「重い女」になってない?男性がお付き合いを考え直したくなる瞬間5つ

pexels-photo-575453

最近、彼の様子が何だかヘン。連絡も減ってきたしデートも乗り気じゃないし……。私、何かした?

彼からの愛情が感じられないと思った時は、一度自分の行動を振り返ってみましょう。もしかしたら、あなたの振る舞いを彼が重いと感じているかもしれません。

男性がお付き合いを考え直したくなる瞬間についてご紹介します。

彼女が重いと別れたくなる

最初のころは順調だったのに、最近彼の様子が素っ気ない気がする。

こんなとき、彼のことが好きであればあるほど、焦って何とかしようとします。

尽くし方が足りないのか、または何か嫌われるようなことをしたかも、とあれこれ考えますが、一番控えたほうが良いのは「彼をかまい過ぎること」です。

彼の気持ちがはっきりしないうちにこちらばかり動いてしまうと、見当外れだった場合はさらに彼の愛情が遠ざかります。

もしかしたら、あなたの関心が彼に向きすぎていてそれを「重たい」と感じている可能性もあります。

男性が交際をやめたくなるのは、彼女の存在を重荷に感じるとき。

それは、彼女のほうはなかなか気が付きにくく、修正できない間に別れ話を切り出されるなんてことにもなるので、早めに手を打つのが肝心です。

実際に、どんなことがあると男性は彼女を感じてしまうのでしょうか。5つのポイントをご紹介します。

①連絡が頻繁すぎる

stocksnap_98hf1o1i55

朝起きての「おはよう」から夜寝る前の「おやすみ」まで。四六時中彼女から連絡が来ることは、最初は嬉しいと思ってもいつまでもそうだと相手をするのがつらくなってきます。

特に、「今日のランチでこれを食べたよ」などただの報告のようなLINEやメールは、その都度返信を考えるのも面倒だし、決して彼の愛情を増やすものではありません。

見て欲しい写真などは時間がある夜にゆっくり送ったり、仕事中は意味のないメッセージを送るのは控えるなど、彼の生活を尊重する姿勢が大切です。

②束縛が激しい

pexels-photo-132589

約束がある、と言えば「どこに行くの?」「誰と一緒なの?」と詳細を訊かれる。まったく関心を持たれないのも寂しいですが、束縛は度が過ぎれば「監視されている」と取られ、息苦しく感じる男性もいます。

また、「俺って信用ないのかな?」と思うと、男性はあなたに予定を言わなくなります。愛情を疑われるようで悲しくなるのですね。

まずは彼のことを信じること。むやみに束縛することは、あなたの愛情も疑われてしまいます。

③「好き?」と確認ばかりする

stocksnap_txvr261y8c-1

彼の気持ちを疑っているのではなく、単純に言って欲しいだけのときってありますよね。

ですが、何度も気持ちを訊かれるのは、男性にとって面倒くさいことです。「わざわざ口にしないとわからないの?」と思ってしまうし、言わされていると感じて嫌になります。

男性にとって、「好き」という言葉は簡単に言えるものではなく、「ここぞ」というときに使いたい大切な愛情の証。交際に真剣な人ほど、普段は言葉より行動で愛情を伝えようとします。

そんな自分を理解してもらえていないようで、気持ちの確認ばかりされると彼女を重たく感じるのですね。

④喧嘩のたびに別れ話が出る

stocksnap_izjksg1flk

ちょっと関係がつまずくことがあるたびに、すぐ「もう別れたい」と言う。簡単に別れ話を切り出されると、男性は「そんな軽い付き合いだったのか」と思います。

最初は別れたくないからと彼女を説得していても、いつまでも切り札のように使われると疲れてしまいますよね。喧嘩のたびに別れ話を持ち出すことで、関係をゲーム感覚に扱っていませんか?

引き留めて欲しいと思っていても、別れを簡単に口にできる女性を男性は信じられません。

⑤感情の起伏が激しい

stocksnap_yb6pcv727b

すぐに怒ったり泣いたり、喜怒哀楽の激しい女性は男性を振り回します。

嬉しいことや楽しいことを表現するのは良いのですが、ネガティブな感情をあからさまに出すのは子どもっぽく見えて、人間性が未熟だなと男性に思われます。感情をコントロールできない女性と楽しい時間は過ごせませんよね。

気に入らないことがあるとすぐにキレるような女性は、男性にとっていつまでも気持ちが落ち着かない不安定さが重荷に感じられます。


自分では「愛情表現のひとつ」と思っていることでも、男性から見ると相手をすることが大変だったり面倒だったり、リラックスして過ごせないことが重たいと感じさせます。

彼をかまいすぎてしまうのは、それだけ好きなことの一方で彼にも受け止めることを強制するので、疲れさせてしまうのですね。

ふたりが心地よいと感じる距離感でないと、お付き合いは続きません。「重い女」にならないように、自分の振る舞いを普段からチェックしておきましょうね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る