて、彼を理解してほしいと思っています。ときには、「そっけないな……怒ってるの?」と思うような態度をとることもありますが、それにも何かしらのメッセージがあるのです。

具体的な態度とは?

では、彼のどんな態度から「今は話しかけないでほしい」という彼の気持ちを読みとけばいいのでしょうか?

目を合わせようとしない時

arnaud-mesureur-171432-unsplash

彼が目を合わせようとしない時は、「疲れているからそっとしておいてほしい」という合図かも。例えば、仕事から帰宅後、何も言わずに部屋に直行したり、すぐにソファで横になっているとき。

疲れているのは体だけではなく、心も疲れています。社会人になると、仕事で褒められる事は少なく、人間関係に疲れて、仕事関連でミスをした時など、気持ちが落ち込むことの方が多いです。

家に帰ってきたときぐらいはせめてリラックスして、のんびりしたいと思う男性が多いです。彼が疲れてしんどそうに辛そうにしているときには、すぐに話しかけるよりも、彼がリラックスするのを待ってから話しかけたり、行動に移したりしましょう。

彼の表情が険しい時

crew-88128-unsplash

彼がイライラして、ストレスが溜まっているときには表情が険しくなります。そういったときには「何があったの?」と根掘り葉掘り聞かずに、そっとしておきましょう。

オススメなのはおいしいものや甘いものなどを、彼の好物を食べさせることです。お酒が好きな彼なら、お酒を飲ませるのもいいでしょう。

胃袋を満たすと、気持ちも変わってリフレッシュします。気持ちが落ち着いて、険しい表情から柔らかな表情に変わった時に初めて「何かあったの?」と聞けば、彼はあなたに打ち明けたくなるでしょう。

何かに熱中している時

chad-madden-445638-unsplash

彼がテレビやスマホなど何かしら趣味に熱中しているときは、あまり話しかけない方が良いでしょう。

女性はテレビを見たり、音楽を聴いたりしながら自分の思いを感じたまま伝えることが得意です。しかし男性は一つのことに集中したら、別のことを同時並行するのが苦手な生き物です。

「ねえ、聞いてるの?」などと無理やり話かけても、彼は身が入りません。そんな彼の態度にあなたはイライラ……となってケンカの種になる可能性もあります。彼が何かに熱中しているときは話しかけない方が、お互いのためかもしれません。

どうしても話しかけたい時には?

彼が疲れて、精神的に余裕がない時だとしても、どうしても話しかけたい時もありますよね。そういった場合には話しかける前にこんなふうに声をかけてみてください。

「今話してもいい?」

この言葉をかけることによって、あなたが彼に対して気遣っている気持ちを表現することができます。もし彼があまり話したくないときには「今ちょっとごめん」と言ってくれるでしょう。

そうした気遣いの言葉を使うことも大事です。彼の気持ちに余裕がないときには無理に話しかけようとせずに、少しの時間そっとしておきましょう。


彼のことを理解するためには、彼の発言だけではなく、彼の行動や態度、癖や考え方や価値観などを理解し、そこから想像力を働かせることが大事です。

目を合わせてくれなかったり、表情が険しかったり、話を聞いてくれなかったり……そっけない!と思うような態度でも、彼のことを静かに観察することによって「話しかけないでほしい」ということがわかります。彼に質問するのも大事ですが、彼の態度や行動から何を考えているかイメージする習慣付けをしてみませんか?

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る