「ボク、運命の人です。」は恋愛の教科書!彼に愛され続ける4ルール

stocksnap_hpg1puzfxxv

2017年の春ドラマの一つ「ボク、運命の人です。」(日テレ系、土曜22:00〜22:45)は、亀梨和也演じる正木誠と木村文乃演じる晴子が、はじめましてからお付き合い、そして結婚まで(?)と進展していく恋愛ドラマ。運命の相手と知らされた晴子を振り向かせるために奮闘する誠からは、恋愛について学べることがたくさんあるんです❤

彼にずっと愛されたい!と願う大人女子もぜひ見習ってみてくださいね♪

1.偶然を否定しない

ドラマの中では「(偶然が重なるという)不思議なことが起こったとき、否定するより信じる方が楽しいじゃないですか」というセリフとして使われています。

彼との付き合いの中で、電話をかけるタイミングが一緒だったとか、お昼ごはんが同じメニューだったとか、そんな小さな偶然や不思議だなと思うことってありませんか?そんな時は「ま、そんな偶然もあるよね」と済ますのではなく、「すごいね!同じこと考えていたなんてなんか嬉しい❤」と偶然起こったことをステキなこととしてとらえるようにしましょう。

カップルが長続きする秘訣のひとつに、「ふたりの特別な思い出を積み重ねること」があります。楽しいこと嬉しいことはもちろん、ふたりで乗り越えた困難なことも含めて思い出に残る出来事が多ければ多いほど、ふたりの絆は強くなります。なんでもないふたりの日々にある偶然を特別扱いすること、そうすることでその偶然がとても意味のあるものに変わっていきます。

stocksnap_fi6qgvnyzrv

 

2.趣味を理解する

「相手の趣味を理解することは心を動かす」というセリフとしてドラマに登場します。

彼と自分の趣味や好きなことが一致するカップルは多くないと思います。釣り好きの彼や野球好きの彼、ゴルフ好きの彼、ゲーム好きの彼…そんな時に「私は興味ないから」と言ってしまわないように。決して一緒に釣りをする必要なんてなく、趣味を理解してあげるだけでOKです!

「海釣りって何が釣れるの?」「今まで釣った1番大きな魚は?」などと質問してあげるとなお良し。彼はとっても嬉しい気持ちになります。さらに、興味のないことを知ろうとしているあなたの姿に、彼はきゅんとくるはずです❤

dawid-zawila-237397

 

3.愛の押し売りをしない

「君がやろうとしているのは、押し売りだよ。相手の気持ちがゼロだとしたら、何をかけてもゼロでしょ」という誠の上司が言ったセリフから。

彼のためにやってあげたい、彼のために言わなきゃいけない…それ本当に?相手のためだと思っているけど、本当は自分のためなのではないでしょうか。例えば、彼のことが大好きだから毎日電話をしたいし、彼も嬉しいはず!とあなたは思っていても、彼の本心は「電話は嬉しいけど…疲れているし明日の朝も早いから正直しんどい」かもしれませんよ。愛だと思って当たり前にやっていることや言っていることを一度振り返ってみましょう。

2016年に大ヒットとなったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも、「好きならば、愛があればなんだってできるだろうってそんなことでいいんでしょうか?」というセリフとともに”好きの搾取”という言葉が話題になりました。愛の押し売りの線引きは難しいところなのです。

toa-heftiba-251316

 

4.努力あってこその運命

山下智久演じる神(謎の男)が誠に言ったセリフ「先に教えてもああはならないから。君の努力があってこその運命だから」。

彼と出会って恋人同士になったことは運命だったのかもしれませんが、あなたが自分を磨く努力をしていたからで結ばれたのです。反対にあなたが自分磨きを頑張っていなければ、彼と出会っても恋人同士になれなかったかもしれません。「運命」という言葉はとてもロマンティックですが、運命だけに振り回されてはいけません。自分で運命を切り開く努力は必要なのです。

彼との結婚も同様です。そろそろタイミングかな?なんてぼんやりしていては、結婚への道はないかも。努力あってこそ、彼は運命の人となり得るのです。

couple-2300099_1280v

 

いかがでしょうか。ドラマ「ボク、運命の人です。」は付き合う前の男女のストーリーから始まりますが、すでに彼がいる女性にも通じると思いませんか?ご紹介したルールを実践して、いつまでも愛される彼女を目指しましょう❤ちょっとの心がけで彼との運命が変わるかもしれませんよ❤

関連記事

ページ上部へ戻る