結婚して幸せになりたい!ラブラブな夫婦がしていること

mattia-lucchin-973091-unsplash

いつか結婚したいと思っているけれど、今の彼と結婚して本当に幸せになるかと不安に感じている女性もいるのではないでしょうか。いつまでもラブラブな夫婦でいるためにはどんな努力をしたら良いのでしょうか?

そこで、実際にラブラブな夫婦がしていることをまとめてみました。できれば、お付き合いをしている時からずっとラブラブでいるための努力をし続けた方が尚いいはずですよ。

家族の時間を確保する

結婚しても仕事を続ける女性は、意識的に家族の時間を確保するようにしましょう。

恋人でいる間にはデートの時間を作ることによってふたりの時間を確保していたと思いますが、結婚するといつもお互いが家にいるので、なんとなくデートの時間を確保するのは難しくなってきます。家にいるのが当たり前になってくるので、ふたりの時間を作るより、お互いひとりの時間を確保することに必死になってしまいがちです。

いつまでもラブラブでいるためには、家族の時間を日常生活の中に取り入れるようにしましょう。お互いがお互いのために一緒にいる、と思えることはとても大切なことです。

男女としての感覚を失わない

いつか子供が生まれて家庭を持った時にも特に気をつけたいのが、男女としての感覚を失わないことです。

結婚して最初は新婚でラブラブな雰囲気があるかもしれませんが、そのうちに、相手を異性として見るのではなく、家族として見てしまいます。なんとなく異性としての恋愛対象として意識ができず、ラブラブとは程遠い雰囲気になってしまう可能性もあります。

あくまでもお互いが男と女であることを意識して、外見や発言などに気をつけるようにしましょう。休みの日までメイクをバッチリする必要はありませんが、ボサボサ髪の毛に着古したスウェット……そんな恰好ばかりでいないように。

「ありがとう」をこまめに言う

一緒に住むと、相手も家事に協力してくれることを当たり前に感じてしまいます。むしろ率先して家事のことをやってほしいと思いますよね。そういった気持ちで感謝の気持ちがないと、「相手がやってくれて当たり前」という思いを生んでしまいます。

意識的に「ありがとう」と相手に感謝の気持ちを伝えましょう

例えば、洗濯をしてくれたときに、「ありがとう、助かるわ」と一言添えるだけで、相手は家事に協力的になりますし、気持ちもいいです。感謝の気持ちをこまめに伝えるようにしましょう。


ずっとラブラブでいるためには、ただなんとなく一緒にいるのではなく、意識的に努力をすることが大事です。ずっと一緒にいると感謝の気持ちも薄れてきて、一緒にいることが空気のように感じ、ラブラブでいることも難しくなってきます。

ずっと幸せな関係を築くためには、日頃からの努力を積み重ねることを忘れないようにしましょう!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る