イタリア人と結婚しちゃいました♡#29~食事編・イタリアの結婚式~

食事編・イタリアの結婚式

Ciao a tutti!イタリア旦那を持つイギリス在住のDiGio(ディジョ)です♪

今回は前回に引き続き「イタリア結婚式事情」❤前回は、イタリアの結婚式での食事時間がとても長いという話をしましたが、今回はその結婚式の食事についてご紹介しようと思います!(前回分を読んでいない方はこちら

イタリアといえば美食の宝庫❤そんなイタリアの結婚式のコースはどんなものなんでしょうか〜?

食事の量がスゴイ!!

やっぱりイタリアでは、結婚式のお料理の内容は基本的にイタリア料理。ここで、突然の質問ですが、皆さんはイタリア料理の正式なコースをご存知でしょうか?

正解はこちらです。

アペリティーヴォ (aperitivo):
食前酒と呼ばれ、お酒とおつまみを食べる

アンティパスト (antipasto):
前菜、チーズやハムなど

プリモ・ピアット (primo piatto):
第1の主菜、パスタやリゾットなど

セコンド・ピアット (secondo piatto):
第2の主菜、魚料理と肉料理

コントルノ (contorno):
副菜、サラダなどの野菜料理

ドルチェ (dolce):
デザート、ケーキやティラミスなど

カッフェ (caffè):
コーヒー、イタリアではエスプレッソが一般的

ディジェスティーヴォ (digestivo):
食後酒、お口直しのお酒

参考元

これが基本のスタイル♪そして、イタリアの結婚式って、本当に食事量が半端ないんです!!

結婚式の日は、たいてい朝から何も食べずに出席します!笑

イタリアの結婚式では挙式が終わった後に、レストランへ移動して食事です。

まず最初は、アペリティーヴォ (aperitivo)とアンティパスト (antipasto)を1時間くらいかけてじっくり食べます。基本的にビュッフェ式が多いです。

この時は空腹で、目の前に並ぶハムやチーズが本当に美味しそうに見えるのですが、ここで大量に食べちゃうと後で大変な事になりますので、ほどほどにしておきます!

jessica-ruscello-162203v

そしてその後は、テーブル席に着いてプリモ・ピアット (primo piatto)からのコース料理が始まります。そして、ここからが大変。だいたい、プリモ・ピアット (primo piatto)は2種類ぐらいンのパスタやリゾットを食べます。

正直、このプリモ・ピアット (primo piatto)まで食べられたら、すごいです。アンティパスト (antipasto)を食べて、パスタ2皿ですから、すでにお腹はかなりキツキツです。

しかし、まだ料理は続きます!!!その後、セコンド・ピアット (secondo piatto)が来ますが、結婚式の場合は魚料理も肉料理もどちらもやってきます。

それと同時にコントルノ (contorno)もお皿にのせられてきます。もう、途中でフォークが止まっちゃいますよ・・・。

そしてそして、その後はだいたい新郎新婦によるウェディングケーキのカット!それと同時に、出席者には大量のドルチェ (dolce)が配られます。もう、甘いものは別腹とか言う気力もない頃です。笑

brooke-lark-176364c

勿論、食事中はお酒もあり♪

食べ物だけでもお腹いっぱいになりそうですが、食事中はもちろんお酒も出てきます。シャンパンやワインなどのを飲むのが一般的です♪

各テーブルに食事に合わせてお酒が振る舞われます。こういうところは、イタリア料理てお洒落ですね❤

やっぱりイタリアのワインってすごく美味しい!私も日本にいた頃は興味があまりなかったんですが、留学中は酔っぱらうくらい飲んだ事もあるので大好きになりました♪

ただ、結婚式のときはお酒をたくさん飲んでいると後の料理が続かなくなってしまうのでほどほどにしておきます・・・!

thomas-martinsen-77457c

いかがだったでしょうか♪これがイタリア結婚式料理事情です!!普段からよく食べるイタリア人でさえ、結婚式ではお腹いっぱいで食べられないほどの量が出てくるので本当に驚きしかありません・・・!笑

では次回お会いしましょう♪Ciao Ciao!

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る