え、新婚なのにアレしてないの!?結婚生活で習慣化すべきコト

roberto-nickson-g-758334-unsplash

いつまでもラブラブなカップルや夫婦でいたいと思うのは、どんな女性も望むことですよね。

結婚して、新婚ホヤホヤの時期はどんなカップルもラブラブです。しかし時間が経つにつれて、どこかお互い冷めたようなところや、仲が悪いわけではないけれどイチャイチャしない夫婦は少なくありません

新婚の時期に、ふたりのラブラブな行為を習慣付けることが今後の結婚生活にはとっても大事!どんなことを習慣化したら良いのでしょうか?

出勤と帰宅にハグとキス

joshua-rodriguez-590892-unsplash (2)

夫が出勤した時と帰宅時に、「お帰りなさい」「いってらっしゃい」と声をかけて、ハグとキスをするようにしましょう。最初は恥ずかしく感じるかもしれませんが、習慣化すると、それがないと一日が気持ちよく始まらないような気すらしてしまうものです。

夫が仕事を頑張ろうと思えるのは、妻が優しく受け入れてくれるからです。ささいなことのように思えるかもしれませんが、ラブラブな夫婦はこういった些細な行動をとても大切にしています

眠る時に後ろからギュッ

andrik-langfield-595774-unsplash

ラブラブな夫婦は、セックスレスにならないように意識的に予防しています。セックスレスにならないようにするためには、日ごろからスキンシップを習慣化することも大事です。

眠るときに、その日にセックスやイチャイチャするかどうかにかかわらず、後ろからぎゅっと抱きしめるようにしましょう。

お互いの肌のぬくもりを感じると、心が安心してリラックスします。眠りやすくなる他にも、愛されていると感じるようになります。

一緒にお風呂に入る

camille-kmile-1120204-unsplash

ラブラブな夫婦は一緒にお風呂に入ることも少なくありません。一緒に湯船につからずとも、一緒にシャワーは浴びたり、背中を洗い合ったり、体に触れたりするだけで、ラブラブな雰囲気が感じられます。

体が疲れきっていてお風呂に入るのが面倒だと思う時も、「一緒に入ろうよ」と声をかけるだけで、彼は温かい気持ちになります

仕事に疲れていると、その分彼女に甘えたくなるのです。彼が思う存分に甘えられるような雰囲気作りをしてあげましょう。

腹が立っても感情的にはならない

bruce-mars-558728-unsplash

ラブラブな夫婦は、刺激的で情熱的な日々が続くというよりも、平凡で穏やかな日々が続いているような夫婦のことを指します。どんな夫婦にも喧嘩をする事はあるかもしれませんが、ずっとラブラブで続けるためには、思った事はきちんと伝えつつも、相手の心に届くような優しい伝え方をすること。

腹が立っても感情的にならないことで、彼は安心してあなたに話をしようと思うようになります。なぜなら男性はヒステリックで感情的な女性が嫌いだからです。感情を爆発させるような話し方をする女性には、恐怖心すら感じるのです。

彼に思っていることを伝えるときには、まず自分の気持ちを整理し、落ち着いて冷静になってから伝えるようにしましょう。男性は自分の感情コントロールできる女性に好感を抱きます

 


入籍をして晴れて夫婦になったら、最初はラブらラブでもその生活が続くとは限りません。

お互いのことを大切だと思い、また相手に大切にされていると感じるような発言や行動するようにしましょう。ラブラブな夫婦のベースは、新婚生活から始まっています。

最初は意識的にする必要がありますが、繰り返し反復していけば、毎日のキスやハグ、一緒にお風呂に入ることが”当たり前”になります。感情のコントロールもクセです。ぜひ新婚のうちに習慣化して、ラブラブ夫婦のベースを築いてくださいね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る