彼親と良好なお付き合いを望むなら。年中行事を押さえるのがマスト

alexandra-gorn-322575

結婚するということは、彼氏彼女のふたりだけの関係を超えて、家族の繋がりができるということ。

だからこそ、覚えておきたい「年中行事」をご紹介します。これを覚えれば「しっかりしていて良い彼女(奥さん)ね」と思われること間違いなしですよ♪

年中行事とは?

annie-spratt-178364

まずは、年中行事とは何か?ということを説明します。

毎年特定の時期に行われる行事の総称。狭義では、伝統的な事柄、特に宮中での公事を指すが、広義では、個人的な事柄から全国的・世界的な事柄なども含まれる。(引用元

1月~12月まで、節分や雛祭り、十五夜などのイベント的行事から、地域の行事なども含めると毎月なにかしらの行事が存在するのです。

家族付き合いで押さえる行事

stocksnap_8ql54m1jqm

今回の記事では、たくさんある年中行事の中から、彼の家族とのお付き合いで覚えておきたい行事をピックアップします。

【1月】お正月

一年の始まりの年中行事であるお正月は、やはり外せないところ。なるべくふたりで彼の実家に顔を出すように。もし、彼の実家に親戚の子供が集まる場合は、お年玉の準備もした方が◎。

仕事などで行くとこができない場合は、年賀状を送るのを忘れないようにしましょう!

【5月】母の日

母の日は、5月の第2日曜日です。ぜひ彼の実家を訪れて、母の日のプレゼントを渡してくださいね。

母の日といえばカーネーションを贈るイメージですが、世界では色々な花が母の日に贈られています(母の日の時期は国によって様々です)。イタリアではアザレアの花の鉢植え、フィンランドではミニバラ、オーストラリアではなんと菊の花だとか。

もちろんお花じゃなくてもOKなので、お義母さんの好みを彼に聞いてみて。

【6月】父の日

母の日と比べると忘れがち?になる父の日は、6月の第3日曜日です。この機会に、日頃の感謝を伝えるようにしてくださいね。

お義父さんには何を贈ればいいかわからないという人も多いのでは。お酒が好きならちょっといいお酒やおつまみ、これから暑くなる時期なので甚平やポロシャツなども好まれています。

【7月】お中元

お中元シーズンは、東日本では7月上旬~15日まで、西日本では7月中旬~8月15日までが一般的。お中元ってあまりピンとこないかもしれませんが、知っている彼女であれば印象アップは間違いなしです。

お中元は夏の暑い盛りに、日頃からお世話になっている方々に感謝の気持ちと、健康を願う気持ち表すために行われてきた、日本に古くから伝わる風習です。(引用元

暑い夏なので、涼し気なゼリーやフルーツなどを贈るのが良いとされています。

【7・8月】お盆

お盆は東京周辺地域や静岡県では7月13~16日、他地方では8月13日~16日の期間とされています。

お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。(引用元

この期間は会社も夏休みという人も多いと思います。ぜひ彼の実家のお墓参りに行きましょう。

【3・9月】お彼岸

お彼岸、聞いたことはあるけど…という人も多いかもしれません。3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」を中日として、それぞれ前後3日間、計7日間です。お彼岸の期間は、年に2回あるのです。

お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響しているのでしょう。(引用元

お彼岸は、一年の中でこの世とあの世が最も近くなる日とされています。先祖に思いをはせ、仏壇やお墓参りに行くように。

【9月】敬老の日

敬老の日は、9月の第3月曜日。国民の祝日のひとつになっているので、休みの人も多いのではないでしょうか。

少し遠方でも、おじいちゃんおばあちゃんに会いに行ってみては。もしくはお花やカードを贈って、電話を1本かけるだけでも、喜んでもらえるはずです。

【12月】お歳暮

お歳暮はお中元と同じく、お世話になった人に感謝の意を表し贈り物をします。お歳暮の時期は、東日本で11月下旬~12月20日前後、西日本では12月13日~20日前後となっています。

お中元とお歳暮はセットで贈るのが一般的ですが、どちらかというと一年の締めくくりであるお歳暮のほうが重視される傾向があります。(引用元

「お中元とお歳暮、年に2回は大変」という場合はお歳暮だけでも贈り物をすると良さそうですね。季節が冬なので、鍋料理に使える海産物や、お正月にみんなで食べられるハムなどが贈り物として人気のようです。


上記のほかにも、家族のお誕生日なども把握しておきたいところです。

中には、お彼岸やお中元、お歳暮など、堅苦しいことはしなくてもいいという家もあります。その場合、実家に顔を出しに行くだけでも印象◎。

「家族付き合いって大変だな…」と思うかもしれませんが、丁寧に一つひとつ押さえていきましょうね。彼親と良好なお付き合いができれば、結果的に自分にも良いことがあるはずです♪

 

▼こちらの記事もチェックしてね♡

マナーちゃんとわかってる?彼の実家訪問前に確認!

彼の実家へ持っていく手土産に悩んだらコレ♪

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る