プレ花嫁の結婚式準備ガイド#5本当なの?フェアへの疑問【ウエディングプランナー監修】

img_1216w

結婚式のことを考え始めたプレ花嫁の皆さんのために、【結婚式場選び~見学~決定】の結婚式準備の流れと各ステップでの大切なことを連載でお届けしていく『プレ花嫁の結婚式準備ガイド』。

プロの知見で解説頂くのは、フリーウエディングプランナーの滝澤智恵さんです(以下、智恵さん)。

【智恵さんprofile】

img_avフリープランナー歴4年目、年間プロデュース組数30件の実績。東京都内を中心に、レストランやホテル、専門式場にて幅広くプロデュースを手掛けています。(詳しいプロフィールはこちらへ)

前回の記事では、いざブライダルフェアへ行ったときに見るべきポイントを解説いただきました。

今回は、ブライダルフェアでのあるある疑問について、智恵さんにウエディングプランナーとして独自の視点でお話していただきます!

Q.フェアで即決して大丈夫?

「ブライダルフェアでは即決しない方がいい」とネットで書かれているのを見たのですが、本当にそうなのでしょうか?

他にも、フェアの時に記入するアンケートは正直に記入した方がいいのか、フェアはふたりで行った方がいいのか、など細かい部分で気になることがあります。

智恵さんならどう思いますか?

A.フェアで即決もアリです!

_52a7131w

ブライダルフェアへ行き、ワクワクした気分のままその日に成約。それを「即決する」と言いますが、実は、即決するカップルは多くいらっしゃいます。当日成約割引のある結婚式場もあり、そのお得感は即決する一つのメリットでしょう。

ただ、「ブライダルフェアでは即決しない方がいい」という話を私も聞いたことがあります。メリットとなるお得感も、”甘い罠”のように思われてしまうのかもしれませんね。

しかし私は、ブライダルフェアでの即決はアリだと思っています。「結婚式場自体もスタッフも気に入った場合は」です。

館内見学や試食、相談会など、ふたりが体験したかったブライダルフェアの内容をすべて終えた後に、気に入ったと思えるなら、成約しても構わないと思います。

即決して後悔してしまうのは、本当は気にかかる部分があったのに成約してしまった場合でしょう。他式場が気になっていたり、料金面が不安なら、ブライダルフェアの段階で正直に相談することをオススメします。

素敵な結婚式にするために、ふたりが様々な結婚式場に関する情報をリサーチしてからブライダルフェアにお越しいただいていることを、プランナーはとても良く理解しております!そして、ウエディングプランナーとして「素敵な結婚式にしたい!」というふたりを心からサポートしたい気持ちでご案内をしております!

もちろんお仕事なので1組様でも多くご成約となるようご案内をしておりますが、決してふたりを騙そうとするプランナーはいませんので安心してくださいね。

即決の賛否以外のブライダルフェアへの疑問も、私なりの考えでお答えしていきます。

アンケートにはできるだけ答える

_52a7553w

ブライダルフェアへ行くと、まずアンケートを記入することになるはずです。ふたりの名前、生年月日、会社名、趣味などから、ふたりの思い出の場所や付き合った年数などを質問されることもあります。結婚式のこととしては、実施希望時期や予算などを聞かれるでしょう。

この時、「正直に答えるべき?」と疑問に持つプレ花嫁さんが結構いらっしゃいます。

私は、正直に答えた方が自分たちにメリットがあると思います。

例えば、会社名や趣味などからふたりの人物イメージを想像し、よりふたりに合いそうなプランナーをご案内担当に選ぶことがあるのです。

結婚式準備においてプランナーとの相性はとっても大切です。事前アンケートは、コミュニケーションの第一歩だと思っていると◎です。

フェアはふたりで行った方がいい

161121-1066w

仕事の関係などで、ブライダルフェアへふたりで参加するのが難しいカップルもいらっしゃいます。

ただ私は、できるだけふたりで参加することをオススメします。

残念なことですが…結婚式場側としては、成約する可能性のあるカップルをより優先することがあるのです。

とはいえ、どうしても彼と都合が合わない場合は、ひとりで参加する理由と、ひとりでもきちんと参加したい旨を伝えるといいでしょう。(アンケートをより丁寧に答えるのもコツのひとつかもしれませんね!)

また、もしひとりでの参加がご不安であれば、家族やお友達とふたりでブライダルフェアに参加するのもOKですよ♪

一番気になる式場は最初に行く

img_1328_mw

ゼクシィなどを見て気になる式場がいくつかあったら、その中でも一番気になる式場へ最初に行くのがオススメです!

情報サイトなどを見て「素敵だな!」と感じたということは、まずはビジュアルなどのセンスが好きでフィーリングが合うということ、そう私は思います。最初に訪れた会場は、その後に行く結婚式場と比較検討する際の判断基準になるのです(ビジュアルセンス・予算・スタッフ対応など、すべての項目において)。

最初に訪れて「やっぱり素敵だな」と思ったなら、それこそ即決も可能になりますね。

一方で、一番気になる式場のブライダルフェアを後回しにしていると、どんなにステキな式場でも「まだあの式場を見ていないから…(決められない)」となってしまうのです。

気に入ったら素直に伝える

_52a7520w

ブライダルフェアへ行き、見学や相談会、試食をして、その結婚式場が気に入ったなら素直にプランナーへ伝えましょう。

「あまりにも気に入った様子を見せると、足元を見られて悪い条件を提示されるのではないか…」と心配しているプレ花嫁さんがいたのですが、その心配は無用です。

むしろ、これから長くお付き合いしていく第一歩になるので、仲良くなっていた方がいいと思います!

プロとはいえプランナーもひとりの人間ですので、素直に「ステキですね」と言ってもらえるととても嬉しく、ふたりのために頑張ろう!と気合いが増すものなのです❤


今回は、ブライダルフェアでの疑問に対して、智恵さんならではの意見を伺いました。

ほとんどのプレ花嫁さんが結婚式初心者。細かいことが気になってしまうのは仕方ありません。結婚式のような大金の”買い物”なら尚更です。

今回の智恵さんのお話で、疑問が少しスッキリしたでしょうか?

次回は、ブライダルフェアでもらう見積もりフォーカスして、見積もりの見方や注意事項について智恵さんにお話していただきます。お楽しみに❤

 

画像提供
The glass house 桜の杜

 

智恵さんの過去記事はこちらから

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る