「結婚したいと思われる女性」と「彼女どまりの女性」の決定的な違い3つ

charlie-deets-106606-unsplash

自分に愛情があれば彼は必ず結婚まで考えてくれるはず、と思う女性は大勢いますが、実際はそう単純でもないのが男心。残念ながらいつまでも彼女の立場から進めない女性もいるのが現実です。

結婚は男性にとっても人生の一大事、妻候補の女性にはシビアな目をむけているのです。「結婚したい女性」と「彼女どまりの女性」の違いについて、ご紹介します!

男性が「結婚したい」と思う女性って?

結婚はもちろん愛情がないとできませんよね。「こんなに好きなんだから、結婚してもうまくいくはず!」と女性は気持ちが先行しがちですが、男性のはもっと現実的に結婚を考えています。

毎日の生活を共にするなら、衣食住が整っていることはもちろん、将来に備えて貯金もしたいしお互いの家族も大切にしたいと思いますよね。特に仕事が人生から切り離せない男性にとっては、「家庭のことをしっかり考えて欲しい」と妻になる人には願うもの。共働きになるとしても、家を任せられる女性であって欲しいと思うものです。

安心して仕事に精を出せる家庭であって欲しい。もちろん自分も家事や育児を手伝うけど、やはり家庭のことは妻に率先して守ってもらいたい。こんな希望があるので、結婚を考えるとどうしても女性をシビアな目で見つめがち。「彼女としてはいいけど、結婚は無理かな」と判断してしまうことも、残念ながらあるのです。

では、「結婚したい女性」と「彼女どまりの女性」の決定的な違いはどこにあるのでしょうか

精神的に自立している

courtney-prather-528663-unsplash

多くの男性が、妻となる女性には思いやりを求めます。仕事で忙しいときでも支えてもらったり、友人や家族にも配慮があったりと、他人を大切にする姿勢は長い人生を共にする上で欠かせません

そのためには、女性が精神的にしっかりと自立していることが必要です。いつまでも男性に甘えてばかり、依存してばかりの女性では頼りなく、結婚しても自分の負担が大きいようでは安心して過ごせません

また、親族との付き合いではやはり妻の存在は欠かせないし、子どもができれば育児をすることになり、自立できていない女性だと不安ばかりで任せられませんよね。

自分のことに責任を持ち、みずからの考えで動ける女性は男性にとって心強い存在。共に生きるパートナーとして、信頼できると思えます

金銭感覚がしっかりしている

pete-bellis-408976-unsplash

結婚すると家計がひとつになる家庭も多いでしょう。子どもを持つことや家を建てたいなど、将来に計画があるなら貯蓄も増やしたいですよね。

後先を考えずに欲しいものは何でも買ってしまう、貯金もないどころかクレジットカードの支払いに追われているような女性では、家計の管理を任せることができません。自分で稼いだお金が知らない間に使われていた……なんてショックですよね。

極度の節約思考でケチなのも問題ですが、金銭感覚が合わないと感じる女性は妻にしたいとは思いにくいものです。

毎月のお給料でしっかりやりくりしている、また目標を決めて貯金しているなど、お金の使い方が堅実な女性は、男性にとって結婚後も安心して暮らせると感じます

女らしさを忘れない

jess-watters-491720-unsplash

結婚すれば、長い時間を一緒に過ごします。お互いに年齢を重ねれば、顔や体系などに老いを感じることになりますよね。

付き合っている彼女が、いつもボサボサの頭に適当な服、部屋も片付けないし自炊も嫌がる。こんな状態で結婚しても、幸せな生活が送れると思うでしょうか

いつも完璧なメイクで家事もばっちりである必要はありませんが、やはり女らしさは妻にしたい女性に忘れて欲しくないところ。視覚から刺激を受けやすい男性は、毎日顔を見る妻には「いい女と結婚したな」と思いたいものです。

顔の造作や体型だけが女らしさではありません。愛嬌のある笑顔であったり自分に似合う服を知っていたりと、個性を大事にする姿勢を持つ女性こそ、男性がいつも一緒にいたいと思える存在なんです。


「彼女どまりの女性」となるのは、どこかで男性に心配の種が残るからです。結婚生活は楽しいことばかりではありません。苦しいときや大変なときでも一緒に力を合わせて乗り切れる力を、男性は妻となる女性には求めます。

「結婚したい女性」とは、ひとえに信頼できる人間性であること。現実的に結婚を考える男性の立場になって、もう一度自分の振る舞いを確認してみましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る