イタリア人と結婚しちゃいました♡#23~ダイエットを決意した私の海外生活~

ダイエットを決意

Ciao a tutti! イタリア旦那を持つイギリス在住ライターのDiGio(ディジョ)です。

突然ですが、最近、ある言葉を旦那さんに言われて大変傷ついてしまいました・・・。

それは・・・

「おはよう、Prosciutta(プロシュッタ)!」

Prosciuttaという言葉は旦那さんが作った言葉なんですが、日本語で言うと「生ハム」という解釈になります。つまり、朝からいきなり旦那に「太ってきたね!」とディスられてしまったんです・・・!

いや、気づいてはいたんです。だけど、どうしても自分に甘えて、食に走ってしまっていました。明らかに日本で生活してた頃よりは、食べる量も増えて、その食事内容も脂っこいものが増えていたのはわかっていました。

ただ!日本食が作りづらい、海外だからこそ「しょうがない」と勝手に諦めて、運動の嫌いな私は、明らかにぷよぷよしたものがお腹を中心に着き始めてしまいました。このぷよぷよは、同じ種類のものを4つ合わせても消えないことはわかっています!!確実にただのデブになるだけです!!

いやあ・・・この旦那からの「Prosciutta(プロシュッタ)」・・・かなり私には響きました・・・

ということで、今回のコラムでは、夏にむけて本格的にダイエットに励もうと決めた私の日常を綴っていこうと思います。

まずは現状確認

とりあえず、体重計がないと始まらないと思い、早速買ってきました!!まずは、現状確認ですね・・・

恐る恐る乗ってみると・・・なんと・・・!!

48キロ・・・・・・!!

あ、イギリスにも体重計はキロ表示してくれるんですね♡・・・じゃなくて!152cmしかない、胸もない私からすると、かなり太ってる・・・!日本にいた時もたいして痩せてはいませんでしたが、それでも日本にいた頃よりは4キロ増えてます・・・。まあ、私の体は明らかに筋肉がついてないので、確実に筋肉ではなく脂肪でここまでの体重になっちゃってます。涙

では、次に鏡で体型確認・・・私の場合、おなかと太ももが明らかにぷよぷよ。お腹は特に、ジーンズを履くとお肉がのっちゃってます・・・泣

上半身は下半身比べそこまで気になる所はないけど、二の腕は重力に負けてたぷんとしています。ここも危ないですね。どうやら私の敵は、おなか、太もも、二の腕のようです。

stocksnap_7d6hdv0d6v

旦那さんにダイエットについて聞いてみた

旦那さんはイタリアや日本にいた頃は週3くらいでジムに通い、独学でダイエットについてかなり勉強していた、運動オタクな一面もあるので、悔しいですが旦那さんにアドバイスを求めてみました。とりあえず、運動苦手、食べるの大好きな私は、どうにか楽に痩せられないかと聞いてみると

「甘えちゃダメ。とりあえず動かないと、脂肪は燃焼されないよ!」

まあ、もっともらしい答えが返ってきました。反論できません。

stocksnap_00rnnuwglm-1

イタリアのダイエット事情

確かに、海外の人って日本人より脂っこい物や甘いものをたくさん食べているけど、ジムに通っている人も多い。特に若い人は気にしてるようで、筋肉をつけられるジムは本当に人気です!私のイタリアでの友人もジムやダンス通っていたり、空手やバレーボールなど何かしら日常に運動を取り入れている人が多かったです。

運動が嫌いな人でも、仕事終わりの夜に「友達と喋りながら散歩」という人も多いような気がします。(私も毎回旦那と旦那の友達に付き合わされて何時間も歩いていたことを思い出します・・・)

イタリアは映画館やボーリング、ゲームセンターなどの娯楽が日本よりも少ないせいか「体を動かす」というのが娯楽になって、最終的に「ダイエット」につながっているのかもしれませんね・・・!

そして、日本のように「簡単に痩せられる〇〇ダイエット!」なんていう、テレビ番組も見たことがない。。。やはり動かざる者、痩せるべからず(?)なんでしょうか・・・

christopher-campbell-40367v

でも、旦那から一言だけ嬉しい言葉が!

「でも、ちゃんと運動さえしてれば、時々マクドナルドとかKFCとか脂っこいもの食べてもいいよ。」

えええ!!!本当~~~!!!!!???♡

旦那曰く、運動してれば、過度な食事制限はしなくてもいいって言われました。

ここら辺はにわかには信じがたいですが、成果が出ればこのコラムでまた詳しくお話ししたいと思います!!というわけで、もう、この体を見て見ぬふりはやめたいと思います!

「DiGio!生まれて初めて本格ダイエットします・・・!!」

また現状やダイエット方法など、時々は近況報告したいと思います。どうか、ダイエット成功しますように・・・!では、また来週、このコラムでお会いしましょう♪

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る