イタリア人と結婚しちゃいました♡#14~国際結婚する前に…〇〇の壁が大きすぎる件~

国際結婚する前に

Buon giorno♡イギリス在住、旦那はイタリア人の新妻ライターのDiGio(ディジョ)です♪

ひな祭りも終わり、だんだん春らしくなる時期となりました。

イギリスも寒い日がだんだんと少なくなってきています♬

春は「恋」の訪れる季節ともいわれておりますが、今回はそんな春に向けてこれから国際恋愛にトライしようと考えている方へ「国際結婚をする前に考えておかなければならないこと」をDiGioなりに考えてみたのでご紹介したいと思います。

国際恋愛に憧れを抱いている方も多いとは思いますが、実際、日本人同士では起こりえないトラブルも沢山あります!

国際結婚に失敗しないための参考になればと思いますので、ご参考にどうぞ!!

stocksnap_wnwie8jmw3v

「言葉の壁」より「文化の壁」!

国際結婚と言えば、言葉の壁があったりして、それなりにお互いを理解するのにも一苦労だったりと、そんなことをよく聞くと思いますが、私が実際に結婚して感じたことは、「言葉の壁」よりも「文化の壁」の方が意外と厄介かなと感じます。

というのも、言葉というのは大体がどちらかの母国語または英語を使ってコミュニケーションを図ったりするのですが、ちゃんと勉強さえすれば自然と言葉も上達して年数もたてば次第に問題もなくなっていくものだと思います。

しかし、文化というのは本では勉強できないことも多く、長い時間をかけて理解していくことが多いように感じます。

実際、国も違えばお互いの「常識」というのも大きく違ってきます。

特に日本の常識は世界の非常識と言われるくらい、ほかの国の文化からかけ離れていることが多いので、特に国際恋愛では相手との文化の違いを感じることは多いのです。

またその文化というのは言語のように勉強すれば全てを理解できるというものでもありません。

いくらお互いにたくさん話し合いをしたとしても、一緒に過ごしていくうちに「あれ?こんなところがずれてる」とか「え、ここでそんなことする?」という感じで段々と気づいていくものなのです。

stocksnap_uj1zgkgdxqv

「妻が家計を管理」。それ、当たり前じゃないんです

例えば私たち夫婦間であった問題というと「お金の管理について」です。

これは結婚して気づいたことなのですが、私としては、結婚したら奥さんが旦那さんの給料を管理して生活をやりくりするのが当たり前だと思っていました。

もちろん、夫婦間でも口座は別々でやっている人もいましたが、どちらかというと私は前者の考え方でお金を管理したいと思っていました。

そのことを旦那に話すと、「え?なにそれ?そんなことしないよ」という感じで私の意見を否定されたことがありました。

というのも、旦那には前者の考え方が全くなかったのです。

どうやらイタリアでは全然ポピュラーじゃないようで、その日本人的考えたかは全く受け付けられないと言われ、結構私たちの間では問題になりました。

こんなかんじで国際結婚の場合だと、直面して初めて知ってしまう「文化の壁」が結構多いように感じます。

wallet-2125548_640

これから、夫婦で結婚式をしたり、子供を産んで育てたり、家を買ったり、老後について一緒に考えたり・・・初めて2人でトライすることがたくさんあるかと思うとそのたびに「文化の壁」を見ることになるのではないのかと思います。

またその壁は小さなものもあれば、夫婦の間に亀裂を生むほども大きなものである可能性もあるのです。

実際問題、そういった壁に直面することも多いと理解したうえで国際結婚に踏み切ってほしいなあと思います!

今回は「文化の壁」についてお話しさせて頂きましたが、次回も「国際結婚をする前に考えておかなければならないこと」について引き続きお送りしたいと思います!

See you soon♡

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る