ディンクス(DINKS)を選択することは、どんなメリットやデメリットがあるの?

buildings-cellphone-city-901944

夫婦が共働きで、子どもを持たない家庭を指すのが「ディンク(DINKS)」

「うちは夫婦だけの結婚生活でいいかな」と思う女性もいると思いますが、近年はディンクスを選択する夫婦が増えています。ふたりだけの結婚生活にはどんなメリットやデメリットがあるのか、お話します。

ディンクスって悪いこと?

ディンクス(DINKS)とは、「Dual Income No Kids」の略。ふたりが共働きで、かつ子どもがいない夫婦のことを指します。

昔なら、「結婚すれば子どもを持つのが当然」とされるのが一般的でした。ですが、共働きが多くなった現代では、夫婦ふたりで結婚生活を送りたいと考える人が増え、あえてディンクスを選ぶ家庭が目立つようになりました。

そもそも、結婚は子どもを持つことだけが目的ではなく、「愛し合っているふたりが夫婦となる」のが本来の意味。

結婚しているのにいつまでも子どもができないことをあれこれ外野から言われても、それより大切なのはふたりの意思です。お互いが結婚に責任を持ち、不満なく生活ができるのであれば、ディンクスを選ぶのは決して間違っていないといえます。

ディンクスであることのメリット

bakery-beverage-bread-669733

子どもが生まれると、たとえば女性ならどうしてもキャリアがいったん止まる、子どもが小さいうちは育児にかかりきりになるなど、人生の設計図の変更を余儀なくされます。

また、男性なら子どもが産まれたことでより収入を増やすことを考えたり、「家族のため」と大きな挑戦を諦めたり、やはり生き方に影響を受けることもあるでしょう。

ディンクスだと、そんな不安や葛藤から解放されます。お互いの収入はあくまでふたりの生活のために使え、趣味にお金をかけることも自由です。また、旅行したくなったときも自分たちの都合だけで計画を立てられ、行動範囲も広がります。

ディンクスであるメリットは、「お金」と「時間」を自分たちのためだけに使えること。精神的に余裕のある暮らしがしたい、自分の信じた仕事をやり遂げたいなど、自分の目指す充実した人生を送るためにディンクスは最適な形だといえます。

ディンクスであることのデメリット

architecture-clouds-couple-1441207

ディンクスを選択することで起こり得るデメリットはいくつかありますが、まず「老後の生活」に影響があることを忘れてはいけません。

それは、介護してくれる身内がいないということもそうですが、「老いた後の楽しみが子持ちの夫婦に比べて少ない」ことも当てはまります。子どもがいれば、いずれ結婚して孫の誕生を祝い、成長を楽しみにする日々もありますが、夫婦ふたりなら最後まで自分たちしか家族はおらず、寂しいと感じるかもしれません。

子どもがいないことで生活のいろいろな優遇制度から外されたり、子持ちの夫婦の中で浮いてしまったり、ディンクスならではのストレスもあります。

ですが、夫婦の楽しみは決して子どもが中心ではなく、まずふたりが愛情を持って結婚生活を続けていくことが一番です。子どもがいないことで享受できる自由を活かし、老後に向けて貯蓄や投資をする、ずっと続けられる趣味を持つなど、ふたりでより充実させる生き方はいくらでもあります。


ディンクスであれ子持ちであれ、夫婦の意味は「お互いに愛し合い、関係に責任を持って生きる」ことが何より大切です。意図しない生き方で結婚生活に疲れてしまうより、ふたりが納得する形を選ぶことを忘れずにいましょう。

結婚生活は自分たちのものです。愛情あふれるふたりなら、胸を張って生きる道を決めたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る