どんなに好きでも、結婚は考えた方がいい男性の特徴5つ

pexels-photo-67095

「好き」だけではやっていけないのが結婚生活。恋人としてお付き合いしているうちは良いけど、いざ結婚となると本当に幸せになれるかどうかはまた別の話です。長い人生を共に過ごすなら、やはり男を見る目はしっかり持っておきたいですね。

「結婚は考えた方がいい男性」とはどんな特徴があるのか、ご紹介します。

結婚を考え直すのは大切

pexels-photo-72634

結婚はもちろん愛情がなければできません。お互いを思いやる気持ちがないと、どんなお金持ちであっても幸せとはいえませんよね。

「いつかはこの人と……」と夢を見るのは誰もが同じかもしれませんが、あまりに結婚に焦りすぎると、肝心な相手の人間性を見失います。本当は見過ごせないような不安があるのに、「結婚すれば何とかなるだろう」では済まないのが現実です。

恋人として過ごす分には何とか目をつぶっていられることも、夫になるとそうはいきません。結局、苦労するのはあなた自身。結婚後に後悔するより、結婚する前にしっかり相手の人間性を見極める目を持ちましょう。

どんなに好きでも、結婚に向いていないと思ったら考え直すことも大切です。自分の恋愛には自分で責任を持つ姿勢を忘れないでくださいね。それでは、実際に結婚に向いていない男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

お金の管理ができない

ギャンブルにハマっている、後先考えずに買い物をしてしまう、貯金ができないなど、お金の管理ができない男性は要注意

付き合っているときは別々のお財布でも、結婚して同じ家計になるとあればあるだけ使ってしまうのがこのタイプです。また、お金がないとわかると隠れて借金を重ねる可能性もあり、いつまでもお金に苦労することになります。

趣味など自分が最優先

いつでも自分のことが最優先、彼女とのデートより趣味の時間を大切にするような男性も、結婚には向いていません。

もちろん自分の時間を持つことは良いのですが、愛する女性を顧みないのはそれだけ人を大切にできないことと同じです。結婚して子どもができても、家庭より自分の時間を楽しもうとする人だと困りますよね。

味覚が合わない

味覚の違いは人それぞれですが、問題なのは「合わせる気があるかどうか」。何を出しても「好みの辛さにアレンジしないと食べない」など、偏った食べ方をされると毎日の食事もストレスになります

外食しようと思っても、好みが違えばお店選びから揉めることになるし、ふたりで楽しめないのは悲しいですよね。味覚の違いは、お互い歩み寄ることができなければ一生苦しむ、と思いましょう。

自分の意見がない

優しいし、何でも言うことを聞いてくれるような男性。一見すると結婚に向いている気がしますが、実際は「ただ流されているだけ」「自分の頭で考えていないだけ」と、女性に任せきりにしている場合があります。

結婚生活では、人生の中でも大きな決断をする場面が何回も訪れます。そんなときでも「君の好きにしていいよ」と放りっぱなしにするのは、実は無責任な証拠。頼りがいのない男性は、それだけあなたの苦労が増える可能性があると思いましょう。

付き合いが多い

友人が多くてよく付き合いの場に出向く。人脈が広いのは良いことですが、こんな男性も実は結婚に向いていないことがあります。

彼女との時間より他人との付き合いを優先するような男性、「これも仕事だよ」で片付けてしまうような男性は、結婚しても変わりません。つまり、家庭より他人との時間を大切にするのですね。友達が多いことと付き合いが多いのはまた別です。しっかり家庭にも向き合ってくれる男性でないと、良い夫婦にはなれませんよね。


「好きだから」と相手の欠点に目をつぶってしまうと、結婚後まで苦労することになります。好きな人だからこそ、結婚後の生活をシミュレーションして無理だなと思ったなら、考え直す機会を持ちましょう。話し合うことで解決するチャンスもあります。

幸せな結婚生活を送るためにも、男性の人間性から目をそらさないでくださいね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る