プロポーズ一歩手前だったのに…男性の”結婚欲”がさめるのはこんな時

brooke-cagle-274473

彼とのお付き合いが順調に進んでいき、もうそろそろプロポーズ間違いなし!と思っている人。

正直、プロポーズされるまで、何があるかわかりません。

ブライダルダイヤモンド専門店・銀座ダイヤモンドシライシによる未婚男性&既婚男性500名の、プロポーズと結婚に関する本音調査で、興味深い結果が明らかになりました。

結婚欲がさめた男性は1割超え

samuel-zeller-27200

調査結果によると、結婚を考えていた彼女との結婚欲がさめてしまった経験を持つ人はなんと16.4%もいるのです!

結婚はタイミングが大切という話を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、何かのきっかけで結婚への勢いをなくしてしまうと一瞬で結婚欲がさめてしまうようです。

結婚まで考えるほど真剣な付き合いだったのに、結婚欲がなくなってしまうとは…女性にとっては恐ろしい事実です。

さめた理由5つのポイント

allef-vinicius-111741

実は、男性の結婚欲がさめてしまった理由のほとんどは、5つに分類されたのです。

彼あり女性の皆さんは、理由をちゃんと知って対策を考えるべきです!

価値観が合わない

何年も付き合っていても、価値観が合わないと思うことは仕方がないはずです。でも、いざ結婚を意識し始めると、何事にも敏感になってしまうのかも。

●一緒に暮らすと考えると、あれ?と思うことがあったから
●彼女の日々の生活態度を見た時
●同棲していたので、生活してみると価値観が違うことがあった

価値観の不一致が残念な結果を生まないよう、彼とコミュニケーションを日頃からきちんととっていくことが第一の解決策となりそうです。

家事に消極的

男女平等、女性の社会進出、という世の中になった今でも、やっぱり家事に積極的な女性が、男性にとっては魅力的なのかもしれません。

●部屋が汚かった時
●ごはんを作ることをしなかったり、家事を積極的にしようとしなかったので

家事が苦手でも、彼あり女性はここが頑張りどころです。苦手でもいいから、やってみる。そんなひたむきな姿勢を彼に見せるだけでも、印象は違うはずです。

お金にルーズ

男性はお金のことに関して、結婚を考えるとよりシビアになります。共働き夫婦の多い世の中になったとはいえ、男として家庭を支えていかなければならないという責任感があるからです。

●金銭面でルーズと分かった
●自分の経済力にしか興味を持ってなかったから
●金遣いが荒いことを知った
●一緒にいてお金の管理を任せられないと思った

金銭感覚は人によってそれぞれ。例えば、「タクシー移動はもったいないと思うか」など彼がどんな金銭感覚をもっているかを、まず把握することをおすすめします!

独り身希望

とっても自己中回答である「やっぱり独り身がいいと思った」。でも人間は、良いことも悪いことも、変化することに抵抗を感じてしまう生き物なんです。独身ライフを楽しんでいる男性にとって、「このままでいいや」と思うのは全然あるコトなのです。

●一人のほうが楽だと考えた
●独り身は楽
●独り身をもう少し味わいたかった
●結婚しなくてもいいかなとなんとなくおもってしまった

自己中に思えますが、「だけど、やっぱり彼女と結婚したい!」と思わせることが賢い女性のやり方。自分と結婚することの価値、そして結婚しないことの不利益を彼に感じてもらうことが大切なんです。

飽きちゃった

恋愛の賞味期限は3年、といわれるように恋人同士でずっとトキメキが続くのは難しいことなのかもしれません。人間の仕組みなので仕方がないんです。

●他に目移り
●あきちゃったから

ここでのポイントは、「恋」ではなく「愛」に移行できているかどうかかもしれません。トキメクことで燃え上がる恋ではなく、お互いの存在をまるっと受け入れて互いに必要不可欠の存在となれる愛が重要なんです。そうすれば飽きたからとはいえ、結婚を辞めるということにはならないのです。


「家事に消極的」「お金にルーズ」など結婚欲がさめる5つのこと、男性のリアルな声を聞くとなんだか怖くなってしまいますよね。

でも、結婚欲がさめるポイントを知っていれば今のうちに対処ができるはず!賢く戦略的な女性になって、彼からのプロポーズを勝ち取りましょうね❤

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る