彼女と結婚しよう!男性が結婚を決意するときって?

tekang-637191-unsplash

男性が交際中の彼女と結婚しようと決意するのは、どんなときなのでしょうか?

長く付き合っていれば結婚を意識するかというと、そういうわけではありません。彼女と結婚したいと感じるときをまとめてみました。

好きだけで結婚を決意するわけではない

austin-pacheco-701782-unsplash

男性が交際中の彼女に結婚を決意するのは、いろんな条件や状況が重なったときと言われています。

例えば、仕事での立場が安定したり、金銭的に余裕が持てたときなど。そのときに、彼女のある言動によって「やっぱり自分の彼女は素晴らしい人だ」と思えたときが重なると、男性は結婚にぐんと意識が向きます。

では、どんなときに、「彼女は結婚相手にふさわしい素晴らしい人だ」と彼は思うのでしょうか?4つご紹介します。

彼の気持ちに寄り添っている

男性は自分のプライドをとても大事にしています。女性から見ると、とてもちっぽけなプライドに見えたとしても、彼の気持ちやプライドを大事にしてあげましょう

彼の気持ちに寄り添った発言に、彼女からの大きな愛情感じます。例えば、彼がする事はどんな時も認めてあげる、否定はしないようにする、など。それだけで彼女と一緒にいると、居心地が良くなります。

何歳になっても男性は認めてほしいもの。承認欲求を満たしてあげることによって、居心地の良い彼女を手放したくないと彼は思います。

会話がきちんとできる

「会話ができるなんて、当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?彼に会った時に、自分のことをひたすらベラベラ話していませんか?彼が話しているときに携帯を見たりよそ見をしていませんか?感情的に言葉をぶつけることはありませんか?

例えば、彼女の感情が高ぶって泣きながら訴えるのは、彼をうろたえさせるだけ。男性は説明がほしいのです。どうしても何か言いたいときは、話し始めに「まずは話を聞いてね」や「聞いてほしいだけなんだけど」と伝えると、彼はどう接したらいいのかわかります。そういうことが言える女性のことを、「きちんと会話ができる人」だと男性は思います。

ただ言葉を交わしているだけでは、会話ができているわけではないということです。

普段の愛情表現が豊か

彼女の愛情表現が少ないと、男性は「本当に自分のことが好きなのかな?」と不安になります。結婚は一世一代の決心。そんな不安の気持ちのままでは、結婚を決意できるはずがありません

普段から彼女からの愛情感じてるかどうか、は彼に結婚を決意させる大きな要因です。彼の愛情のバロメーターが満たされていることが大切です。

ただ、男性は言葉にしないと伝わらないこともあります。彼への「好き」という気持ちを、態度ではなく言葉でわかりやすく伝えてあげてくださいね♡

悪いことは叱ってくれる

彼が明らかに道理に合わないようなことをしたときには、彼女がきちんと叱ることも大事です。

彼が道理に外れることや筋が違うことをしても、「まぁしょうがないよね」と彼女が甘い態度をとるのはNG。彼は「叱られなくてラッキー」と思いつつ、「ゆるくて甘い彼女、奥さんにするには頼りないなあ」なんて、自分勝手なことを思ったりします。

大人になると、人から叱られることって減りますよね。ダメなことはダメと、彼の気持ちを配慮しながらも叱るのは彼女だからできることです。

そして、その後にしっかりフォローしたり精神的にサポートしてくれる彼女の存在を、彼は特別な存在だと感じるようになるのです。


男性は好きの延長線に「結婚」があるわけではありません。彼女のひとつひとつの言動の積み重ねを経て、「彼女と結婚したい!」という瞬間が訪れるるんですね。

ご紹介した4つのことをぜひ心がけてくださいね。そうすれば、彼があなたと「結婚したい!」と思う瞬間がきっと訪れますよ♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る