ホテル、ゲストハウス、レストラン…スタイル別の結婚式場メリット・デメリット

pexels-photo-169190

結婚が決まったプレ花嫁の皆さん♡たくさんの式場の中から、どうやって自分たちにぴったりの式場を探そうか、とても悩みますよね。

そんなプレ花嫁の皆さんに、まず知ってもらいたいのが結婚式場のスタイルです。式場は「ホテル」「ゲストハウス」「レストラン」と大きく3つのスタイルに分けることができます。それぞれのスタイルの、メリット・デメリットは何か?500組以上のウェディングを見てきた現役プランナーが、徹底解説致します!

ホテルウェディング

一番結婚式の歴史が長いホテルウェディング。一流のサービスと充実した設備には、とても安心感がありますよね。昔から根強い人気を誇るホテルウェディング。その人気秘訣を探りましょう!

ホテルウェディングのメリット


①一流のサービスとホスピタリティ
過去にホテルを利用した際に、その質の高いサービスに感動した・・という方も多いはず。幅広い世代の集まる結婚式では、きちんと感も大切にしたいですよね。接客のプロが集まるホテルは、スタッフへの教育が非常に行き届いています。大切なゲストへの対応も安心してお任せできます。

②記念日に戻ってこられる想い出の場所
結婚式場は大切な思い出の詰まった場所。一度限りでなく、また戻ってこられる場所でありたいですよね。例えば、毎年結婚記念日には、想い出のホテルでディナー!なんて、素敵じゃないですか?何年経っても、変わらずおふたりの大切な場所として利用できるのが魅力です。

③宿泊施設がある
遠方からのゲストが多い場合に必要なのが宿泊施設。同じホテル内の宿泊は、優待価格で利用することもできます。また、新郎新婦に宿泊がプレゼントになっていることも多く、おふたり自身も1泊2日の贅沢なウェディングが楽しめます。結婚式当日は、あっという間に感じる花嫁様が多いので、彼と過ごすふたりきりの時間も大切にしてみてはいかがでしょう?

ホテルウェディングのデメリット

一方で、デメリットとして挙げられるのが、あまり貸し切り感を感じられないところ。特に大型ホテルでは、1日に何組もの結婚式が挙げられているため、バタバタ感じてしまうかもしれません。また、一般の宿泊やレストラン利用のゲストなども多く、特別感を感じたいという方には、気になるポイントです。

ゲストハウスウェディング


続いてご紹介するゲストハウスは、一軒家スタイルの外観が特徴的です。記憶に新しいところでは、ぺこ&りゅうちぇるの結婚式がテレビで話題でしたよね。あのふたりの結婚式が挙げられていたのが、まさにゲストハウススタイル。

人と違ったことがしたい!ふたりらしい結婚式がしたい!とオリジナリティを求める花嫁さんは必見です。ではなぜ、ゲストハウスでは、オリジナリティのある結婚式が出来るのでしょうか?

ゲストハウスウェディングのメリット


①1棟貸し切りのプライベート婚が叶う
ゲストハウス最大のメリットは、式場を1棟丸ごと貸し切りで使えること。そのため、他の花嫁やゲストとバッティングする心配もご無用です。ゲストとゆっくり過ごしたい方にはとてもおすすめです!

②ふたりらしく会場をコーディネート
ゲストハウスでは、披露宴会場内だけでなく、入り口や待合室など、他のスペースも自由にコーディネートすることができます。例えば、会場内にあるガーデンやプールに、手作りのガーランドやお花やバルーンを飾ってみるのも素敵ですよね。お手洗いにもシーズンに合わせたアメニティを置いて、細部までこだわった会場にしてみてはいかがでしょう?ふたりで作り上げた会場は、きっと特別なプライベート感を感じられることでしょう!

ゲストハウスウェディングのデメリット

ゲストハウスで1棟貸し切りとなる場合、1日最大1~2組の結婚式が基本となります。そのため、人気のゲストハウスでは既に予約が埋まっていて希望の日取りがとりにくいことも。また、披露宴会場は1つしかないことが多いので、大きさの関係から少人数では利用できないことも多々あります。ゲストハウスを希望の場合は、1年前からブライダルフェアに参加しても、決して早すぎることはないのです。

レストランスウェディング


最後にご紹介するのが、レストランウェディング。ゲストへのおもてなしとして、お料理を重要視するカップルは年々増えてきています。「結婚式のこだわりはあまりない…」と言う新郎様の中にも、「でも、料理だけはこだわりたい」というご意見はよく聞きます。

おいしい料理でゲストをもてなしたい!カジュアルな雰囲気でパーティーをしたい!という人はおすすめです。

レストランウェディングのメリット

①本格的なお料理に加え演出まで楽しめる
結婚式でのゲストの楽しみと言えば、やはりお料理。なのでゲストへのおもてなし=料理と言っても、過言ではありません。レストランウェディングでは、オープンキッチンがあったり、シェフがその場で料理を仕上げてくれるパフォーマンスがあったりと、ライブ感を楽しめます。中には、招待状の返信ハガキで、ゲストが事前にコース料理を選択できるシステムも!本格的なお料理をふるまいたいおふたりには、とてもおすすめです。

②持ち込みアイテムが可能なところが多い
レストランウェディングは、持ち込みの自由度が高いのも嬉しいポイント。持ち込み規制が少ないため、賢くドレスや引出物などを用意して、予算を抑えることが出来ます。

レストランウェディングのデメリット

一方のデメリットは、設備が不十分なケースが多いこと。元々レストランとして作られた施設なので、控室やチャペルが併設されていないことがよくあります。中には授乳室やバリアフリーのお手洗いがなく、困ってしまった…というゲストも。また、映像や音響設備も一般の式場と比べてあまりクオリティーの高いものとは言えません。打ち合わせを進める中で、余興や演出などのやりたいことが制限されてしまうことは避けたいですよね。他にも、カジュアルすぎる雰囲気に戸惑ってしまう上司や親族がいることも。ゲストのお顔ぶれ的にレストランでも大丈夫そうか、一度じっくりと検討してみましょう。


いかがでしたでしょうか?それぞれの式場スタイルの違いをご紹介いたしました。

ふたりが結婚式で大切にしたいことは何か、この記事が彼と話し合うきっかけになれば嬉しいです!希望のスタイルに悩むようであれば、一通り見学して比較してみることもおすすめです。実際に、自分の目で見て、肌で感じることで、きっとおふたりらしい理想の式場に巡り会えますよ!

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る