結婚について勘違いしていない?憧れだけじゃ語れない結婚とは

nick-karvounis-489617-unsplash

大好きな彼氏といつか結婚をしたいと願っている女性。しかし結婚生活をどんなものにしたいかというイメージが漠然としていて、「結婚」と聞いて、結婚式のイメージばかりをしてしまう人も少なくないのでは。

結婚は夢や憧れだけの存在ではなく、まぎれもなく現実です。結婚前に改めて考えたい、結婚の実態を3つご紹介します

結婚はゴールではない

brianna-santellan-319560-unsplash

彼との関係をより良いものにしたいと日々努力をする、そんな乙女心は可愛らしいと思います。しかし彼と結婚することを目標にして、そこを二人の関係のゴールにしてしまうのはちょっと違うかもしれません

結婚はあくまで二人の通過点です。二人がどんなものを見て、共に歩んでいくかということを結婚生活を通じて二人で考え、生きていくということ。

結婚をゴールにしてしまうと、いざ結婚をした時にその先の二人の関係をどんな風に構築していけばいいのか、行き詰まってしまう人もいるのです。

結婚相手は最高の理解者

brooke-cagle-170054-unsplash

交際をしている段階でも、それぞれの価値観や考え方、今までの生きてきた背景など、異なることが多すぎてぶつかり合うこともあるでしょう。しかし結婚生活となると恋人関係以上に共に乗り越えなければならないことが増えてくるのです。

例えばお互いの家族のことや、家族計画を立てて子供が生まれた時のこと、お互いの仕事のことや将来のこと、金銭的なことも話し合い、解決していかなければなりません。

結婚して共に人生を歩いていくためには、どれほど相手に腹が立ったり理解できないということがあっても、最終的には理解者という立場でいることが大切なのです。

結婚は相手を最大限に思うこと

sharon-mccutcheon-607990-unsplash (1)

恋愛中の楽しい時期は、「彼が〇〇を買ってくれた」「彼が〇〇に連れていってくれた」など、自分がどれだけ幸せを感じているかが大切だったかもしれません。

でも、結婚となると、夫婦は運命共同体のようなもの。自分だけがいい思いをしている関係では、家庭は成り立たなくなります。

彼の気持ちが弱くなった時や、もし彼が失敗をした時にはどんな風に二人で乗り越えなければならないのかを想像してみましょう。彼があなたの理解を越えた発言や行動を起こした時に、感情的になって彼を責め立てるのは簡単なことです。

しかしまず考えたいのは、「なぜ彼がその行動を起こすに至ったか」「彼は今、どんな気持ちでいるのか」という彼自身のこと。相手のことを自分のことのように考え、思うこと、それが夫婦です。


結婚というと、幸せ一色で、結婚式はどうしようかなど華やかなイメージばかり思い浮かぶかもしれません。「結婚式ではあんなドレスを着て」「新居はあんなコーディネートにして」……など、自分のことしか考えていませんか?

でも、結婚は二人がともに人生を歩んでいくこと。お互いが一番の理解者になり、お互いを一番に思いやる、それが結婚の本当の醍醐味なのではないでしょうか。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る