「離婚したくなる亭主の仕事」。夫の仕事が原因で離婚を望む妻が増加!?

kaboompics_Jezu nie wiem

結婚したときの幸せは生涯続くわけではないのでしょうか……。

「離婚したくなる亭主の仕事」という調査の結果によると、「夫の仕事」「夫の給与」が理由で「離婚まで考える」という女性が多いということがわかりました。(リスクモンスター株式会社調べ

結婚を考えている&Lady読者の皆さんは、”既婚女性の事実”として今回の記事を読んでみては。

妻の約半数が夫の仕事に不満

background-colors-couple-958169

調査で夫の仕事に対する不満があるかと聞いたところ「不満がある」(回答率49.0%)が、「不満はない」(同51.0%)を若干下回る結果となりました。

「不満がある」と回答した内訳を年齢別でみると「20代」(同53.5%)が最も高く、次いで「30代」(同52.0%)、「40代」(同41.5%)の順となり、40代においては半数を割りました。

夫の仕事に対する妻の不満は、年収400万円未満の低所得層と年収1,500万円以上の高所得層の家庭において高く、中間所得層の家庭において不満が低いことがうかがえる結果となりました。

高所得である1,500万円以上の家庭でも、旦那さんの仕事へ不満があるというのは驚きの結果ではないでしょうか。

また、「夫の仕事に対する満足度」を業種別に集計したところ「不満」、「転職希望」、「離婚意識」のいずれにおいても高い回答率となったのは、「農業」、「建設業」、「食品製造業」、「不動産業」、「飲食店、宿泊業」、「医療、福祉」でした。

20代の妻が最も高い割合で離婚を希望

kaboompics_Woman sitting in a cafe alone

「夫の仕事を原因とする離婚意識の有無」を調査したところ、「夫の仕事が原因で離婚したい」と考えている妻が全体の12.0%存在していることが明らかとなりました。

「離婚したい」と回答した内訳を年齢別でみると「20代」(回答率13.5%)が最も高く、次いで「30代」(同12.5%)、「40代」(同10.0%)の順となり、年代が上がるに連れて離婚を希望する割合が低くなる傾向が見られました。

そして、ここでも興味深い結果となったのが、夫の年収別に離婚意識の有無を集計したところ「1,500万円以上」(回答率33.3%)が最も高かったということ。将来の旦那さんへ高所得を望む女性は、この事実について、結婚に踏み切る前に一度考えてみる価値がありそうです。

不満の最大の理由は依然として「給与」

kaboompics_Euro coins currency of the European Union

「夫の仕事に不満がある」と回答した理由について集計したところ、最も多かった理由は「給料が低い」(回答率68.7%)であり、次いで「残業が多い」(同48.3%)、「休みが少ない」(同26.5%)の順となりました。

「給料が低い」を除いたその他の項目が「不満」から離婚意識まで直結する傾向が薄い中で、「給料が低い」だけは離婚まで意識してしまう人が多く、妻にとって家庭を維持していく上での必要条件が“夫の収入が最低限あること”だということがわかりました。


結婚はお金じゃないと思いたい気持ちは山々ですが、生活していくとなると、やはりシビアになってしまうものです。

結婚前の女性は、今回の記事を結婚にまつわるひとつのデータとして頭の隅に置いておいても損はないかもしれませんね。

 

[実施概要]
・調査名称 :第5回「離婚したくなる亭主の仕事」調査
・調査方法 :インターネット調査
・調査エリア:全国
・期間   :2017年10月27日(金)~10月29日(日)
・調査対象者:20~49歳の既婚者 女性個人 600人
・有効回収数:600サンプル

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る