デート中、彼女のこんな態度はNG!彼氏のホンネ

hunter-newton-492914-unsplash (1)

お付き合いの深さやお互いのキャラクターにもよりますが、デート中のあなたの何気ない態度が彼の心にマイナスイメージを与えているかもしれません!

たいていの男性が、デート中に彼女にされる態度で「どうかな?」と思っていることをいくつかご紹介します。当てはまったら要注意!

スマホいじり

paul-hanaoka-608788-unsplash (1)

なんとなくずっとスマホを手にしている、見ているだけではなくて、なにかを送信したりしている……「なにしてるの?」と聞いても、「別に、なんでもないの」という返事。彼は何でもない風を装っていますが、内心ではとっても気にしています!

デートの最中は、マナーとして相手に集中するべきです。どうしても必要なときは、きちんと断ってからにしましょう。

また、通話着信に対しては長電話をしないように気をつけてくださいね!

話を聞いていない

質問されていることに気づかずに、「今、話聞いてた?」と彼に言われたことはありませんか?

せっかくのデートで、コミュニケーションがきちんととれていないのはもったいないことです。彼は、忙しい合間にデートをしてくれているかもしれません。

話も聞いてくれない相手とのデートには、彼もそのうち身が入らなくなってしまいます

おごられてあたりまえ

allef-vinicius-468838-unsplash

若いカップルだと「デートは割り勘」という人もいるかもしれません。でも、彼がいつもおごってくれるという女性は要注意。おごられることが当たり前の感覚になっていませんか?

そして彼がお支払いをしてくれたときは、きちんとお礼を伝えてますか?「ありがとう」「ごちそうさま」、そういう感謝の言葉は彼の心に残るものです。

反対に、何も感謝の言葉と伝えていないことも、男性は覚えているものだったりします。 お店を出た瞬間にお礼を言う、ということを習慣づけちゃいましょう。

何度も遅刻する

遅刻を繰り返すことは、絶対にタブーだと思ってください。社会人として考えると、仕事上で遅刻はありえないからです。デートの場面だとしても、「だらしない人」という印象が付いてしまうかもしれません。

よく遅刻する人が、特に気を付けたいのが映画やレストランの予約など時間が決まっている予定。あなたの遅刻のせいで予定が崩れてしまうことは、彼にとても失礼です。「映画の1時間前にカフェで待ち合わせる」など、自分なりの工夫をしてデートプランをたてましょう。

そしてどうしても遅れるときは、連絡をするのを忘れないでくださいね!

ドライブ中に寝る

mark-jefferson-paraan-265175-unsplash

助手席で彼女が寝てしまうのは、男性にとっては運転を信頼してくれているからともいえますが、あまりよくは思われないでしょう

ご飯を食べてお腹いっぱいになった後などは、うとうとしてしまいがちですが、眠気覚ましのガムなどを噛んで彼と一緒に頑張りましょう。音楽をかけて彼と歌いながらドライブ、というのもいいですね!

お手洗いの時間が長い

お化粧直しには多少時間を要するかもしれませんが、男性はあまりそのへんのところは理解できません

レストランで長く席を空けるのはそもそも失礼ですし、ショッピング中などでもあなたを待っている間に「疲れたなー」などと思われる可能性大。

男性はなんとなく待つことが苦手で、じっとしていることも苦手です。もしお化粧直しをしたいなら「メイク直したいから、そこらへんブラブラしてていいよ!終わったら連絡するね」など一声かけると◎!

食事中のマナーが悪い

travis-yewell-500717-unsplash

実は、食事のマナーは育った環境がとても反映してしまう場面。

彼がかなり厳しくしつけられている場合、ほんの些細なことが幻滅につながることがあります。たとえば、テーブルに肘を突く、左手を食器に添えない、口に食べ物を入れて話す、お茶碗ではなくお皿を持ってしまうとか。

自分では知らないマナーもあるかもしれません。ごく普通のマナーでいいので一度おさらいしておきましょう。

酔っぱらい過ぎる

楽しくお酒を飲んで、お互いにいい気分になったというなら問題なく、むしろ彼も嬉しいはず。

でも、あまりにもあなたが一方的に飲みすぎて酔っぱらってしまうのは考え物。酔っぱらうと口が悪くなったり、声が大きくなったり、自分では気が付かない失態をしてしまうことがあります。

なかなか難しいかもしれませんが、お酒の席でも彼の様子に十分注意して、自分だけ酔っぱらい過ぎることのないようにしましょう。


デート中、彼女のこんな態度はNG!男性の本音をご紹介しました。

全部「え、こんなことが?」という驚くことなどではなく、「やっぱりそうだよね」と共感できることだったのではないでしょうか?というのも、自分がやられても嫌なことだから。

彼女だから、ということではなくて人としてのマナーが基本ということです。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る