結婚式の引き出物の選び方!知っておきたい相場やマナー

pexels-photo-264771zz

結婚式の準備は、ドレス選びや招待ゲストの選定、招待状の発送、アイテム作り、お料理・演出・BGMの決定など、やることがたくさん!

そして、同時に、ゲストへ贈る「引き出物・アイテム」も考えなければなりませんね。引き出物は、ゲストへお渡しして形に残るものですから、慎重になるプレ花嫁さんも多いはず。

そこで、引き出物の選び方の基礎知識と、相場やマナーを詳しく解説していきます!

引き出物は何のため?

stocksnap_oypb0sve0vc

そもそも、引き出物とは何のために渡すものなのでしょうか?

引出物は、宴の席で「お土産の馬を引き出して見せた」のが名の由来と言われます。

結婚式の引き出物は元々、結婚披露宴に供された料理の一部を披露宴出席者の家族へのお土産として持ち帰ってもらうものとされていました。

バブル景気以降は、お礼を表す記念品という意味合いが強くなり、今ではモノやカタログギフトを贈るようになりました。

本来はお土産という好意で引き出物を贈っていたわけですが、現在では引き出物の品数やクオリティでゲストにお金のかけどころ見られる…なんていうプレッシャーが正直ありますよね。

引き出物の相場やマナー

kristina-balic-63248c

引出物+引菓子、もしくはそれに「かつお節」などの食品を1品加えるといった組み合わせが一般的となっています。

引き出物を贈るときに、どのくらいの金額が適切なのだろう悩みますよね。

金額の相場はご祝儀の10分の1が目安です。例えば、3万円のご祝儀であれば3000円程度が目安・・・ということになります。(引用元

引き出物の相場としては、披露宴の飲食費の3分の1を目安に考えるといわれています。したがって、例えばゲストひとりあたりの料理と飲み物が15,000円の披露宴を用意する場合の引き出物は約5,000円が目安ということになります。(引用元

上記のような目安があります。ただ、この金額を目安に、友人と上司、親族でお贈り分けをする場合が多くなっています。

mira-bozhko-196730c

引き出物の金額が高い順番に、親族←上司←友人となります。親族は今後も長いお付き合いになるから、上司はご祝儀を多く頂くことを予想して、引き出物を少しランクアップさせることが多いようです。

親族…一人当たり平均 9,886円
友人…一人当たり平均 5,586円
会社関係…一人当たり平均 7,542円
※一人当たり平均 7,686円 (データ元

引出物に添えて渡す引菓子は、1000円~1500円程度で選びます。

知っておきたい地域性

また、引き出物は地域によって様々なしきたりが存在します。

例えば、会費制結婚式が主流の北海道では引き出物にかける額が控えめだったり、石川県では鶴亀と紅白のおまんじゅうを付けることが一般的だったり。また、名古屋では「両手に持ち切れる引き出物は恥」であり引き出物はなるべく大量に用意することが望ましいとされていたそうです(現代ではその感覚は薄れつつあります)。

自分の住んでいる地域や出身地域のご祝儀のしきたりを、上手に取り入れてみるといいでしょう♪

知っておきたいタブー

地域差がある引き出物ですが、全国的にタブーとされていることがあるので覚えておきましょう。

◆「猿」の絵など「去る」を連想させるものはダメ
◆離婚、再婚を連想させるため「重箱」はダメ
◆「切れる」刃物などは避けるべき
◆「分けられる」偶数の品数は避けるべき

ただし「引出物と引き菓子1つずつ」にして1品に予算をかけたり、「引出物と引き菓子、しきたり品で計3つ」、「引出物3つ、引き菓子としきたり品1つずつで計5つ」にするなど、その内訳には地域差も絡んでさまざまなケースが見られます。(引用元

 基本的には、「忌み言葉」と呼ばれる、縁起の悪さを連想させる言葉を使わないことがルールです。

みんなはどう選んでる?

92c54b914a1ad71571495eaa14bf5f48_sd

引き出物などのギフトを選ぶ際は何をポイントしているのでしょうか。

【引き出物を選択する際の重視点上位3項目】
1位:実用的であること 69.8%

2位:好き嫌いがない無難な品であること 60.1%

3位:持ち運びが便利であること 31.5%

引き出物の重視点をみると、「実用的であること」が最も高く、年々増加傾向にあります。(データ元:ゼクシィ結婚トレンド調査2016

カタログギフトの賛否

magazine-791046_640c

上記の理由から引き出物で人気のアイテムは、食器やタオルなどです。中でも一番人気は「カタログギフト」!

「欲しいものをもらうことができる」や「持ち運びが楽」というのが、ゲストにとっての大きなメリットですよね。

ただ、「ハガキを送り忘れる」や「個性がない」「結婚式の思い出に残らない」などカタログギフトのデメリットもあります。

一番人気がカタログギフトだからと言って安易に選ばず、様々な意見を踏まえて引き出物を決めた方がいいでしょう。

また、カタログギフトと一括りにしても、百貨店やセレクトショップ、バラエティショップなど扱うお店によって商品内容の特徴があります。ゲストの顔ぶれを思い浮かべて、ゲストによってカタログを変えるのも一つの方法ですね。


結婚式の引き出物について、理解を深めることができたでしょうか?

引き出物は、結婚式の後にも形として残るものですし、ゲストが家へ持ち帰って家族に話をするきっかけにもなります。なので、基本的なマナーはおさえておきたいものです。

結婚式場では引き出物の紹介をしてくれますので、わからないことがあればプランナーさんに聞いてみてくださいね♪

また、結婚式場が紹介する引き出物ではなく外部から引き出物を取り寄せたい場合は、「持ち込み料」がかかることもあります。

こちらも併せて、結婚式場に確認することをおすすめします。

 

▼こちらの記事もチェック

婚約から結婚式までの期間は?結婚準備の意外な事実と押さえるポイント

ドレス、料理…結婚式っていくら必要?平均予算と選び方のコツまとめ

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る